ドント・ルック・アップ

ドント・ルック・アップ』(原題:Don't Look Up)は、2021年アメリカ合衆国ブラックコメディ映画。アダム・マッケイが脚本・共同製作・監督を務める本作では、ジェニファー・ローレンスレオナルド・ディカプリオを中心としたアンサンブル・キャストが登場し、2人の天文学者が、地球を破壊する小惑星について人類に警告を発するためにメディア・ツアーを行う姿を描いている。

ドント・ルック・アップ
Don't Look Up
監督 アダム・マッケイ
脚本 アダム・マッケイ
製作
出演者
音楽 ニコラス・ブリテル
撮影 リヌス・サンドグレン
編集 ハンク・コーウィン
製作会社
  • Hyperobject Industries
  • Bluegrass Films
配給 世界の旗 Netflix
公開
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

Hyperobject Industries社とBluegrass Films社が制作した本作は、Netflixで2021年12月24日から配信[1][2]。それに先立つ12月10日から一部劇場で公開された[2]

ストーリー編集

ミシガン州立大学の天文学博士課程に在籍するケイト・ディビアスキーは、すばる望遠鏡での観測により、木星軌道の内側、太陽から 4.6 au の距離にあるこれまで知られていなかった彗星を発見した。彼女の教授であるランドール・ミンディ博士は、この彗星は約6ヶ月後に地球に衝突し、惑星全体の絶滅を引き起こすのに十分な大きさであると計算し、NASAもこれを確認した。NASAの惑星防衛調整室長テディ・オグルソープ博士の案内で、ディビアスキーとミンディはホワイトハウスに調査結果を提出するが、ジャニー・オーリアン大統領とその息子で首席補佐官のジェイソンは無関心であった。

オグルソープはディビアスキーとミンディ博士が朝のトークショーで行うメディアへのニュースをリークするように促する。司会のジャック・ブレマーとブリー・エヴァンティーがこの話題を軽々しく扱うと、ディビアスキーは冷静さを失い、感情的になってしまうい、ネット上で広く嘲笑を浴びることになる。ディビアスキーのボーイフレンドは公に彼女を非難する。ミンディ博士は彼のルックスのため、世間に好意的に受け入れられるも、彗星の脅威に関するニュース記事はほとんど世間の注目を浴びず、二人は天文学の素養のないNASA長官によって不安神経症だと否定される。NASA長官は はオーリアン大統領の資金提供者でもあった。しかしその後最高裁判事候補とのセックス・スキャンダルに巻き込まれたオーリアン大統領は、支持率回復のため、彗星の脅威を認め核兵器を使って彗星を攻撃し迂回させる計画を発表する。 ディビアスキーやミンディ博士もプロジェクトに迎えられ、核を積んだロケットの打ち上げ作戦は成功したかに見えたが、ハイテク企業BASHの億万長者で、もう一人の有力資金提供者であるピーター・イッシャーウェルが、彗星に数兆円相当のレアアースが含まれていると突き止めたと発言し、ロケット作戦は急遽中断される。ホワイトハウスは、BASH社がノーベル賞受賞者たちが提案した新技術で、彗星を断片化して海に落として回収し、商業的に利用することに同意するが、その計画は学術的な査読を受けておらず、ミンディ博士達にとってはにわかに信じがたいものだった。ホワイトハウスはディビアスキーとオグルソープを脇に追いやる一方、ミンディ博士を国家科学顧問に採用し、広告塔として利用する。ディビアスキーは、この計画に反対する世論を動かそうとするが、オーリアン政権からの脅しで断念する。ミンディ博士は彗星の商業的可能性を主張する著名人となり、エバンティと肉体関係を持つようになる。

彗星の破壊を求める人々、彗星を採掘すれば雇用が生まれると歓迎する人々、彗星の存在すら否定する人々と、世界の世論は分断される。イリノイ州に帰郷したディビアスキーは、バイト先の小売店で出会った万引き犯ユールと運命的な関係を始める。ミンディ博士の妻は不倫現場に現れ、彼を置いてミシガンへ戻る。政権への怒りと不満を募らせたミンディ博士は、テレビの生放送で、迫り来る終末を軽視するオーリアン大統領らを批判し、人類の無関心さを問う暴言を吐く。

政権から追いやられたミンディ博士は、彗星が地球から見えるようになると、ディビアスキーと和解する。ミンディ、ディビアスキー、オグルソープは、ソーシャルメディア上でオルレアンとBASHに抗議するキャンペーンを展開し、「Just Look Up」と呼びかけ、アメリカ以外の各国に独自の彗星迎撃作戦を行うよう呼びかける。一方でオーリアン大統領陣営は支持者を集めて「Don’t look up」と呼びかけるキャンペーンを行う。中国インドロシアはBASHから彗星採掘の取引から外されたため、共同で彗星をそらす準備をするが、バイコヌール宇宙基地で謎の爆発が起こり、打ち上げは失敗。彗星の軌道をずらす望みが断たれたミンディ博士は取り乱す。オーリアン陣営とBASHによる彗星を砕いて海に落とそうとする試みも、ロケットやドローンが次々とトラブルを起こして失敗。イッシャーウェルCEOやオーリアン大統領がトイレに立つと席を外したのを皮切りに次々とスタッフが管制室から立ち去り、誰もが人類の運命を悟ることになる。

イシャーウェルCEO、オーリアン大統領ら有力者達は、計画が失敗した時の為に極秘裏に用意されていた地球のような惑星が見つかるまで冷凍睡眠状態で旅をするスリーパーシップに乗り込むが、うっかりジェイソンを置き去りにしてしまう。オーリアン大統領はミンディ博士に宇宙船の2つの席を提供すると呼びかけるが、彼は家族とディビアスキー、オグルソープ、ユールと最後の夜を過ごすために辞退する。予想通り、彗星は地球に衝突し、世界的な災害を引き起こし、絶滅レベルの事象を誘発する。ミンディ博士一家とディビアスキー、ユール、オグルソープは食卓で語り合いながら最期の時を迎える。

一方、衝突前に地球を離れた有力者達2000人は、22,740年後に緑豊かな異星に降り立ち、冷凍睡眠を終えた。彼らは宇宙船から裸で降り、ほとんど手ぶらで居住可能な惑星に感嘆の声を上げる。オーリアン大統領は、鳥のような極彩色の生物に近づき、食い殺される。生き残った有力者達も生物に取り囲まれ始める。

ポストクレジットでは、彗星衝突による災害から奇跡的に生き延びたジェイソン大統領補佐官が瓦礫の中から現れ、母を呼び、スマートフォンを使ってソーシャルメディアに投稿しようとするシーンが映し出される。

キャスト編集

※括弧内は日本語吹替

ミシガン州立大の天文学教授[4]
ミシガン州立大学の天文学博士候補生である大学院生[4]。地球に接近する彗星を最初に発見した。そのため、彗星は"ディビアスキー彗星"と名付けられた。
TV番組「the daily rip」の司会者。
ディビアスキーとミンディが世界に地球滅亡の危機を伝えるのを手助けする科学者[4]。NASAの惑星防衛調整局局長。
オルレアン大統領の息子で、アメリカ合衆国大統領首席補佐官
バッシュ(BASH)社のCEO。人類史上三番目の大金持ちで、オルレアン大統領の超大口スポンサー。
TV番組「the daily rip」の司会者。
彗星破壊の任に就く軍人。
TV番組「the daily rip」に出演するゲスト。超人気歌手。
ランドール博士の妻。
保守系論客[4]
作中映画『万物破壊(Total Devastation)』の主演俳優。

その他の声の出演:バトリ勝悟佐々木拓真丹羽正人岡本幸輔橋本信明水神のりこ唐戸俊太郎猪澤悠成佐々木祐介松川裕輝栗田樹及川いぞう三重野帆貴熊谷海麗斎藤こず恵國府咲月中村綾中村和正桜岡あつこ

日本語版スタッフ編集

製作編集

企画編集

2019年11月8日、パラマウント・ピクチャーズが本作を配給することが発表され、アダム・マッケイが自身のハイパーオブジェクト・インダストリーズのもと、脚本・監督・製作を担当することになった[5]。2020年2月19日、Netflixがパラマウントから本作を買い取った[6]

脚本執筆編集

マッケイは、ローレンスのために特別にディビアスキー役を書いた。ディカプリオとアイデアを出し合い、脚本に手を加えて、最終的にディカプリオが契約するまでに4〜5ヶ月を費やした[7]

キャスティング編集

2020年2月19日、ジェニファー・ローレンスの出演が決定した[6]。同年5月12日、ケイト・ブランシェットが本作に参加したことが発表された[8]。同年9月、ロブ・モーガンがキャストに加わった[9]。同年10月、レオナルド・ディカプリオメリル・ストリープジョナ・ヒルヒメーシュ・パテルティモシー・シャラメアリアナ・グランデスコット・メスカディマシュー・ペリートメル・シスレーが追加された[10][11]。 同年11月、タイラー・ペリーメラニー・リンスキーロン・パールマンがキャストに加わった[12]。同年12月、クリス・エヴァンスがキャストに加わった[13]。2021年2月、ジーナ・ガーションマーク・ライランスマイケル・チクリスがキャストに加わったことが明らかになった[14][15]。5月にポール・ギルフォイルが発表された[16]

撮影編集

2020年2月19日、同年4月に主要撮影を開始することが発表されたが[6]COVID-19の大流行により撮影は延期された[17]。2020年11月18日、マサチューセッツ州ボストンの様々な場所で撮影が開始された[18]。映画の一部はニューヨークを舞台としているが、ボストンをニューヨークとして撮影している。マサチューセッツ州のブロックトンフレイミングハム、ウェストボローの各都市でも撮影が行われた[注釈 1] [19][20]。2021年2月18日、主要撮影が終了した[21]

2021年2月5日、ジェニファー・ローレンスは、あるシーンの撮影中に、制御されたガラスの爆発が失敗に終わったことで、軽傷を負った[22]

公開編集

2020年2月19日、Netflixが本作を2020年内に公開する予定であることが発表された[6]COVID-19の大流行の影響で、撮影と公開が延期され[23]、現在は2021年12月24日に公開された[24]

評価編集

レビュー・アグリゲーターRotten Tomatoesでは289件のレビューで支持率は55%、平均点は6.3/10、批評家の一致した見解は「『ドント・ルック・アップ』は、その散漫な辛辣表現が一貫性を持って着地するには目標が高すぎるが、アダム・マッケイの豪華スター共演による風刺劇は、集団否定のターゲットに真正面からぶつかっている。」となった[25]Metacriticでは52件のレビューを基に加重平均値が49/100となった[26]

脚注編集

注釈編集

  1. ^ Additional filming locations include Canton, Chicopee, Fall River, Norton, Salisbury, Weymouth, and Worcester.

出典編集

  1. ^ Fleming Jr. (2021年1月12日). “Netflix Unveils A 2021 Film Slate With Bigger Volume & Star Wattage; Scott Stuber On The Escalating Film Ambition”. Deadline Hollywood. 2021年1月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年1月12日閲覧。
  2. ^ a b レオナルド・ディカプリオ&ジェニファー・ローレンスら豪華キャスト集結!『ドント・ルック・アップ』予告編”. シネマトゥデイ (2021年11月17日). 2022年1月9日閲覧。
  3. ^ a b c 『ドント・ルック・アップ』感想(ネタバレ)”. シネマンドレイク (2021年12月26日). 2022年1月9日閲覧。
  4. ^ a b c d Munzenrrieder, Kyle (2021年1月25日). “What Is Don't Look Up Even About?”. W. 2021年2月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年2月8日閲覧。
  5. ^ Fleming Jr. (2019年11月8日). “Adam McKay On New Paramount Film Deal, The Meteor Movie He'll Next Helm & The Superhero As Cinema Argument”. Deadline Hollywood. 2019年11月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年11月19日閲覧。
  6. ^ a b c d D'Alessandro (2020年2月19日). “Netflix Takes Adam McKay Meteor Movie 'Don't Look Up'; Jennifer Lawrence To Star”. Deadline Hollywood. 2020年2月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年2月26日閲覧。
  7. ^ Guerrasio (2021年4月23日). “Leonardo DiCaprio spent 5 months tweaking Netflix's "Don't Look Up" script before signing on”. Insider. 2021年4月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年4月26日閲覧。
  8. ^ Edwards (2020年5月17日). “Cate Blanchett joins Jennifer Lawrence's new Netflix movie”. Digital Spy. 2020年11月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年12月1日閲覧。
  9. ^ Kroll (2020年9月9日). “Rob Morgan Set To Co-Star Opposite Jennifer Lawrence in Adam McKay And Netflix's 'Don't Look Up'”. Deadline Hollywood. 2020年9月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年12月1日閲覧。
  10. ^ Gemmill (2020年12月8日). “Meryl Streep to Play Jonah Hill's Mom — & President — in Adam McKay's "Don't Look Up"”. Collider. 2020年12月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年12月10日閲覧。
  11. ^ Kroll (2020年10月14日). “Leonardo DiCaprio, Meryl Streep, Jonah Hill, Timothée Chalamet, Ariana Grande, Cate Blanchett, Others Join Jennifer Lawrence In Netflix's 'Don't Look Up' For Adam McKay”. Deadline Hollywood. 2020年10月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年12月1日閲覧。
  12. ^ Kit (2020年11月20日). “Tyler Perry, Melanie Lynskey, Ron Perlman Join Adam McKay's 'Don't Look Up' (Exclusive)”. The Hollywood Reporter. 2020年11月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年11月20日閲覧。
  13. ^ Kroll (2020年12月10日). “Chris Evans Joins Adam McKay's Next Movie For Netflix”. Deadline Hollywood. 2020年12月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年12月10日閲覧。
  14. ^ Haring (2021年2月5日). “Stewart Talent Signs Gina Gershon, Laila Odom For Representation”. Deadline Hollywood. 2021年2月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年2月5日閲覧。
  15. ^ Kroll (2021年2月8日). “Mark Rylance And Michael Chiklis Join Adam McKay's 'Don't Look Up' At Netflix”. Deadline Hollywood. 2021年2月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年2月8日閲覧。
  16. ^ Petski. “'CSI: Vegas' Jamie McShane To Recur In CBS Sequel, Paul Guilfoyle To Reprise Jim Brass Role”. Deadline Hollywood. 2021年5月28日閲覧。
  17. ^ Moore (2020年4月22日). “Every Netflix Production Halted Due to Coronavirus”. What's on Netflix. 2020年8月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年8月16日閲覧。
  18. ^ Kit (2020年10月14日). “Leonardo DiCaprio, Meryl Streep Join Jennifer Lawrence in Adam McKay's "Don't Look Up"”. The Hollywood Reporter. 2020年11月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年12月1日閲覧。
  19. ^ Slane (2021年2月5日). “'Don't Look Up' continues to film all over Massachusetts. Here's the latest on the Netflix blockbuster.”. Boston.com. 2021年2月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年2月7日閲覧。
  20. ^ Slane (2021年1月4日). “Downtown Boston is transformed into New York City as Leonardo DiCaprio, Jennifer Lawrence film "Don't Look Up"”. Boston.com. 2021年1月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年1月5日閲覧。
  21. ^ Slane (2021年2月18日). “"Don't Look Up" wraps filming after 3 months in Massachusetts”. Boston.com. 2021年2月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年2月18日閲覧。
  22. ^ Wilkinson (2021年2月5日). “Jennifer Lawrence injured on "Don't Look Up" set in Boston”. New York Daily News. 2021年2月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年2月5日閲覧。
  23. ^ Furn (2020年10月15日). “When is Don't Look Up release date? Netflix cast, plot and latest news”. Radio Times. 2020年10月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年12月1日閲覧。
  24. ^ Sharf (2021年1月12日). “"Don't Look Up" First Footage Unites DiCaprio and Lawrence as Netflix Touts 2021 Movie Lineup”. IndieWire. 2021年1月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年1月12日閲覧。
  25. ^ Don't Look Up” (英語). Rotten Tomatoes. Fandango Media. 2022年4月25日閲覧。
  26. ^ "Don't Look Up" (英語). Metacritic. Red Ventures. 2022年4月25日閲覧。

 

外部リンク編集