ドント・ルック・バック・イン・アンガー

ドント・ルック・バック・イン・アンガー」(英語: Don't Look Back in Anger)は、オアシスの楽曲。1995年のアルバム『モーニング・グローリー』で発表され、翌1996年にシングル・カット、自身2作目の全英シングルチャート1位獲得作品となった[1]

ドント・ルック・バック・イン・アンガー
オアシスシングル
初出アルバム『モーニング・グローリー
B面
リリース
ジャンル
時間
レーベル クリエイション・レコーズ
作詞・作曲 ノエル・ギャラガー
プロデュース オーエン・モリス
チャート最高順位
  • 1位(アイルランド、イギリス[1]
  • 2位(スウェーデン[2]
  • 3位(フィンランド[3]
  • 19位(オーストラリア[4]、ノルウェー[5]
  • 20位(ニュージーランド[6]
  • 24位(フランス[7]
  • 27位(スイス[8]
  • 30位(オランダ[9]
  • 55位(アメリカ・Billboard Hot 100[10]
  • 57位(ドイツ[11]
  • 72位(日本[12]
オアシス シングル 年表
  • ドント・ルック・バック・イン・アンガー
  • (1995年 (1995)
ミュージックビデオ
「Don’t Look Back In Anger」 - YouTube
テンプレートを表示

解説編集

作詞、作曲、リード・ボーカルともにノエル・ギャラガーによる。ノエルがシングルのリード・トラックでリード・ボーカルを担当したのは、本作が初めてである。ライヴでは、ノエルのギター弾き語りというスタイルで演奏されることもあった。

NMEが2007年に選出した「The Great Indie Anthems Ever」では、14位に選ばれた[13]

サビの歌詞の一部の主語「私、私たち」「彼女」は1番と2番で逆転する。サビは計4回登場するが、ライブによって語順はバラバラになる

2017年5月、オアシスの結成地、マンチェスターで発生した自爆テロの際には、この曲が再びiTunesチャートにランクインしている。追悼式典では、黙祷のあと参列者によりこの曲が即興で合唱された[14]

2018年7月、ロシアで行われたFIFAワールドカップの3位決定戦の会場で、敗戦し4位が確定したイングランド代表に向けて放送された。

収録曲編集

  1. ドント・ルック・バック・イン・アンガー - "Don't Look Back in Anger" - 4:48
  2. ステップ・アウト - "Step Out" - 3:40
  3. アンダーニース・ザ・スカイ - "Underneath the Sky" - 3:20
    • 12インチ・シングル、CDシングルに追加収録
  4. カム・オン・フィール・ザ・ノイズ - "Cum On Feel the Noize" - 5:09
    • スレイドのカヴァー。CDシングルに追加収録。


クレジット編集

外部ミュージシャン

他メディアでの使用例編集

カヴァー編集

脚注編集

  1. ^ a b ChartArchive – Oasis
  2. ^ swedishcharts.com - Oasis - Don't Look Back in Anger
  3. ^ finnishcharts.com - Oasis - Don't Look Back in Anger
  4. ^ australian-charts.com - Oasis - Don't Look Back in Anger
  5. ^ norwegiancharts.com - Oasis - Don't Look Back in Anger
  6. ^ charts.org.nz - Oasis - Don't Look Back in Anger
  7. ^ lescharts.com - Oasis - Don't Look Back in Anger
  8. ^ Oasis - Don't Look Back in Anger - hitparade.ch
  9. ^ dutchcharts.nl - Oasis - Don't Look Back in Anger
  10. ^ (What's the Story) Morning Glory? - Oasis | Awards | AllMuaic
  11. ^ Musicline.de - Chartverfolgung - Oasis - Don't Look Back in Anger
  12. ^ ORICON STYLE
  13. ^ The Great Indie Anthems Ever - Number One is getting close | News | NME.com - 2010年9月15日閲覧
  14. ^ Frances Perraudin; Josh Halliday (2017年5月25日). “Don't Look Back in Anger becomes symbol of Manchester's spirit” (English). The Guardian. https://www.theguardian.com/uk-news/2017/may/25/dont-look-back-in-anger-becomes-symbol-of-manchester-spirit 2021年7月19日閲覧。 
  15. ^ transatlanticmodern (2013年8月27日). “INTERVIEW: PAUL 'BONEHEAD' ARTHURS” (英語). Transatlantic Modern. 2022年6月30日閲覧。
  16. ^ Podcast, The Oasis. “57: Owen Morris exclusive interview with Richard Buskin – The Oasis Podcast – Podcast” (英語). Podtail. 2022年6月30日閲覧。
  17. ^ Rock Band (2007) (VG) - Soundtracks(IMDb.com)
  18. ^ Pitchfork: Album Reviews: Various Artists: Guilt by Association
  19. ^ Sony Music Online Japan: ボッサ・エイ・エム
  20. ^ Justin Mauriello: Zebraheadのジャスティン・マウリエロ、カバーアルバム発表 / BARKSニュース - 2010年9月5日閲覧