メインメニューを開く

ドナルド・トーマス・ケリーDonald Thomas Kelly, 1980年2月15日 - )は、アメリカ合衆国ペンシルベニア州バトラー郡バトラー出身の元プロ野球選手ユーティリティプレイヤー)。右投左打。2019年シーズンよりMLBヒューストン・アストロズで一塁コーチを務める。

ドン・ケリー
Don Kelly
ヒューストン・アストロズ コーチ
Don Kelly 2010.jpg
タイガースでの現役時代
(2010年3月9日)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ペンシルベニア州バトラー郡バトラー
生年月日 (1980-02-15) 1980年2月15日(39歳)
身長
体重
6' 4" =約193 cm
190 lb =約86.2 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション ユーティリティプレイヤー(主に三塁手外野手
プロ入り 2001年 MLBドラフト8巡目
初出場 2007年4月2日
最終出場 2016年7月27日
年俸 $900,000(2013年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

現役時代、メジャー昇格後に投手も含めた全ポジションで出場経験がある。

ニール・ウォーカーとは義理の兄弟の関係である[2]

経歴編集

プロ入りとタイガース傘下時代編集

2001年MLBドラフト8巡目(全体237位)でデトロイト・タイガースから指名され、プロ入り。

2005年にはAA級エリー・シーウルブズで打率.340を記録し、後半にはAAA級トレド・マッドヘンズへ昇格。

2006年にはAAA級トレドで打率.228と壁にぶつかり、シーズン終了後に40人枠から外されてFAになった[3]

パイレーツ時代編集

2006年12月14日にピッツバーグ・パイレーツとマイナー契約を結んだ[4]

2007年は内外野を守れるユーティリティープレーヤーとして開幕ロースターに入り、4月2日のヒューストン・アストロズ戦でメジャーデビュー。しかし、出場機会にはあまり恵まれず、25試合で打率.148と低迷。6月12日にDFAとなり[5]、23日にマイナー契約でAAA級インディアナポリス・インディアンスへ配属された。オフにFAとなった。

ダイヤモンドバックス傘下時代編集

2007年11月にアリゾナ・ダイヤモンドバックスとマイナー契約を結んだ[6]

2008年はマイナー暮らしが続き、メジャー昇格はなかった。

タイガース復帰編集

2009年、マイナー契約でタイガースに復帰[7]。この年は主にAAA級トレドでプレーしたが、6月11日には2年ぶりのメジャー昇格を果たしている[8]

2010年はユーティリティプレイヤーとしてメジャーに定着し、119試合に出場。

2011年6月29日のニューヨーク・メッツ戦では、タイガースが16失点してリリーフ投手を使い切ったため、緊急登板。スコット・ヘアストンカーブで中飛に討ち取っている。タイガースの野手が登板したのは、2000年シェーン・ホルター以来だった[9]。その3日後の7月2日には、打撲で途中退場したビクター・マルティネスに代わって6イニングにわたり捕手を務め、メジャーデビュー以来全ポジションでの出場を達成した[10]。この年は二塁手と遊撃手を除く7つのポジションを守り、偶発的とはいえ、類い稀なユーティリティぶりを見せ付けた年になった。

2012年10月31日にFAとなり、2013年1月16日にタイガースとマイナー契約で再契約した。同年もユーティリティプレイヤーとして112試合に出場し、12月2日に1年100万ドルで契約を延長した[11]2014年オフにFAとなった。

マーリンズ時代編集

2015年1月18日にマイアミ・マーリンズとマイナー契約を結んだ[12]4月5日にメジャー契約を結び、開幕25人枠入りした。13日に故障者リスト入りし[13]、7月にはトミー・ジョン手術を受けた[14]。オフの11月2日にFAとなった[15]。この年はメジャーデビュー以来、自己最少となる2試合の出場に留まった。

2016年2月3日にマーリンズとマイナー契約を結び、同年のスプリングトレーニングに招待選手として参加することになった[16]。3月29日に一旦自由契約となったが[17]、翌日マイナー契約を結び直した。開幕は傘下のAAA級ニューオーリンズ・ゼファーズで迎え、7月6日にメジャー契約を結んでアクティブ・ロースター入りした。7月28日にディー・ゴードンが出場停止処分から復帰のためDFAとなり、30日に40人枠を外れる形でAAA級ニューオーリンズへ配属された。10月4日にFAとなった[18]

引退後編集

2017年2月18日に引退、さらに今後はタイガースのスカウトとして活動することが明らかになった[19]2019年シーズンからはアストロズへ移り、一塁コーチを務める[20]

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
2007 PIT 25 32 27 2 4 0 0 0 4 0 0 0 0 0 3 0 2 3 1 .148 .281 .148 .429
2009 DET 31 62 56 8 14 3 1 0 19 3 1 0 1 0 4 0 1 10 0 .250 .311 .339 .651
2010 119 251 238 30 58 4 0 9 89 27 3 0 1 2 8 0 2 42 1 .244 .272 .374 .646
2011 112 281 257 35 63 8 3 7 98 28 2 1 6 1 14 0 3 32 8 .245 .291 .381 .672
2012 75 127 113 14 21 2 1 1 28 7 2 0 0 0 14 0 0 22 2 .186 .276 .248 .523
2013 112 251 216 33 48 6 1 6 74 23 2 0 2 4 27 1 2 28 4 .222 .309 .343 .652
2014 95 185 163 24 40 5 1 0 47 7 6 1 1 0 20 1 1 29 6 .245 .332 .288 .620
2015 MIA 2 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 .000 .000 .000
2016 13 30 27 2 4 0 2 0 8 3 0 0 0 1 2 0 0 5 2 .148 .200 .296 .496
MLB:9年 584 1220 1098 148 252 28 9 23 367 98 16 2 11 8 92 2 11 171 24 .230 .294 .334 .628

年度別投手成績編集





















































W
H
I
P
2011 DET 1 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 1 0.1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0.00 0.00
MLB:1年 1 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 1 0.1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0.00 0.00

背番号編集

  • 29(2007年)
  • 32(2009年 - 2014年)
  • 30(2015年)
  • 31(2016年)

脚注編集

  1. ^ Don Kelly Contract, Salaries, and Transactions” (英語). Spotrac.com. 2013年10月29日閲覧。
  2. ^ 「マイアミ・マーリンズ」『2015MLB選手名鑑全30球団コンプリートガイド』日本スポーツ企画出版社、75頁。
  3. ^ Paul Meyer (2007年3月15日). “Spring Training: Mt. Lebanon native Kelly is making good impression on Tracy” (英語). Post-Gazette. http://www.post-gazette.com/pg/07074/769662-63.stm 2009年6月13日閲覧。 
  4. ^ “Pirates sign nine minor league free agents” (英語). MLB.com. (2006年12月14日). http://pittsburgh.pirates.mlb.com/news/press_releases/press_release.jsp?ymd=20061214&content_id=1761226&vkey=pr_pit&fext=.jsp&c_id=pit 2009年6月13日閲覧。 
  5. ^ Jenifer Langosch (2007年6月12日). “Notes: Kolb makes it back to Majors: Veteran reliever ready to pitch in Pirates' bullpen” (英語). MLB.com. http://m.pirates.mlb.com/news/article/2021514 2009年6月13日閲覧。 
  6. ^ Jenifer Langosch (2007年11月2日). “Notes: Chacon wants to return to Bucs: GM Huntington says club has interest in free agent righty” (英語). MLB.com. http://m.mlb.com/news/article/2290902 2009年6月13日閲覧。 
  7. ^ Tigers Sign Four Players” (英語). mudhens.com. 2009年1月12日閲覧。[リンク切れ]
  8. ^ Kent McDill (2009年6月11日). “Tigers send down Clete Thomas, call up Don Kelly” (英語). Detroit Free Press. オリジナルの2009年6月15日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090615055504/http://www.freep.com/article/20090611/SPORTS02/90611098/1050/SPORTS02/Tigers+send+down+Clete+Thomas++call+up+Don+Kelly 2009年6月12日閲覧。 
  9. ^ Jason Beck (2011年6月30日). “Despite five homers, Tigers overwhelmed” (英語). MLB.com. 2015年11月5日閲覧。
  10. ^ Jason Beck & Chris Vannini (2011年7月3日). “Kelly replaces V-Mart as Tigers' backstop” (英語). MLB.com. 2015年11月5日閲覧。
  11. ^ “Tigers Agree to Terms on One-Year Contract with Don Kelly” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Detroit Tigers), (2013年12月2日), http://m.tigers.mlb.com/news/article/64334834 2015年11月5日閲覧。 
  12. ^ “Marlins agree with Don Kelly on minor league deal”. Associated Press. ESPN.com. (2015年1月19日). http://sports.espn.go.com/espn/wire?section=mlb&id=12196487 2015年2月25日閲覧。 
  13. ^ Alvarez, Mathis, Kelly land on disabled list”. Miami Sun-Sentinel (2015年8月13日). 2015年9月18日閲覧。
  14. ^ Joe Frisaro (2015年7月18日). “Kelly has season-ending Tommy John surgery”. MLB.com. 2015年9月18日閲覧。
  15. ^ Transactions | marlins.com”. MLB.com (2015年11月2日). 2015年11月5日閲覧。
  16. ^ Joe Frisaro (2016年2月3日). “Marlins sign veteran Kelly to Minors deal” (英語). MLB.com. 2016年2月4日閲覧。
  17. ^ Davis, Craig (2016年3月29日). “Don Kelly, Justin Maxwell among 4 cut by Marlins”. sunsentinel.com. 2016年7月8日閲覧。
  18. ^ MLB公式プロフィール参照。2017年8月14日閲覧。
  19. ^ Jason Beck (2017年2月18日). “Kelly rejoins Tigers as instructor, scout” (英語). MLB.com. 2017年8月14日閲覧。
  20. ^ Brian McTaggart (2018年11月21日). “Astros add Troy Snitker to '19 coaching staff” (英語). MLB.com. https://www.mlb.com/news/astros-announce-coaching-staff-for-2019/c-301028786 2019年2月16日閲覧。 

関連項目編集

外部リンク編集