ドーナル・ラニー

ドーナル・ラニーDónal Lunny1947年3月10日-)は、アイルランド音楽家ブズーキ奏者、ギタリストキーボーディストプロデューサーなど多方面で活躍する、アイルランド音楽の代表的存在[1]。とりわけ、本来ギリシャの民族楽器であるブズーキを、「アイリッシュ・ブズーキ」としてアイリッシュ・トラッド・ミュージックに定着させた功績は大きい[2]

略歴編集

  • オファリー県タラモアの生まれ[1]
  • 1968年にエメット・スパイスランド(The Emmet Spiceland)のメンバーとしてデビュー。
  • ドーナルの旧友のフォーク・シンガー、クリスティ・ムーアのバックに、アンディ・アーヴァインやリアム・オ・フリンと共に参加。その後、ドーナル、クリスティ、アンディ、リアムの4人はプランクシティPlanxty)を結成、1973年にデビュー。アイルランド音楽界に新風を巻き起こすが、ドーナルは2作目の発表後にプランクシティを脱退(のちに数度の再結成がある)。
  • ボシー・バンドThe Bothy Band)を結成、1975年にデビュー。プランクシティがクリスティの歌を前面に押し出していたのに対し、ボシー・バンドは、演奏面に重きを置いた音楽性で、のちの世代がリールやジグを演奏する際のスタイルを確立させたパイオニアでもある。
  • 1979年、新メンバーのマット・モロイフルート)を加えてプランクシティ再結成。
  • 1980年代には、クリスティとともに、よりロック色の濃いムーヴィング・ハーツMoving Hearts)を結成。プロテスト色の濃い「ヒロシマ・ナガサキ・ロシアン・ルーレット」などの楽曲が有名。
  • ムーヴィング・ハーツ解散後は、セッション・プレイヤーやプロデューサーとして活動。
  • 1996年、オムニバス・アルバム『魂の大地(Common Ground)』をプロデュース。クラウデッド・ハウスのティム・フィンとニール・フィン、U2ボノアダム・クレイトンシネイド・オコナーエルヴィス・コステロケイト・ブッシュといった豪華ゲストに加え、旧友のクリスティ・ムーアやアンディ・アーヴァインも参加。同年8月に初来日公演を行う。
  • 1998年、ソロ・アルバム『Coolfin』を発表。元フェアーグラウンド・アトラクションエディ・リーダーとロイ・ドッズも参加。また、日本のソウル・フラワー・ユニオンと共同でミニ・アルバム『マージナル・ムーン』を制作、発表。
  • 私生活では、ソウル・フラワー・ユニオン伊丹英子と結婚し、しばらくアイルランドで共に暮らしていたが、その後家族で沖縄県に移住。
  • 現在は、数多くのプロデュース・客演以外に、プランクシティ以来の盟友アンディー・アーヴァインとともにスーパー・トラッド・バンドモザイクMozaik)を結成、数度の日本ツアーも行なっており、日本のミュージシャンとのコラボレーションも盛んに行なっている[1]

その他の音楽活動編集

ディスコグラフィー編集

Planxty

  • Planxty(1973年)
  • The Well Below The Valley(1973年)
  • After The Break(1979年)
  • The Woman I Loved So Well(1980年)
  • Words & Music(1983年)

The Bothy Band

  • 1975(1975年)
  • Old Hag You Have Killed Me(1976年)
  • Out Of The Wind, Into The Sun(1977年)
  • Afterhours (Live In Paris)(1978年)
  • Live In Concert(1994年)

Moving Hearts

  • Moving Hearts(1982年)
  • The Dark End Of The Street(1982年)
  • Live Hearts(1984年)
  • The Storm(1985年)

Donal Lunny Coolfin[2]

  • Coolfin(1998年)

Mozaik

  • Live from the Powerhouse(2005年)
  • Changing Trains(2008年)

FLYING DUGONG BAND - Donal Lunny×梅津和時×近藤ヒロミ[3]

  • Dreaming Dugongs Of Henoko(2008年)[4]

Best

  • Journey - The Best of Donal Lunny(2001年)

代表的プロデュース作品

  • Christy Moore/Prosperous(1972年)
  • Clannad/Clannad 2(1974年)
  • Andy Irvine&Paul Brady/Andy Irvine&Paul Brady(1976年)
  • Altan/Horse With A Heart(1989年)
  • V.A./Bringing It All Back Home(1991年)
  • V.A/Common Ground(1996年)
  • V.A./Sult(1996年)
  • Sharon Shannon/Each Little Thing(1997年)
  • Soul Flower And Donal Lunny Band/Marginal Moon(1998年)
  • Maighread & Triona Dhomhnaill, with Donal Lunny/Idir an Da Sholas(2000年)

出典編集

  1. ^ a b c Dónal Lunny Biography, Songs, & Albums” (英語). AllMusic. 2022年9月22日閲覧。
  2. ^ a b Donal Lunny Coolfin”. www.plankton.co.jp. 2022年9月22日閲覧。
  3. ^ FLYING DUGONG BAND、4月に全国ツアー” (日本語). BARKS. 2022年9月22日閲覧。
  4. ^ Henoko Dugongs / FLYING DUGONG BAND(ドーナル・ラニー × 梅津和時 × 近藤ヒロミ) - 沖縄メッセージソングまとめ” (日本語). Henoko Dugongs / FLYING DUGONG BAND(ドーナル・ラニー × 梅津和時 × 近藤ヒロミ) -【沖縄メッセージソングまとめ】. 2022年9月22日閲覧。

外部リンク編集