メインメニューを開く

ドーラク弁護士

ドーラク弁護士』(ドーラクべんごし)は、鈴木あつむによる日本漫画、またそれを題材としたテレビドラマ。『ミスターマガジン』(講談社)で連載された。単行本は全12巻。絶版を経て現在はJコミで無料公開されている。

目次

概要編集

基本的には主人公である弁護士が、様々な依頼者から持ち込まれる案件に対し弁護士として対応する様子を描いた。

主人公はかなりの資産家であるため、問題解決のために自らの資産を以下のように惜しげもなくつぎ込むことがある。

  • クレジットカード不正利用問題では、顧客情報を入手してカード会社の親会社の銀行経由で暗黙の圧力をかけて和解を引き出す。
  • 麻酔医の医療ミス訴訟では、主人公が出資するファンドの支援を受けている麻酔医の世界的権威を患者側証人として証言させる。
  • 銀行出身の社長の解任において、多額の預金を盾に他銀行役員から社長に関する情報を聞き出す。
  • 建設会社の手抜き工事において、倉庫の中に橋梁のセットを組んだ上で地震をシミュレートして、手抜きに関与した人間からリアルな証言を聞きだす。
  • ゴルフ会員権を巡る詐欺において、被害者数・被害総額を特定するため、全国紙の全面広告で会員権を買い取る旨告知を出す。
  • 欠陥マンションにおいて、ヘリで上空からマンションを望遠レンズで撮影して欠陥建築の証拠をつかむ。
  • 物証がないものの状況証拠から今後の犯罪が予想される事件で、1000万円の寄付で犯行現場となりうる病室の監視カメラ設置を病院に認めさせる。
  • 浪費を繰り返す社長を解任するにおいて、会社更生法適用を認めさせ易くするために10億円の債務保証をする。

この点で筒井康隆の『富豪刑事』の弁護士版として重なる部分がある。ただし、問題解決に自らの資産を使う事例はほんの一部であり、冷静に弁護士として事件の内容を分析し妥当な結論に導く場合が圧倒的に多く、優秀な弁護士であることが見て取れる。

登場人物編集

正義 乃味方(まさよし のみかた)
弁護士。現在は金持ちだが、貧乏だった少年時代を忘れず、弱者を法で守ることを決意している正義漢。
名前は父である内蔵介の駄洒落好きから。
185cmを超える長身。
正義 内蔵介(まさよし くらのすけ)
正義グループの会長で乃味方の父。借金の連帯保証人で貧乏だったが、畑から温泉が出たのをきっかけに億万長者になる。
小百合・ユカリ・ユキ
乃味方の事務所で働く美人3人組。親族や知人が依頼人となることがある。

ドラマ編集

1999年5月21日フジテレビ金曜エンタテイメント枠でドラマ化された。

キャスト編集

スタッフ編集

  • 演出: 樋口徹
  • 脚本: 深沢正樹
  • プロデュース: 樋口徹、石井てるよし
  • 制作: FCC
  • 制作著作: フジテレビ

外部リンク編集