ナイトゴーント

クトゥルフ神話に登場する架空の生物

ナイトゴーント(Night-gaunts)はクトゥルフ神話に登場する架空の生物。漢字で夜鬼夜の魍魎とも邦訳名される。

ドリームランドの生物。容姿はいわゆる「西洋の悪魔」のようで、のっぺらぼうの顔に蝙蝠の翼と長い尻尾を生やしており、ゴムのような質感の黒い皮膚に覆われている。

概要編集

初期設定編集

ハワード・フィリップス・ラヴクラフト(以下HPL)が「5歳のときに見た悪夢」に登場した生物を、作品に書いたものとされている。初出はドリームランドを舞台とする『未知なるカダスを夢に求めて[1]

ノーデンスの命を受けて、聖地ングラネク山を遊弋し、近づく人間を発見すると、群れで襲いかかり空中へと抱え上げて、尻尾でくすぐってくる。なおも抵抗しようとすると、そのままナスの谷へと連れて行って深淵へと投げ捨てる。[注 1]

ノーデンスとナイアーラトテップは対立しており、ノーデンス配下のナイトゴーントは、ナイアーラトテップ配下のシャンタク鳥にとっては天敵として恐れられている。またナイトゴーントはグールとも協力関係にある。

HPLからの引用を多用したダーレス作品のクトゥルフ神話を説明する文脈においては、たびたび名前が言及されるが、ダーレス自身がナイトゴーント(およびドリームランド)を題材とした作品はみられない。

派生設定編集

リン・カーターブライアン・ラムレイは、ナイアーラトテップとイブ=ツトゥルをナイトゴーントの支配者とした。これは先述のHPL設定に反するものとなっている。

イェグ=ハという魔物がおり[2]、この怪物はナイアーラトテップ配下のレッサー・オールド・ワンであり、ナイトゴーント達を率いるとされる[3][4]

邪神イブ=ツトゥルもまたナイトゴーントを従える[5]。ナイアーラトテップの息子がイブ=ツトゥルである[3]

また、ラムレイのドリームランドシリーズでは、ナイトゴーントはもともと目覚めの世界の古代ティームドラ大陸の生物であり、ティームドラの住人が夢見人になったときにドリームランドに持ち込まれたとされている[5]。ナイトゴーントを使い魔として使役する人物もいる[6]

登場作品編集

関連項目編集

脚注編集

【凡例】

  • 全集:創元推理文庫『ラヴクラフト全集』、全7巻+別巻上下
  • 事件簿:創元推理文庫『タイタス・クロウの事件簿』、全1巻
  • サーガ:創元推理文庫『タイタス・クロウ・サーガ』、全6巻
  • 幻夢郷:青心社文庫『幻夢郷シリーズ』、2021年既刊1巻
  • 事典四:学研『クトゥルー神話事典第四版』(東雅夫編、2013年版)

注釈編集

  1. ^ [ドリームランドの神々(大いなるものカダスの神族)は、人間族を避けており、ノーデンスとナイアーラトテップは彼らを庇護している。

出典編集

  1. ^ 全集6など『未知なるカダスを夢に求めて』HPL
  2. ^ 事件簿『魔物の証明』ラムレイ
  3. ^ a b 新紀元社「エイボンの書」収録『深淵への降下』リン・カーター
  4. ^ KADOKAWAエンダーブレイン「クトゥルーの子供たち」収録『ウィンフィールドの遺産』リン・カーター。作中では「ネクロノミコン」に記述があると設定されている。
  5. ^ a b 幻夢郷1『幻夢の英雄』ラムレイ
  6. ^ サーガ3『幻夢の時計』ブライアン・ラムレイ