ナイラク・ブカモンゴル語: Nairaqu buqa, 中国語: 乃剌忽不花, ? - ?)は、チンギス・カンの孫アリク・ブケの息子で、モンゴル帝国の皇族。『元史』などの漢文史料では乃剌忽不花(nǎiláhūbúhuā)、『集史』などのペルシア語史料ではنایرو بوقا(Nāīrū būqā)と記される。

概要編集

『集史』「バルグト部族志」によると、ナイラク・ブカはバルグト部の文枝トーラス氏出身の側室より生まれたという[1]

ナイラク・ブカの事蹟については記録が少ないが、『集史』「クビライ・カアン紀」第三部(事実上のアリク・ブケ伝)によるとコンギラト出身のアシクタイ・ハトゥンとの間にヤイジ、ヤムシュカ、バヤン、エブゲンという息子がおり、オルクヌウト出身のウルジン・エゲチとの間にウラテムルという息子がいたという[2]

アリク・ブケ王家編集

  • アリク・ブケ大王(Ariq Buke >阿里不哥/ālǐbúgē,اریغ بوکا/Arīq būkā)
    • 威定王ヨブクル(Yobuqur >薬木忽児/yàomùhūěr,یوبوقور/Yūbūqūr)
    • メリク・テムル(Melik temür >明里帖木児/mínglǐtiēmùér,ملک تیمور/Melik tīmūr)
    • ナイラク・ブカ大王(Nairaqu buqa >乃剌忽不花/nǎiláhūbúhuā,نایرو بوقا/Nāīrū būqā)

脚注編集

  1. ^ 志茂2013,765頁
  2. ^ 志茂2013,739-740頁

参考文献編集

  • 杉山正明『モンゴル帝国と大元ウルス』京都大学学術出版会、2004年
  • 松田孝一「ユブクル等の元朝投降」『立命館史学』第4号、1983年
  • 松田孝一「メリク・テムルとその勢力」『内陸アジア史研究』第4号、1988年
  • 村岡倫「シリギの乱 : 元初モンゴリアの争乱」『東洋史苑』第 24/25合併号、1985年