ナウシノオス古希: Ναυσίνοος, Nausinoos, : Nausinous)は、ギリシア神話の人物である。ヘーシオドスの『神統記』によると、オデュッセウス巨人アトラースの娘カリュプソーとの子で、ナウシトオスと兄弟[1]

ナウシノオスとナウシトオスは、オデュッセウスがカリュプソーの住むオーギュギアー島に留まる間に生まれた子供である。しかしホメーロス叙事詩オデュッセイア』では子供の存在について言及されていない。アポロドーロスでは2人の子供はラティーノスとされる[2]

系図編集

 
ケパロス
 
プロクリス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ペルセウス
 
アンドロメダ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アルケイシオス
 
アウトリュコス
 
 
 
 
 
オイバロス
 
ゴルゴポネー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ラーエルテース
 
アンティクレイア
 
 
 
 
 
テュンダレオース
 
イーカリオス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
クティメネー
 
 
 
カリディケー
 
オデュッセウス
 
ペーネロペー
 
 
 
イプティーメー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
カリュプソー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
キルケー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ナウシトオス
 
ナウシノオス
 
ポリュポイテース
 
テーレマコス
 
ラティーノス
 
テーレゴノス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


脚注編集

  1. ^ ヘーシオドス、1017行-1018行。
  2. ^ アポロドーロス、摘要(E)7・24。

参考文献編集