メインメニューを開く

ナオキは、1975年宝塚記念を制した日本競走馬。ほかに鳴尾記念中京記念を勝っている。母のエイトクラウン1966年の宝塚記念を制しており、現在まで唯一の母子制覇となっている[1]。4歳年下の半弟天皇賞2着2回のクラウンピラードがいる。因みに、馬名の「ナオキ」はオーナーの娘婿の名前から由来している[2]

ナオキ
品種 サラブレッド
性別
毛色 栗毛
生誕 1969年4月25日
死没 1990年5月5日
サウンドトラック
エイトクラウン
母の父 ヒンドスタン
生国 日本の旗 日本北海道三石町
生産 大塚牧場
馬主 桜山ホース(株)
調教師 田中康三栗東
競走成績
生涯成績 30戦13勝
獲得賞金 1億6976万1200円
テンプレートを表示

目次

戦績編集

母が阪神3歳ステークスと宝塚記念を制したエイトクラウンと言う事で期待されたが、故障等もあり「最強世代」と称される花の1972年クラシック組に加わるどころか、トライアル競走にすら参戦出来ずに終わった[3]。だが、年末オープンクラス入りした勢いで挑んだ翌年2月のオープン戦をレコードタイム勝ち、次走の中京記念も快勝して重賞優勝馬の仲間入りを果たした。

父・サウンドトラックに似て非常に胴の長い体型であったが、短距離系の父の倍以上の距離でも好走した。事実、2400mの鳴尾記念で2分27秒1のレコード勝ちをしている。本来は中距離で持ち味を発揮する馬であったが、当時は今と違い中距離競走体系が整っていなかった事もあり、本来の能力を出し切れずに終わった。その様な時代故に距離不適な天皇賞にも5回挑戦するが、結局全て敗戦に終わった。ラストランとなった天皇賞(秋)も、道中で故障発生した事もあり7着に沈んでいる(優勝・フジノパーシア)。

引退後編集

引退したナオキは、生まれ故郷の大塚牧場で種牡馬生活を開始した。だが、肝心の産駒の成績が思わしくなく間も無くシンジケートは解散。1983年秋、薬莱軽種トレーニングセンターに移る事となった。その後は、種付け頭数は少ないものの充実した生活を送っていたが、1990年こどもの日に久し振りの種付け中に心臓発作を起こし急死してしまった。

主な産駒編集

母の父としての主な産駒編集

血統表編集

ナオキ血統オーム系(ザボス系) / Solario 4x5x5=12.50%) (血統表の出典)

*サウンドトラック
Sound Track 1957
栗毛 アイルランド
父の父
Whistler 1950
栗毛
Panorama
1936
Sir Cosmo
Happy Climax
Farthing Damages
1939
Fair Trial
Futility
父の母
Bridle Way 1952
黒鹿毛
Mustang
1947
Mieuxce
Buzz Fuzz
Straight Path
1947
Straight Deal
Double Rose

エイトクラウン 1962
鹿毛 北海道三石
*ヒンドスタン
Hindostan 1946
黒鹿毛 イギリス
Bois Roussel
1935
Vatout
Plucky Liege
Sonibai
1939
Solario
Udanipur
母の母
*アルペンローザ
Alpenrosa 1951
黒鹿毛
Chamossaire
1942
Precipitation
Snowberry
Stargrass
1942
Noble Star
Grass Widow F-No.2-f


脚注編集

  1. ^ 親子制覇に範囲を広げても、2011年グラスワンダー産駒のアーネストリーが優勝するまで、エイトクラウン・ナオキ母子の事例が唯一であった。ちなみに、鳴尾記念も母子制覇を達成している。
  2. ^ 愛知トヨタ自動車会長だった山口直樹(2014年死去)を指す。ちなみに義父はエイトクラウンの馬主の山口昇。直樹は馬主として「桜山ホース」を継承した名古屋友豊株式会社の代表も務めた。
  3. ^ この年のクラシック優勝馬は、皐月賞ランドプリンス日本ダービーロングエース菊花賞イシノヒカル
  4. ^ 2010年フィリーズレビュー勝ちの「サウンドバリアー」とは別の馬。

関連項目編集

外部リンク編集