メインメニューを開く
ナコーンシータンマラート県
จังหวัดนครศรีธรรมราช
Flag of Nakhon Si Thammarat Province.jpgSeal Nakhon Si Thammarat.png
ナコーンシータンマラート県の位置
タイの国旗 タイ王国
県庁所在地ムアンナコーンシータンマラート郡
面積9,942.502 km²
人口1,541,843 人 2013年
人口密度155.07 人/km²
ISO 3166-2TH-80
  • この項目は英語版を元に作成されています。

ナコーンシータンマラート県(ナコーンシータンマラートけん、タイ語: จังหวัดนครศรีธรรมราช)はタイ王国南部の県(チャンワット)の一つ。ソンクラー県パッタルン県トラン県クラビー県スラートターニー県と接し、タイランド湾にも面する。

目次

地理編集

県はタイランド湾に面し、マレー半島に位置する。その地域のほとんどは森林地帯であり、タイ南部最高峰の1,835mのルワン山がある。このルワン山の地域はカオルワン国立公園に登録されている。

歴史編集

ナコーンシータンマラートは、古代のタンブラリンガ国英語版: 单马令[1]、リゴール王国 - Kingdom of Ligor)の首都リゴールの地であった。シュリーヴィジャヤ王国の勢力が及んだこともあった。その後スコータイ王朝ラームカムヘーン大王が攻めて来るに及んでその領土となった。後にこの領土はアユタヤ王朝に受け継がれた。17世紀始めには山田長政がリゴール王に任じられ、この地で毒殺された。チャクリー王朝時代、1932年にナコーンシータンマラート県が成立、タイ南部の要衝として軍都となった。

県章編集

 
県章

県章は311年に建てられたとされる(実際は13世紀頃)、パゴダ、プラ・ボーロマタートチェーディーが描かれている。このパゴダは現在ワット・プラマハータートウォーラウィハーン(仏教寺院)の境内にある。そのパゴダの回りには十二支がデザインされている。この十二支はナコーンシータンマラート王国時代の属国あるいは地方主要都市を代表しているとされる。詳細は以下の通り。

県木はオオマメノキ(Millettia atropurpurea)、県花はナンバンサイカチCassis fistula)。

行政区編集

姉妹都市編集

脚注編集

  1. ^ タイの歴史ではナコーンシータンマラート王国英語版と記録されている。