ナサニエル・ベンチリー

ナサニエル・ベンチリーNathaniel Benchley, 1915年11月13日 - 1981年12月14日[1])は、アメリカ合衆国作家

父は作家・ユーモリスト・俳優のロバート・ベンチリー英語版[2]。息子は、『ジョーズ』で知られる作家のピーター・ベンチリー

略歴編集

マサチューセッツ州ニュートンに生まれる。ハーバード大学卒業。

1939年に「ニューヨーク・ヘラルド・トリビューン」に入社。第二次大戦後には「ニューズウィーク」に入社するが、1947年に退社。

作家となり、一般文学や児童文学、そして父親のロバート・ベンチリーや親しい友人だったハンフリー・ボガート等の伝記を書いた。

翻訳された著作編集

一般文学・伝記編集

  • 『親父と息子』 A Firm Word or Two 早川書房 1967年
  • 『ボギー』 Humphrey Bogart 晶文社 1980年10月

児童文学編集

  • 『かわうそのオスカーくん』旺文社 1977年12月
  • 『カヌーはまんいん』文化出版局 1978年12月
  • 『世界のメルヘン8 アメリカ童話2 魔法のそり』講談社 1981年1月
  • 『いたずらスニップいねむりダンカン』あかね書房 1984年5月

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ Nathaniel Benchley IMDb
  2. ^ アルゴンキン・ラウンド・テーブル」の一員。ユーモア・コラムニストや書評家として活動し、「わたしはものを書く才能がないことを発見するまでに十五年もかかったが、そのときには、あまりにも有名になっていたから、もの書きをやめるわけにはいかなかった」の格言を残す。日本語文献では常盤新平『ニューヨーク紳士録』(講談社文庫)や和田誠『ほんの数行』(七つ森書館)がロバート・ベンチリーの経歴について取り上げている。俳優としては『アラスカ珍道中英語版』における奇妙な解説人役として知られる。