ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞 脚色賞

「ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞 脚色賞」はナショナル・ボード・オブ・レビューが与える賞の一つで、2003年から設けられた部門である。

受賞者編集

2000年代編集

作品 受賞者 原作
2003 コールド マウンテン アンソニー・ミンゲラ チャールズ・フレイザーの同名小説
2004 サイドウェイ アレクサンダー・ペインジム・テイラー レックス・ピケットの同名小説
2005 シリアナ スティーヴン・ギャガン ロバート・ベアの告発本『CIAは何をしていた?(原題:See No Evil)』
2006 The Painted Veil ロン・ナイスワーナー サマセット・モームの同名小説
2007 ノーカントリー コーエン兄弟 コーマック・マッカーシーの小説『血と暴力の国』
2008 ベンジャミン・バトン 数奇な人生 エリック・ロス F・スコット・フィッツジェラルドの同名短編小説
スラムドッグ$ミリオネア サイモン・ビューフォイ ヴィカス・スワラップの小説『ぼくと1ルピーの神様』
2009 マイレージ、マイライフ ジェイソン・ライトマンシェルドン・ターナー ウォルター・カーンの同名小説

2010年代編集

作品 受賞者 原作
2010 ソーシャル・ネットワーク アーロン・ソーキン ベン・メズリックのノンフィクション作品『facebook 世界最大のSNSでビル・ゲイツに迫る男』[1]
2011 ファミリー・ツリー アレクサンダー・ペインナット・ファクソンジム・ラッシュ カウイ・ハート・ヘミングスの同名小説
2012 世界にひとつのプレイブック デヴィッド・O・ラッセル マシュー・クイックの同名小説
2013 ウルフ・オブ・ウォールストリート テレンス・ウィンター ジョーダン・ベルフォートの回想録『ウォール街狂乱日記 - 「狼」と呼ばれた私のヤバすぎる人生』
2014 インヒアレント・ヴァイス ポール・トーマス・アンダーソン トマス・ピンチョンの小説『LAヴァイス
2015 オデッセイ ドリュー・ゴダード アンディ・ウィアーの小説『火星の人
2016 沈黙 -サイレンス- ジェイ・コックスマーティン・スコセッシ 遠藤周作の小説『沈黙
2017 ディザスター・アーティスト スコット・ノイスタッターマイケル・H・ウェバー グレッグ・セステロトム・ビゼルのノンフィクション『The Disaster Artist
2018 ビール・ストリートの恋人たち バリー・ジェンキンス ジェイムズ・ボールドウィンの同名小説
2019 アイリッシュマン スティーヴン・ザイリアン チャールズ・ブラントの同名ノンフィクション

2020年代編集

作品 受賞者 原作
2020 この茫漠たる荒野で ポール・グリーングラスルーク・デイヴィス ポーレット・ジルズの小説『News of the World
2021 マクベス ジョエル・コーエン ウィリアム・シェイクスピアの戯曲『マクベス

脚注編集

  1. ^ 原題はThe Accidental Billionaires