メインメニューを開く

ナスキーホール梅田(ナスキーホールうめだ)は、かつて大阪府大阪市北区太融寺町にあったプロレス会場。大阪プロレスが管理、運営しており同団体の常設会場兼本社機能を有していた。「ナスキー(NASCI)」はラテン語で「生まれる」を意味する。

ナスキーホール梅田
Umeda Piccadilly.JPG
情報
正式名称 ナスキーホール梅田
完成 2012年
開館 2012年11月17日
開館公演 ナスキーホール梅田こけらおとし
閉館 2014年4月20日
最終公演 大阪プロレス「大阪ホリデーパラダイスラストマッチ」
客席数 350人
設備 プロレスの試合会場
運営 大阪プロレス株式会社
所在地 530-0051
大阪府大阪市北区太融寺町8−17
プラザ梅田ビル8階
位置 北緯34度42分6.4秒
東経135度30分8.1秒
座標: 北緯34度42分6.4秒 東経135度30分8.1秒
アクセス 大阪駅北新地駅梅田駅東梅田駅西梅田駅 徒歩7分

目次

概要編集

梅田ピカデリー2跡地に建設されたプラザ梅田ビル8階に開業。映画館跡地を活かしたひな壇形式となっている[1]

歴史編集

  • 2012年11月17日、それまで本社機能兼常設会場として開設していた大阪ミナミ ムーブ・オン アリーナ(以下は「Mアリ」)に代わる新会場「ナスキーホール梅田」として開業[2]
  • 2013年8月25日、中止になった大阪プロレスのビッグマッチ「大阪ハリケーン」の代替興行「大阪トルネード」を開催。選手兼副社長のブラックバファローは「今の我々の体力では、あそこ(大阪府立体育会館)でかかる莫大な経費は(払えない)」「なぜ自前で常設会場を持っているのに外へ出るのだ」と述べている[3]
  • 2014年1月25日、4月を最後に撤退し閉鎖することを発表。旧Mアリが道頓堀アリーナとして復活したり(2014年3月閉鎖)区民ホール利用が増えるなどして他団体利用が減少して大阪プロレスも観客動員が伸び悩んでいたため[4]。最終興行は4月20日の「大阪ホリデーパラダイスラストマッチ」で、これを最後に大阪プロレスは団体機能を停止してプロモーション化された。
  • 2014年10月30日、ナスキーホール跡地にCLUB PICCADILLY UMEDA OSAKA(クラブピカデリー梅田大阪)がオープン[5]

大阪プロレス以外で興行を開催した団体、プロモーション編集

Mアリ同様、週末中心に大阪プロレスが他会場で興行を打つ日あるいは昼夜興行として使用していた。多くはMアリから継続して利用。

アクセス編集

脚注編集