ナタリー・エヴァンス (ボウズ・パークのエヴァンス女男爵)

ボウズ・パークのエヴァンス女男爵ナタリー・ジェシカ・エヴァンスNatalie Jessica Evans, Baroness Evans of Bowes Park, MBE, PC 1975年11月29日 - )は2016年から貴族院院内総務を務めるイギリスの政治家。保守党に所属し、2014年に一代貴族に叙された。

ボウズ・パークのエヴァンス女男爵
The Baroness Evans of Bowes Park
Official portrait of Baroness Evans of Bowes Park crop 2.jpg
生年月日 (1975-11-29) 1975年11月29日(45歳)
出生地 イギリスの旗 イギリス
アイルランド島 北アイルランドアーズ・アンド・ノース・ダウンホーリーウッド英語版
出身校 ケンブリッジ大学マーレイ・エドワーズ校英語版
前職 ポリシー・エクスチェンジ英語版副代表
新学校ネットワーク英語版取締役兼COO
イギリス商工会議所英語版政策担当理事
保守党政務調査会英語版副会長
所属政党 保守党
称号 大英帝国勲章(メンバー)
枢密院顧問官
配偶者 ジェームズ・ワイルド英語版
公式サイト [議会ウェブサイト ]

内閣 第1次メイ内閣
第2次メイ内閣
第1次ジョンソン内閣
第2次ジョンソン内閣
在任期間 2016年7月14日 - 現在

内閣 第2次キャメロン内閣
在任期間 2015年5月8日 - 2016年7月13日

在任期間 2014年9月12日 - 現在
テンプレートを表示

生涯編集

ロックポート・スクール英語版ヘンリエッタ・バーネット・スクール英語版ケンブリッジ大学ニュー・ホール英語版で教育を受けた。ニュー・ホールでは社会政治学を学び、1998年に卒業した[1][2][3]

2010年5月、ハーリンゲイ・ロンドン自治区バウンズ・グリーン英語版区議選(定数3)に出馬したが、647票しか得られず落選した。

2010年11月5日、ポリシー・エクスチェンジ英語版の副総裁として、ポリシー・エクスチェンジが開催したイベントで内務大臣テリーザ・メイの講演に先立って彼女を紹介した[4]

エヴァンスは2011年よりニュー・スクールズ・ネットワーク英語版最高執行責任者を務め、2013年1月から2015年5月まで理事を務めた[5]ニュー・スクールズ・ネットワーク英語版フリー・スクール英語版設立を目指す団体を支援するチャリティー組織である[6]

エヴァンスは英国商業会議所英語版の政策担当と保守党調査部英語版の副部長を歴任した[1][5]

2014年9月12日、ハーリンゲイ・ロンドン自治区のボウズ・パーク英語版におけるボウズ・パークのエヴァンス女男爵一代貴族)に叙された[7]。10月28日にはキャッシュマン男爵英語版とともに貴族院に紹介英語版された[8]。彼女は当時の女性貴族では最年少であった[5]

2015年に政府院内幹事を務め、2016年1月に「効果的に更生させるには教育が刑務所のシステムの中心でなければならない」と演説した[9][10]。2016年7月14日、首相テリーザ・メイにより貴族院院内総務に任命された[11]

私生活編集

夫はマイケル・ファロン英語版国防大臣を務めていたときに彼の特別顧問英語版を務めた[12]

脚注編集

  1. ^ a b Baroness Evans of Bowes Park - GOV.UK”. www.gov.uk. 2016年7月14日閲覧。
  2. ^ Cambridge University List of Members, 1996
  3. ^ ‘EVANS OF BOWES PARK’, Who's Who 2016, A & C Black, an imprint of Bloomsbury Publishing plc, 2016; online edn, Oxford University Press, 2015
  4. ^ Immigration: Home Secretary's speech of 5 November 2010 - Speeches - GOV.UK”. www.gov.uk. 2016年7月14日閲覧。
  5. ^ a b c “Storm as Tory party donors given peerages”. Yorkshire Post. (2014年8月9日) 
  6. ^ Wintour, Patrick (2014年8月8日). “David Cameron in spotlight over two more peerages to Tory party donors”. the Guardian. 2016年7月14日閲覧。
  7. ^ "No. 60992". The London Gazette (英語). 18 September 2014. p. 18154.
  8. ^ Parliament UK: Parliamentary Calendar”. services.parliament.uk. 2016年7月14日閲覧。
  9. ^ “Prime Minister's Office”. The Times: pp. 78–79. (2015年5月23日) 
  10. ^ Former inmate Lord Hanningfield calls for more prisoner education - BelfastTelegraph.co.uk”. 2016年7月14日閲覧。
  11. ^ Sparrow, Andrew (2016年7月14日). “May's cabinet reshuffle: Michael Gove sacked and replaced with Elizabeth Truss - live updates”. the Guardian. 2016年7月14日閲覧。
  12. ^ Baroness Evans of Bowes Park”. UK Parliament. 2017年1月15日閲覧。

外部リンク編集

公職
先代:
ビーストンのストール女男爵英語版
貴族院院内総務
2016年 -
現職
王璽尚書
2016年 -
党職
先代:
ビーストンのストール女男爵英語版
貴族院における保守党党首英語版
2016年 -
現職
イングランドおよびウェールズの儀礼席次
先代:
リッチモンドのハル女男爵英語版
レディース
王璽尚書として
次代:
大使と高等弁務官英語版