シュトラッサー主義

ナチス左派から転送)

ナチス左派とは、国家社会主義ドイツ労働者党内において労働者寄りの国民社会主義を主張していたグループ、党内フラクション、運動であり、超国家主義社会主義の影響を受け、また、経済的反ユダヤ主義を特徴とし、アドルフ・ヒトラー及び、ナチ党主流派と対抗していた。グレゴール・シュトラッサーオットー・シュトラッサーの兄弟が主な領袖であった。

ドイツの旗 ドイツ国 ドイツの旗政党
国民社会主義ドイツ労働者党(左派)
die linken Flügel der NSDAP
Flag of the NSDAP (1920–1945).svg
党旗
代表 グレゴール・シュトラッサー
成立年月日 1924年4月
前身政党 国家社会主義自由運動
解散年月日 1934年6月30日
解散理由 ヒトラー及びナチ主流派の弾圧、粛清による解散
後継政党 革命的国民社会主義闘争集団 他、ナチ党内諸組織
政治的思想・立場 国民社会主義
保守革命
反マルクス主義
反ファシズム
コーポラティズム
モダニズム
機関紙

"国民社会主義者" Der Nationale Sozialist,

"炎" Die Flamme,

"こぶし" Die Faust,
シンボル

Black Front logo.svg

交差したハンマーと剣

ハーケンクロイツ
テンプレートを表示

ヒトラーと強く対立していたオットー・シュトラッサーは1930年に党を追われチェコスロバキアに亡命したが、グレゴール・シュトラッサーは1934年6月30日の長いナイフの夜にドイツで殺害された。 戦後、ナチ左派の流れをくむシュトラッサー主義はネオナチズムの鎖の中で活動的な位置を保っている。

概要編集

グレゴール・シュトラッサーオットー・シュトラッサーのシュトラッサー兄弟は1923年のミュンヘン一揆アドルフ・ヒトラーが入獄した後、主に北ドイツでナチ党系の組織を率いた。「国家社会主義通信」など独自の機関誌を発行していた彼らの主張は社会主義的側面が強く、ドイツ共産党が提案したドイツ帝国構成諸国旧君主の財産接収ドイツ語版法案に「私益に対する公益の優先」というナチ左派の綱領のもと、賛成していた。このためミュンヘンを中心とするナチ党右派ヘルマン・エッサーユリウス・シュトライヒャーらと強く対立した。出獄してきたヒトラーは1926年のバンベルク会議でシュトラッサーらの主張を否定し、党内における指導者原理を確立させた。その後グレゴールやその秘書ヨーゼフ・ゲッベルスを懐柔する一方で、オットーは離党を余儀なくされた。オットーは後に黒色戦線と呼ばれる組織を立ち上げ、左派的な国家社会主義を主張し続けた。

全てを宣伝に帰するミュンヘン・ナチのアジテーション方式に飽き足らぬ左派は、ナチスの理念を求めナチスの運動にイデオロギー性をもたせようとした。曖昧なままに放置された25カ条綱領をはっきりさせ、ミュンヘン・ナチの反ユダヤ主義一辺倒に代わって、共和制の主張、職業身分制秩序、反西欧資本主義からする親ソ外交路線などと共に、社会主義を全面に押し出した。また、「闘争出版社」などの論壇を設け保守革命派といった諸々の党派と交流していた。

彼らが何よりもナチ党主流派に抱いた疑念は、その経済政策実行の真面目さと熱意だった。社会主義者をもって自認する彼らには、これは黙視できなかった。 グレゴール・シュトラッサーによれば、「我々は社会主義者であり、経済的弱者の搾取や不当な賃金支払いや責任と業績によらずに財産と金による非道徳的な人間を評価する今日の資本主義体制の敵であり宿敵なるが故に、我々はこの体制を是が非でも絶滅する決心を固めるに至った!我々は、非の打ち所がなく、しかも現体制よりも優れた働き手を有する、より良き、より正当で、より道徳的な体制を代置させなければならない!」とのことであった。

ヒトラーの権威が党内で不動のものとなると、バンベルク会議後の左派の勢力は減退し、1932年にクルト・フォン・シュライヒャー首相がナチ党左派を取り込もうとしたが失敗し、グレゴールが離党を余儀なくされた際にも追随者はほとんど出なかった。

左派の出身者としてはグレゴールの秘書を務めていたゲッベルスとハインリヒ・ヒムラー、人民法廷の裁判官ローラント・フライスラーらが知られている。ヒムラーには離党して養鶏農家を始めようか迷い、シュトラッサーに相談していたエピソードがある。またエルンスト・レームらの突撃隊幹部も左派に近く、政権獲得後には「第二革命」を唱えていた。

1934年長いナイフの夜事件により、レーム、グレゴール・シュトラッサーら象徴的人物が粛清され、左派は党内での影響力を完全に失った。しかしナチス・ドイツで強い影響を持ったゲッベルスやヒムラーなどの思想にも左派の影響は強く残っていた。

ドイツ革命の十四のテーゼ編集

オットー・シュトラッサーはバンベルク会議の決定後も、革命意欲を封じ込めることはなく、ドイツ革命のための反ブルジョア的姿勢を示し、「ジロンド」のヒトラーに対して自らの「ジャコバン」性を強調した。 1929年8月1日、彼は「NS書簡」に新生ドイツのための「ドイツ革命の十四のテーゼ(Die 14 Thesen Deutschen Revolution)」を発表して自分の基本的立場を綱領的に要約した。

関連作品編集

粛清直前のシュトラッサーが、同じく危うい立場のレームに共闘を持ちかけるフィクション

参考文献編集

関連項目編集