ナッシング・トゥ・ルーズ

ナッシング・トゥ・ルーズ』(Nothing to Lose)は、1997年アメリカで公開されたコメディ映画

ナッシング・トゥ・ルーズ
Nothing to Lose
監督 スティーヴ・オーデカーク
脚本 スティーヴ・オーデカーク
製作 マーティン・ブレグマン
ダン・ジンクス
マイケル・ブレグマン
製作総指揮 ルイス・A・ストローラー
出演者 ティム・ロビンス
マーティン・ローレンス
音楽 ロバート・フォーク
撮影 ドナルド・E・ソーリン
編集 マルコム・キャンベル
配給 アメリカ合衆国の旗 タッチストーン・ピクチャーズ
日本の旗 ブエナビスタ
公開 アメリカ合衆国の旗 1997年7月18日
日本の旗 1998年4月16日
上映時間 98分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $25,000,000
興行収入 $44,480,039[1]
テンプレートを表示

ストーリー編集

ロサンゼルスの大手広告会社に勤務するエリート会社員のニックは、ある日家に帰ると愛する妻が浮気している現場を目撃してしまう。しかもその相手は、会社の上司だということを知り、深く絶望するのだった。行く場もないまま車を走らせるニック。すると突然、そんな彼の前に銃を持った強盗ポール(T)が現れる。ポールは財布を差し出すよう要求するが、自暴自棄になったニックは突如車を暴走させ、財布を投げ捨て、アリゾナへと向かうのだった。無理やり連れてこられたポールは、ニックと激しく争うが、後に二人は自らの置かれている境遇を話し合い、たんまり現金を溜め込んでいるボスの金庫を狙うことにする。

セキュリティの穴を抜けて、まんまと金を盗み出した二人だが、ホテルで金勘定をしていたポールは、アリゾナで目をつけていた地元の強盗二人組に強奪され、おまけにニックが見たベッドシーンは妻の妹のものだったということで誤解がとける。カーチェイスと乱撃戦のあと、強盗二人組は警察につかまり、金を取り返したニックは、もとのところへそれを戻すことにする。それぞれの家族の元へ帰った二人。証拠のビデオはポールがこっそり別のもので上書きをしてあった。ポールの家族がバーベキュー・パーティーをしているところへニックはおもむき、新しいセキュリティ・システムの管理者にポールを推薦しておいた、と告げる。

キャスト編集

※括弧内は日本語吹替

出典編集

  1. ^ Nothing to Lose” (英語). Box Office Mojo. Amazon.com. 2011年8月2日閲覧。

外部リンク編集