メインメニューを開く

ナディーン・ラバキーアラビア語: نادين لبكيラテン文字化: Nadine Labaki 1974年2月18日 -)は、レバノン映画監督俳優。監督兼主演の映画『キャラメル[1]の成功により、アラビアン・ビジネス誌の「世界で最もパワフルなアラブ人100人」で、女性のトップ5に選出されている[2]

نادين لبكي
Nadine Labaki

ナディーン・ラバキー
ナディーン・ラバキー
生年月日 (1974-02-18) 1974年2月18日(45歳)
出生地 レバノンの旗 レバノンバーブダット
国籍 レバノンの旗 レバノン
職業 映画監督俳優
公式サイト http://www.nadinelabaki.com/
主な作品
キャラメル

目次

来歴編集

1974年2月18日、レバノンバーブダットで生まれる。

1993年に大学入学の資格を取得し、1997年、ベイルートサン・ジョセフ大学(メディア学)を卒業。

大学在学中に製作した短編映画『パステール通り11番地』[3]が、1998年パリアラブ世界研究所アラブ映画ビエンナーレで1位。

2002年から2003年、ミュージックビデオやコマーシャルフィルムで数々の受賞をする。

2004年カンヌ国際映画祭のレジデンス制度により、初の長編映画『キャラメル』の脚本を執筆[1]

2005年、レバノン映画『BOSTA』にて俳優としてデビューし、主演を務める。

2007年、映画『キャラメル』にて、監督・主演を務め、世界的に高い評価を得た[1]

出演作品編集

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ a b c 脚本はナディーン・ラバキーの他、ジハード・ホジェイリーと、ロドニー・アル=ハッダードによる。
  2. ^ Banking trumps Power 100 as most powerful industry アラビアン・ビジネス 2008年4月1日
  3. ^ 11, Rue Pasteur Liban (1996) アラブ世界研究所(フランス語)

外部リンク編集