ナディーン・ラバキー

ナディーン・ラバキーアラビア語: نادين لبكيラテン文字化: Nadine Labaki 1974年2月18日 -)は、レバノン映画監督俳優。監督兼主演の映画『キャラメル』の成功により、アラビアン・ビジネス誌の「世界で最もパワフルなアラブ人100人」で、女性のトップ5に選出されている[1]

نادين لبكي
Nadine Labaki

ナディーン・ラバキー
ナディーン・ラバキー
2019年 カンヌ国際映画祭にて
生年月日 (1974-02-18) 1974年2月18日(46歳)
出生地 レバノンの旗 レバノン バーブダット英語版
国籍 レバノンの旗 レバノン
職業 映画監督俳優
公式サイト http://www.nadinelabaki.com/
主な作品
キャラメル
テンプレートを表示

来歴編集

1974年2月18日、レバノンバーブダットで生まれる。

1993年に大学入学の資格を取得し、1997年、ベイルートサン・ジョセフ大学(メディア学)を卒業。

大学在学中に製作した短編映画『パステール通り11番地』[2]が、1998年パリアラブ世界研究所アラブ映画ビエンナーレで1位。

2002年から2003年、ミュージックビデオやコマーシャルフィルムで数々の受賞をする。

2004年カンヌ国際映画祭のレジデンス制度により、初の長編映画『キャラメル』の脚本をジハード・ホジェイリーとロドニー・アル=ハッダードと共に執筆した。

2005年、レバノン映画『ボスタ! 踊る幸福の赤いバス英語版』にて俳優としてデビューし、主演を務める。

2007年、映画『キャラメル』にて、監督・主演を務め、世界的に高い評価を得た。

主なフィルモグラフィ編集

日本語題
原題
クレジット 備考
2007 キャラメル
سكر بنات
監督・脚本・出演
2011 私たちはどこに行くの?
وهلأ لوين؟
監督・脚本・製作・出演
2014 リオ、アイラブユー
Rio, Eu Te Amo
監督・脚本・出演 オムニバス映画
セグメント「O Milagre」のみ
2018 存在のない子供たち
کفرناحوم
監督・脚本・出演

出演のみ編集

受賞とノミネート編集

映画祭・賞 部門 作品名 結果 参照
アカデミー賞 2018 外国映画賞 存在のない子供たち ノミネート [3]
カンヌ国際映画祭 2011 ある視点賞 私たちはどこに行くの? ノミネート
エキュメニカル審査員特別賞 受賞 [4][5]
フランソワ・シャレ賞英語版 受賞
2018 パルム・ドール 存在のない子供たち ノミネート [6]
審査員賞 受賞 [6]
エキュメニカル審査員賞 受賞 [7]
トロント国際映画祭 2011 観客賞 私たちはどこに行くの? 受賞 [8]

参考文献編集

  1. ^ Banking trumps Power 100 as most powerful industry アラビアン・ビジネス 2008年4月1日
  2. ^ 11, Rue Pasteur Liban (1996) アラブ世界研究所(フランス語)
  3. ^ The 91st Academy Awards (2019) Nominees and Winners”. oscars.org. 2019年8月28日閲覧。
  4. ^ Hopewell, John (21 May 2011), 'Le Havre' win top Fipresci crits' award, https://variety.com/2011/film/news/le-havre-win-top-fipresci-crits-award-1118037421/ 2013年10月15日閲覧。 
  5. ^ "Ecuminal Jury", Ecumenical Jury – Press Release 2011, http://cannes.juryoecumenique.org/IMG/pdf/2011/cp_prix_oecumenique_2011_en.pdf 
  6. ^ a b Debruge, Peter (2018年5月19日). “2018 Cannes Film Festival Award Winners Announced”. Variety. 2018年5月20日閲覧。
  7. ^ The 2018 Official Selection”. Cannes. 2018年4月12日閲覧。
  8. ^ TIFF: Awards 2011”. tiff.net. 2011年9月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年8月28日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集