メインメニューを開く

概要編集

中学卒業後に音楽の勉強のため上京、桐朋女子高等学校に入学した2人が、寮で偶然隣り部屋になり意気投合。その後、桐朋学園大学在学中に西島が声楽試験の際にピアノ伴奏を松藤に頼んだことから、2人で創作することを意識しはじめ結成に至る。

活動のテーマとして「新たに切り開いてゆく人生や魂や愛の大切さ、そして輪廻転生につながる深遠なもの。」を掲げている[1]

ユニット名は、古代神話の女神を意味するナナと、ラテン語音楽を意味するムジカを組み合わせた造語である[1]

メンバー編集

バイオグラフィ編集

ディスコグラフィ編集

ナナムジカのディスコグラフィ
リリースリスト
スタジオ・アルバム 1
シングル 6
ミュージック・ビデオ 7
ダウンロード・シングル 1
参加作品 1

シングル編集

発売日 タイトル 規格 規格品番 オリコン 初収録アルバム
1st 2005年4月20日 Ta-lila〜僕を見つけて〜 CD WPCL-10164 35位 ユバナ
2nd 2006年2月15日 くるりくるり CD WPCL-10206 9位
3rd 2006年5月24日 僕達の舞台 CD WPCL-10275 35位 未公表
4th 2007年2月7日 心音 CD WPCL-10390 62位
# 2007年7月18日 Sora[注 1] CD WPCL-10416 29位
5th 2007年8月29日 彼方 CD WPCL-10426 38位

配信限定シングル編集

発売日 タイトル 規格 収録作品
1st 2007年6月6日 愛の歌 デジタル・ダウンロード 未公表

オリジナルアルバム編集

発売日 タイトル 規格 規格品番 オリコン
1st 2006年4月26日 ユバナ CD WPCL-10262 17位

ミュージックビデオ編集

監督 曲名
井上哲央 「Ta-lila〜僕を見つけて〜」「Ta-lila〜僕を見つけて〜 (Animation Ver.) 」「くるりくるり」「僕達の舞台」
城岡武志 「Sora」
高田弘隆 「心音」
増山準哉 「彼方」

参加作品編集

タイトル 規格 備考
忘れられない恋のうた~私の中のもうひとりの僕~ CD 2007年11月21日に発売されたオムニバス脚本家放送作家小原信治2001年に発足させた8251net.com(初恋ネットドットコム)とのコンピレーションアルバムで、4thシングルの表題曲「心音」が収録されている。

タイアップ一覧編集

出演イベント編集

公演年 形態 タイトル 公演日・会場
2005年 単独出演 エフエム佐賀プレゼンツ「ナナムジカ招待LIVE」 6/18 ロイヤルチェスター佐賀・バンケットホール THE GRACE (佐賀県)
ゲスト出演 oricon Sound Blowin' 2005 11/12 原宿クエストホール (東京都)
ゲスト出演 Vodafone LOVE Christmas Project! 12/24 サンシャイン栄 (愛知県)
2006年 単独出演 大平貴之プロデュース ナナムジカ世界一の満天ライブ 2/15 渋谷Hakuju Hall (東京都)
単独出演 札幌ホンダグループ30周年 PRESENTS AIR-G'「時計台アコースティックライブ Vol.66~ナナムジカ」 3/15 札幌市時計台2階ホール (北海道)
ゲスト出演 メ~テレライブ「BOMBER-E」 4/2 メ〜テレ (愛知県)
ゲスト出演 ヘビロスタイルVol.3 Emotional Style 5/3 福井まちなか文化施設 響のホール (福井県)
単独出演 Be-pop Presents LOUNGE POP vol.3 ナナムジカ“月の宴” 6/3 retro BackPage (宮城県)
単独出演 ライヴ&握手会 6/10 HMV横浜ビブレ (神奈川県)
ゲスト出演 びわ湖大津なぎさ音楽祭2006 7/17 なぎさ公園市民プラザ・特設ステージ (滋賀県)
ゲスト出演 LUNCH BREAK☆STYLE恋愛スタジアム in アルパーク 7/30 アルパーク東広場特設ステージ (広島県)
ゲスト出演 メ〜テレ「秋まつり2006 BOMBER-Eスペシャルライブ」 9/30 久屋大通公園特設ステージ (愛知県)
2007年 ゲスト出演 めざましクラシックス10周年スペシャル 8/31 フェスティバルホール (大阪府)

脚注編集

注釈編集

  1. ^ ナナムジカ×のだめオーケストラ名義。
  2. ^ 楽曲が起用された年ではなく、音源化された年で明記。

出典編集

外部リンク編集