メインメニューを開く

ナナ・ジョルジャーゼ(Nana Dzordzhadze、1948年 - )はグルジアトビリシ出身の映画監督。

ナナ・ジョルジャーゼ
ნანა ჯორჯაძე
ナナ・ジョルジャーゼ ნანა ჯორჯაძე
本名 Nana Givievna Dzhordzhadze
生年月日 (1948-08-24) 1948年8月24日(71歳)
出生地 Flag of the Georgian Soviet Socialist Republic (1937–1951).svgグルジア・ソビエト社会主義共和国トビリシ
国籍 ジョージア (国)の旗 ジョージア
活動期間 1978-
配偶者 イラクリ・クヴィリカーゼ
テンプレートを表示

略歴編集

建築家として働いていたが、映画に興味を持つようになりトビリシの映画学校で学ぶ。1986年の『ロビンソナーダ』でカンヌ国際映画祭カメラ・ドールを受賞。

1992年にカンヌ国際映画祭の審査員を、1997年にはヴェネツィア国際映画祭の審査員を務めた。

主な監督作品編集

  • ソポトへの旅 Mogzauroba Sopotshi (1980)
  • ロビンソナーダ Robinzoniada, anu chemi ingliseli Papa (1986)
  • シェフ イン ラブ Shekvarebuli kulinaris ataserti retsepti (1996)
  • シビラの悪戯 27 Missing Kisses (2000)

外部リンク編集