メインメニューを開く

ナニワエキスプレスは、日本フュージョンバンド1982年デビュー1986年解散

1980年当時は上方フュージョンともいわれ、ライブパフォーマンスで人気を獲得した。解散後、2002年より活動を再開、2003年には18年振りのアルバム『life of music』を、2004年には『THIS IS IT!』を発売。英語表記はCBS/SONY契約時は浪花エクスプレスまたはNANIWA EXPRESS。再結成後はNANIWA EXP、2014年の青柳誠の復帰以降、青柳を含む5名編成の場合はNANIWA EXPRESSとされている。仮名表記はナニワエキスプレス。

目次

メンバー編集

バイオグラフィー編集

  • 1977年、清水興・岩見和彦・鎌田清(Dr)らで結成。
  • 1978年、ライブ活動を開始。1ヵ月後に中村建治が加入。
  • 1979年、メンバー全員で渡米。帰国後、大阪心斎橋のJAZZ喫茶の老舗「DUKE」にレギュラー出演。
  • 1981年、東原力哉・青柳誠が加入。
  • 1982年、CBS/SONY(現・ソニー・ミュージックエンタテインメント)よりデビュー。
  • 1983年、年間160本以上のライヴをこなし、ライヴ・バンドの体制を確立させる。
  • 1984年日野皓正らと初の日本武道館公演。30台のカラーモニターとライヴをシンクさせたSONY BETA Hi-fi Collage Tourを敢行。
  • 1985年阪神タイガース21年ぶりにリーグ優勝の日(10月16日)、試合の行われていた神宮球場に隣接する日本青年館でコンサート[1]
  • 1986年、大阪・バナナホールで行われた終夜ライブを最後に解散。後に「バーニング・アウト」のバンド名で活動するもわずか2ヵ月で活動休止。
  • 2000年、限定復活によるツアーを敢行。
  • 2002年、完全復活。レコーディング開始。
  • 2003年、18年振りのアルバム「life of music」発売。「CROSSOVER JAPAN 03」に参加。全国8都市でlife of music TOURを敢行。
  • 2004年
  • 2005年、CROSS OVER JAPAN 05に参加。
  • 2006年
    • 青柳がナニワエキスプレスとしての活動を一旦休止。
    • SOUL POWER TOKYO/なにわ SUMMITのホストバンドを務める。
  • 2007年、結成30周年を迎える。
  • 2012年、結成35周年を迎える。アルバム「FRESH DUDE」、ベストアルバム「COOL DUDE」を同時発売。FRESH&COOL TOUR 2012 開催。
    • 12月29日、東京国際フォーラムホールAで開催の「LIVE IN TOKYO CROSSOVER NIGHT」にて青柳誠が一夜限りの復帰を果たす。なお、東原力哉が急病のため、代役として当時16歳のドラマー、平陸(たいらりく)が参加。
  • 2014年、青柳誠が8年ぶりに復帰し、東阪ライブを開催。これ以降、青柳を含む5名編成時のバンド名表記を『NANIWA EXPRESS』とする。
  • 2017年、結成40周年。記念ライブを大阪と東京で開催[1]
  • 2018年、結成40周年を記念したDVDと自伝本を同時リリース。

ディスコグラフィー編集

CDアルバム編集

※( )は再廉価版の発売日、番号及びレーベル名、☆はアナログ盤の番号

発売日 タイトル 番号 レーベル名 備考
1982年5月21日
1990年10月15日
NO FUSE 28AH 1414☆
(CSCL 1288)
CBS/SONY
1982年11月21日
1991年7月25日
大宇宙無限力神 38DH 30
(SRCL 1974)
CBS/SONY
(Sony Records)
発売日はLP発売時。
CDは1983年3月21日に発売
1983年6月22日
1998年9月19日
WIND UP 28AH 1545☆
(VRFL-0003)
CBS/SONY
Village Records
1984年7月1日
(1991年7月25日)
MODERN BEAT 38DH 122
(SRCL 1975)
CBS/SONY
(Sony Records)
1985年9月21日
1998年9月19日
SILENT SAVANNA 32DH 263
(VRFL-0004)
CBS/SONY
(Village Records)
発売日はLP発売時。
CDは同年10月21日に発売
1985年12月21日
1999年1月27日
SCARLET BEAM 32DH 349
(VRFL-0018)
CBS/SONY
(Village Records)
ベスト盤
1993年3月21日 RED ZONE
〜SBM BEST SELECTION〜
SRCL 2588 Sony Records
2003年5月24日 life of music NNCJ-7001 &Forest Music
2004年10月20日 THIS is IT! NNCJ-7003 &Forest music
2007年5月23日 30th XNDC-10014 Danger Crew Record 同タイトルの限定盤アルバムあり
NANIWA EXPRESS BOX
〜SONY MUSIC YEARS
MHCL-1070 SONY MUSIC DIRECT
GT music
2012年5月23日 COOL DUDE
〜BEST TRACKS OF NANIWA EXPRESS
MHCL-2059 SONY MUSIC DIRECT
GT music
ベスト盤
2012年5月23日 FRESH DUDE DCCL-36〜37 Danger Crew Record ライブ・アルバム(2枚組)

12インチ・シングル編集

発売日 タイトル 番号 レーベル名 備考
1986年3月21日 BELIEVIN' / THE LADY OF TOLEDO 12AH 2019 CBS/SONY 当時放送されていたミズノフェザーテレビCM
並びに未発表曲「SONIC BOOM」収録

DVD編集

発売日 タイトル 番号 レーベル名 備考
2004年12月22日 DRUM'n'DRUM TOUR MUBA-1011 Dreamusic デニス・チェンバースとの共演盤
2007年5月23日 First Finale 1986
〜伝説の86年バナナホール解散LIVE!〜
MHBL-46 SONY MUSIC DIRECT
GT music
2015年2月25日 NANIWA EXPRESS 復活の1,2,3,4,5人! マルチアングルライブ2014
at SHIBUYA PLEASURE PLEASURE
AND045 ALFANOTE DVD2枚組

出典編集

  1. ^ a b ナニワエキスプレス40周年で清水興がツアーPR”. 日刊スポーツ新聞社 (2017年10月4日). 2017年10月4日閲覧。

外部リンク編集