メインメニューを開く

ナノ好塩古細菌NanohaloarchaeaNanohaloarchaeota)は、高濃度の塩環境に分布する古細菌の1系統である。独立のとする説と、ユーリ古細菌門の1綱とする説の二つがあるが、DPANN群の独立門とする説が強くなってきている。高度好塩菌と共に世界中の塩湖塩田などに分布する。

ナノ好塩古細菌
分類
ドメ
イン
: 古細菌 Archaea
上門 : DPANN群
: ナノ好塩古細菌門 Nanohaloarchaeota
: ナノ好塩古細菌綱 "Nanohaloarchaea"
下位分類群
  • "Ca. Haloredivivus"
  • "Ca. Nanosalina"
  • "Ca. Nanosalinarum"

生息環境は高度好塩菌に似るが、この系統には入らず独立した系統を形成する。"Ca. Nanosalina sp." J07AB43、"Ca. Nanosalinarum sp." J07AB56は全ゲノムが解読されている。ゲノムサイズは1.2Mbp程、細胞サイズもおおむね0.6μmほどで、何れも非常に小さい。

参考文献編集

  • Ghai, R. et al. (2011). "New Abundant Microbial Groups in Aquatic Hypersaline Environments". Scientific Reports 1 (135).
  • Narasingarao, P. et al. (2012). "De novo metagenomic assembly reveals abundant novel major lineage of Archaea in hypersaline microbial communities". ISME J. 6 (1): 81–93.
  • Rinke, C., Schwientek, P., Sczyrba, A., et al. (2013)“Insights into the phylogeny and coding potential of microbial dark matter,”Nature, 499(7459):431-7.