ナブテスコ > ナブコ

株式会社ナブコ: NABCO Ltd.)は、かつて存在した日本の機械メーカー。

株式会社ナブコ
NABCO Ltd.
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
651-2271
神戸市西区高塚台7丁目3番地3
設立 1925年3月5日
業種 機械
代表者 取締役社長 本田 侑三
資本金 86億円
売上高 443億円(単独)
553億円(連結)
従業員数 1,174名(単独)
1,647名(連結)
主要株主 ナブテスコ 100%
外部リンク アーカイブ
テンプレートを表示

2003年9月29日、帝人製機と持株会社方式で経営統合し、共同持株会社ナブテスコを設立した。2004年10月1日に帝人製機と共にナブテスコに吸収合併され完全統合した。

沿革編集

  • 1924年大正13年)9月4日 - 神戸製鋼所と米ウェスティングハウス・エア・ブレーキ(WABCO)社間で鉄道車両用エアブレーキに関する特許権実施契約が成立。
  • 1925年(大正14年)3月5日 - 日本エヤーブレーキ株式会社設立、神戸市葺合区脇浜町(現中央区脇浜海岸通)の神戸製鋼所内で創業。以前からWABCO製空気ブレーキの導入に関わっていた発動機製造(現・ダイハツ工業)と東京瓦斯電気工業も資本参加している。[1]資本金30万円、従業員77名、取締役社長には元鉄道省札幌鉄道局長の島村鷹衛が就任。
    「日本エヤーブレーキ株式会社発祥の地」の石碑がヤマダ電機テックランド神戸本店の敷地内に2005年3月5日に設置された。
  • 1928年昭和3年)7月 - 押田安之助技師が「A動作弁」を開発。
  • 1929年(昭和4年)1月 - 鉄道省客車に「AVブレーキ装置」としてA動作弁が採用される。以後国鉄の客車・電車の標準ブレーキシステムとして広く使用される。
  • 1943年(昭和18年)12月27日 - 戦時中の英語規制に伴い、商号を日本制動機株式会社に変更。
  • 1946年(昭和21年)6月29日 - 商号を日本エヤーブレーキ株式会社に戻す。
  • 1949年(昭和24年)- 大阪証券取引所(現市場第一部)に上場。
  • 1951年(昭和26年)- 戦争により中断状態となっていたWABCO社との技術導入契約を更新。
  • 1953年(昭和28年)- 米ナショナル・ニューマティック社とドアエンジン・窓拭機の技術導入契約。
  • 1985年(昭和60年)- 東京証券取引所(市場第一部)に上場。
  • 1992年平成4年)4月1日 - 商号を株式会社ナブコに変更。
  • 2001年(平成13年)- 本社を神戸市西区高塚台へ移転。
  • 2003年(平成15年)9月29日 - 帝人製機とともに、新設の純粋持株会社ナブテスコに株式移転し、経営統合。
  • 2004年(平成16年)10月1日 - ナブテスコに合併。

鉄道車両用製品編集

 
HS-20形空気圧縮機
(写真はHS-20-4形・西武6000系電車)
鉄道車両用各種ブレーキ制御装置[2]
空気圧縮機
  • HS-20形 1983年(昭和58年)製品化、水平対向シリンダ方式で低騒音、低振動、小型軽量に優れたものである[2]
  • この空気圧縮機は相模鉄道東急電鉄を皮切りに私鉄各社に採用される[2]。また、吐出量を2,000L/minから1,500L/min、1,000L/min、500mL/minに小容量化した製品もある[2]
ブレーキ関連製品
戸閉装置(ドアエンジン)
  • 空気式戸閉装置
    • 座席下収納の異径複シリンダ形差動ラック式
    • ドア上部(鴨居部)収納の複動形ドアエンジン(DP形・東武鉄道京王電鉄・東急電鉄向け車両など)
  • 電気式戸閉装置(スクリュー軸駆動式)

フランス・フェベレィ社(Faiveley)との合弁でナブコ・フェブレィ社を設立して製造[2]。JR東日本209系[2]E217系[2]E231系などに大量採用。

  • 新幹線用戸閉装置、ドア押さえ装置[2]
その他

参考文献編集

  • 70年史編纂委員会『ナブコ70年史:1925 - 1996』ナブコ、1997年10月。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 「愈陣容成れる日本空気制動機会社」神戸新聞 1925.4.18(大正14) | 神戸大学 電子図書館システム
  2. ^ a b c d e f g h i j k l ナブコ「ナブコ70年史」128-138P記事。

外部リンク編集