メインメニューを開く

ナブテスコ株式会社Nabtesco Corporation)は、日本の機械メーカー。

ナブテスコ株式会社
Nabtesco Corporation
Nabtesco company logo.svg
種類 株式会社
市場情報
東証1部 6268
2003年9月29日上場
本社所在地 日本の旗 日本
102-0093
東京都千代田区平河町2-7-9
JA共済ビル
設立 2003年(平成15年)9月29日
業種 機械
法人番号 3010001142283
事業内容 精密機器事業
輸送用機器事業
航空・油圧機器事業
産業用機器事業
代表者 寺本克弘代表取締役社長最高経営責任者(CEO))
十万真司(代表取締役)
箱田大典(代表取締役)
資本金 100億円
売上高 連結:1,985億27百万円
単独:1,337億09百万円
(2012年3月期)
総資産 連結:2,080億92百万円
単独:1,622億10百万円
(2012年3月31日現在)
従業員数 連結:4,995名 単独:2,020名
(2012年3月31日現在)
決算期 3月31日
主要株主 BNPパリバ6.85%
東海旅客鉄道4.13%
日本トラスティ・サービス信託銀行(信託口) 4.04%
(2015年12月31日現在)
主要子会社 ナブテスコオートモーティブ(株) 100%
東洋自動機(株) 100%
Gilgen Door Systems AG 100%
ナブコドア(株) 100%
ナブテスコサービス(株) 100%
外部リンク http://www.nabtesco.com/
テンプレートを表示

目次

概要編集

2003年に株式会社ナブコ帝人製機株式会社が株式移転により経営統合する際に純粋持株会社として設立、2004年にナブコと帝人製機から社名変更したティーエスコーポレーションの2社を吸収合併し、事業持株会社となる。

航空機の飛行姿勢を制御するフライト・コントロール・アクチュエーターでは世界有数のメーカーであり、産業用ロボットの関節などに世界中で使用される精密減速機は世界市場トップとなる約60%のシェアを占める。鉄道車両用機器では、新幹線・在来線等においてブレーキ装置で約50%、ドア開閉装置で約70%の国内市場シェアを持つほか、建物用自動ドア開閉装置では、約50%の国内市場シェアを持ち、自動ドアのマークはNABCOブランドとして知られている。

沿革編集

  • 2003年平成15年)9月29日 - ナブテスコ株式会社設立
  • 2004年(平成16年)10月1日 - ナブコ、TSCを簡易吸収合併(両社の事業を当社にて統合)
  • 2009年(平成21年)12月1日 - 商用車用機器事業を分社化、ナブテスオートモーティブを設立
  • 2011年(平成23年)4月1日 - スイス・KABA社より自動ドア部門を買収、Gilgen Door Systems AGを設立
  • 2016年(平成28年)4月1日 - 東日本地区販売代理店のナブコシステムの株式を追加取得し連結子会社化[1]

製品編集

国内拠点編集

番組スポンサー編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 平成28年12月期第1四半期報告書”. ナブテスコ株式会社 (2016年5月12日). 2018年4月11日閲覧。

参考文献編集

  • 70年史編纂委員会『ナブコ70年史:1925 - 1996』ナブコ、1997年10月。

外部リンク編集