メインメニューを開く

ナヘラスペイン語:Nájera)は、スペインラ・リオハ州ムニシピオ(基礎自治体)。州内のリオハ・アルタ地区にあり、ナヘリリャ川が流れる。サンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路の宿場の一つである。バスク語ではナハラ(Naiara)。

Nájera

Najera.png

Monasterio najera3 lou.jpg
Flag of La Rioja (with coat of arms).svg ラ・リオハ州
Flag of La Rioja (with coat of arms).svg ラ・リオハ県
面積 37.44 km²
標高 485mm
人口 8,268 人 (2014年)
人口密度 220.83 人/km²
Nájeraの位置(スペイン内)
Nájera
Nájera
スペイン内ナヘラの位置
ラ・リオハ州内)
Nájera
Nájera
リオハ県内ナヘラの位置

北緯42度25分00秒 西経2度44分00秒 / 北緯42.41667度 西経2.73333度 / 42.41667; -2.73333座標: 北緯42度25分00秒 西経2度44分00秒 / 北緯42.41667度 西経2.73333度 / 42.41667; -2.73333

歴史編集

ローマ時代に定住地トリティウム(Tritium)がつくられた。その後イスラム支配時代にナヘラというアラビア語起源の名が与えられた。

923年、レオンオルドニョ2世がナヘラを征服した。アタプエルカの戦い後、1054年にカスティーリャ王国に占領されるまで、ナヘラにはナバラ王国の首都が置かれていた。しかし、それでもナヘラには東西の文化が共存し続けた。1142年、フランス人聖職者モンボワッシエのピエールが訪問している。彼は重要なイスラム文書の翻訳(コーランのヨーロッパ言語への最初の翻訳を含む)を命じられてスペインを訪れたとされる。彼はナヘラで4人の翻訳家と面会したと推測されている。10世紀から、ナヘラは栄えたユダヤ人共同体を持ち、キリスト教徒によるレコンキスタ後には彼らは合法的な地位を授けられていた。

1367年4月3日に起きたナヘラの戦いで、イングランドエドワード黒太子と同盟したカスティーリャ王ペドロ1世が、エンリケ・デ・トラスタマラ率いるフランス軍と激突し、大勝した。

史跡編集

サンタ・マリーア・ラ・レアル修道院スペイン語版は1052年にナバーラ王ガルシア・サンチェス3世es)が建設した。この教会は事実上司教座であり、19世紀に反教会権運動が起こるまで修道会の影響下に置かれていた。ナバーラ王サンチョ6世、レオン王ベルムード3世ら歴代の王の霊廟があり、エル・エスコリアル修道院と比較される。現在は国の史跡に認定されている。

その他にアルカサル、サンタ・エレーナ修道院がある。

外部リンク編集