ナムジョン(Nam Jung、漢字表記:娜木鍾、? - 1674年)は、の太宗ホンタイジの側室。元はチャハル部のリンダン・ハーンの妻。モンゴルのボルジギト(博爾済吉特)の出身。父はアバガ部のドルジ・エチケ・ノヤン。

生涯編集

初め、リンダン・ハーンに嫁ぎ、福晋(8人の大福晋の一つ)となった。女子を1人産んだ。

1634年、リンダン・ハーンはチベット遠征に出発し、青海に入ろうとしたが、その途上シャラ・タラの草原で病死した。リンダンが不在のモンゴルでは、ホンタイジ率いる後金軍がフヘ・ホトを占領した。その時、ナムジョンは妊娠中であった。翌年春、男子を1人産んだ。同年3月、ナムジョンは後金に降って、ホンタイジと政略結婚し、側室となった。

崇徳元年(1636年)、麟趾宮貴妃に封ぜられた。順治9年(1652年)10月、皇考懿靖大貴妃に尊封された。康熙13年(1674年)11月20日、北京で薨去した。

子女編集

  • 淑済(1643年、徳参済旺の息子と結婚した)
  • アブナイ
    • いずれもリンダン・ハーンとの子女
  • 固倫端順長公主
  • ボムボゴル(襄親王)
    • いずれもホンタイジとの子女

出典編集

  • 清史稿
  • 『尊封懿靖大貴妃冊文』