ナルコス:メキシコ編

ナルコス:メキシコ編』はCarlo Bernardとダグ・ミロによって創作されたアメリカ合衆国の犯罪ドラマシリーズである。

ナルコス:メキシコ編(Narcos: Mexico)
ジャンル 犯罪ドラマ
原案
出演者
ナレーター スクート・マクネイリー
国・地域 アメリカ合衆国
シーズン数 2
話数 20(各話リスト)
各話の長さ 45-65分
製作
製作総指揮
撮影地
  • メキシコ
  • アメリカ合衆国
製作 Gaumont International Television
配給 Netflix
放送
放送チャンネル Netflix
放送期間 2018年11月16日 (2018-11-16) - 現在
公式ウェブサイト
番組年表
前作 ナルコス
テンプレートを表示

概要編集

『ナルコス:メキシコ編』は現代メキシコの麻薬戦争を、独立した数多くの中小の麻薬組織が乱立していた1980年代前半にさかのぼって描く。当初は『ナルコス』のシーズン4として企画されていた。『ナルコス』のシーズン1から3がコロンビアの麻薬戦争を扱っていたのに対し、本シリーズはメキシコの麻薬戦争を描く。

2018年11月16日にNetflixで配信開始された[1]。2018年12月5日、シーズン2の製作が発表され[2]、2020年2月13日に配信された[3]

あらすじ編集

シーズン1編集

1981年、グアダラハラ・カルテルは強力な指導者ミゲル・アンヘル・フェリクス・ガジャルドを得て、抗争を経て多くの麻薬組織"プラサ"を統合する。フェリクスは腐敗したメキシコ政府当局を取り込み、アメリカを市場としてマリファナを輸出して巨益をあげる。やがてフェリクスはコロンビアのカリ・カルテルメデジン・カルテルのコカインのアメリカへの輸送にも乗り出す。アメリカDEA捜査官でメキシコ系のエンリケ・"キキ"・カマレナは身重の妻と息子とともにカリフォルニアからメキシコのDEAグアダラハラ支局に赴任して捜査に加わるが、メキシコの構造的な腐敗に直面する。キキはフェリクスの捜査を進め、広大なマリファナ畑を壊滅させるが、報復として誘拐され拷問・殺害される。キキの妻や上司の奔走がアメリカ・メキシコ両政府を動かし、幹部のドン・ネトやラファは逮捕され、組織は危機に陥る。だがフェリクスは政府幹部が自分に協力した証拠を使って逮捕を逃れ、緩みかけた組織を守る。キキの上司も、DEAに協力したメキシコ司法警察のカルデローニも転出させられる。キキの死によって長年にわたるメキシコ麻薬戦争が始まり、DEAはフェリクスとグアダラハラ・カルテルを追う新チームの指揮官"ウォルト・ブレスリン"と彼の部下達をメキシコに派遣し、"レジェンダ作戦"を開始する。

シーズン2編集

キキ殺害の報復のためにDEAはレジェンダ作戦を立て、指揮するウォルト・ブレスリンは誘拐と拷問をもためらわずに殺害犯を探す。殺害の経緯を知る、国防大臣の甥を逮捕するが、捜査はアメリカ国務省によって終結させられる。

アメリカ国境に面するティフアナ・プラサを通るシナロア・プラサの麻薬にフェリクスが税を課して両プラサ間に緊張が高まる。シナロア・プラサの幹部のエル・チャポはティフアナを通さないためにトンネルを掘る。ウォルトは両プラサを対立させるためにトンネルの存在をリークし、ティフアナ・プラサはトンネルを破壊する。シナロア・プラサのパルマはフアレス・プラサのアコスタと組み、フェリクスに対抗しようとする。これをかぎつけたフェリクスはパルマとアコスタの殺害を命じる。アコスタはウォルトに接近し新聞に暴露記事を載せるが、メキシコ連邦警察とこれに協力するFBIに襲撃されて殺される。

麻薬の押収が増えてフェリクスは苦境に落ちる。フェリクスはマリアと離婚し、イサベラはフェリクスに隠れ、ティフアナ・プラサと組んでアメリカにコカインを輸出しようとする。フェリクスはCIAによるニカラグアコントラへの武器輸送を請け負ってCIAに食い込む。ライバルのガルフ・カルテルの指導者フアン・ゲラに近い大統領候補の当選を不正行為で防ぐ。カリ・カルテルのパチョと交渉し、そのコカイン輸送をめぐってガルフ・カルテルと張り合う。アマドに命じてカリ・カルテルの大量のコカインをアメリカに空輸する。ウォルトはアマドの飛行機に追跡装置をつけるが、囮に騙されてチームのほとんどは殺され、ウォルトは閑職に左遷される。

フェリクスのタレコミにより、ロサンゼルスでカリ・カルテルの大量の麻薬と金が押収されたため、輸送費を払えなくなったカリ・カルテルはフェリクスにアメリカでの販売権を分け与える。フェリクスはパルマを赦す代わりにその妻子を殺して見せしめとし、マリアは再びフェリクスから去る。フェリクスは各プラサを集めて会合を開くが、反発したアルジャーノ・フェリクス兄弟のティフアナ・カルテル、エル・チャポのシナロア・カルテル、そしてアマドのフアレス・カルテルはすべて連合から抜ける。フアレス・カルテルはカリ・カルテルのアメリカへの麻薬輸送を請け負う。ティフアナ・カルテルはイサベラをティフアナから追い出す。メキシコがNAFTAへの加盟を望んだため、フェリクスはカルデローニに逮捕される。現場に復帰したウォルトに刑務所で会ったフェリクスは、カルテル間の抗争によるメキシコ麻薬戦争の激化を予想する。

登場人物編集

マイケル・ペーニャ (左) と ディエゴ・ルナ(右)が主演する。

アメリカ人編集

エンリケ・(キキ)・カマレナ
演 - マイケル・ペーニャ、日本語吹替 - 石上裕一
DEA(麻薬取締局)捜査官。アメリカで出世に悩み、妻と共にグアダラハラ支局に赴任する。フェリクスの組織について貴重な情報を集めた実在の人物。シーズン1の主人公。
ウォルト・ブレスリン
演 - スクート・マクネイリー、日本語吹替 - 津田健次郎
DEA捜査官、ナレーター。シーズン2の主人公でレジェンダ作戦の指揮官。
ミカ・カマレナ
演 - アリッサ・ディアス、日本語吹替 - 中村千絵
キキの妻。
ジェームズ(ハイメ)・クイケンダール
演 - マット・レッシャー英語版、日本語吹替 - 三上哲
DEAグアダラハラ支局長でキキの上司。
ジョン・ギャヴィン
演 - ユル・ヴァスケス
アメリカ合衆国在メキシコ大使。
ケニー
演 - アレックス・ナイト
DEA捜査官。ウォルトの部下。
サル
演 - ジェシー・ガルシア
DEA捜査官。ウォルトの部下。
ダリル
演 - マット・ビエーデル
DEA捜査官。ウォルトの部下。
ビル・シュテックナー
演 - エリック・ラング
CIAコロンビア支局長。

メキシコ人およびコロンビア人編集

ミゲル・アンヘル・フェリクス・ガジャルド
演 - ディエゴ・ルナ
グアダラハラ・カルテルの指導者で最初のカルテルの創設者。シナロア州出身の元警察官。シーズン1と2の主人公。
ギレルモ・ゴンザレス・カルデローニ
演 - フリオ・セディーヨ
フェリクスに近いが、DEAに協力するメキシコ司法警察幹部。
マリア
演 - フェルナンダ・ウレホラ
フェリクスの妻。
イサベラ
演 - テレサ・ルイズ
フェリクスのガールフレンド。
ドン・ネト
演 - ホアキン・コシオ
グアダラハラ・カルテルの幹部、アマド・カリージョ・フエンテスの叔父。
ラファ
演 - テノッチ・ウエルタ
グアダラハラ・カルテルの幹部、マリファナ栽培を担当。
アマド・カリージョ・フエンテス
演 - ホセ・マリア・ヤスピク
フェリクスの部下、のちのフアレス・カルテルの指導者。
パブロ・アコスタ
演 - Gerardo Taracena
アマドのパートナーでメンター。フアレス・カルテルの指導者。
ヘクトル・ルイス・パルマ・サラザール
演 - Gorka Lasaosa
シナロア・カルテルの指導者
ホアキン・グスマン “エル・チャポ”
演 - Alejandro Edda
フェリクスの部下、のちのシナロア・カルテルの指導者。
ベンハミン・アルジャーノ・フェリクス
演 - アルフォンソ・ドーサル
ティフアナ・カルテルの指導者。
ラモン・アルジャーノ・フェリクス
演 - マヌエル・マサルバ
ティフアナ・カルテルの指導者。
エネディナ・アルジャーノ・フェリクス
演 - マヌエル・マサルバ
ベンハミンの妹、ラモンの姉。ティファナ・カルテルの指導者。
サルバドール・オスナ・ナバ
演 - アーネスト・アルテリオ
メキシコ国家安全調査局局長でフェリクスの協力者。
パチョ・エレラ
演 - アルベルト・アンマン
カリ・カルテルの流通と警備担当幹部。『ナルコス』にも登場。
フアン・ネポムセーノ・ゲーラ
演 - Jesús Ochoa
ガルフ・カルテルの指導者。

エピソード編集

シーズン1のエピソード編集

通算
話数
タイトル監督脚本放送日
1"キャメロット"
"Camelot"
Josef Kubota WladykaEric Newman & Clayton Trussell2018年11月16日 (2018-11-16)
2"プラザ合意"
"The Plaza System"
Josef Kubota WladykaCarlo Bernard & ダグ・ミロ2018年11月16日 (2018-11-16)
3"ゴッドファーザー"
"El Padrino"
Andrés BaizAshley Lyle & Bart Nickerson2018年11月16日 (2018-11-16)
4"ラファ、ラファ、ラファ!"
"Rafa, Rafa, Rafa!"
Andrés BaizScott Teems2018年11月16日 (2018-11-16)
5"コロンビアへ"
"The Colombian Connection"
アマト・エスカランテAndy Black2018年11月16日 (2018-11-16)
6"運命の国境"
"La Última Frontera"
アマト・エスカランテJessie Nickson-Lopez & Clayton Trussell2018年11月16日 (2018-11-16)
7"大ボス"
"Jefe de Jefes"
Alonzo RuizspalaciosAshley Lyle, Bart Nickerson & Clayton Trussell2018年11月16日 (2018-11-16)
8"ノーと言おう"
"Just Say No"
Alonzo Ruizspalaciosダグ・ミロ2018年11月16日 (2018-11-16)
9"ロペ・デ・ベガ 881番地"
"881 Lope de Vega"
Andrés BaizClayton Trussell2018年11月16日 (2018-11-16)
10"レジェンダ作戦"
"Leyenda"
Andrés BaizCarlo Bernard2018年11月16日 (2018-11-16)

シーズン2のエピソード編集

通算
話数
シーズン
話数
タイトル監督脚本放送日
111"セイブ・ザ・タイガー"
"Salva El Tigre"
Andrés BaizCarlo Bernard & Johnny Newman2020年2月13日 (2020-02-13)
122"賽(さい)は投げられた"
"Alea Iacta Est"
アマト・エスカランテEric Newman & Eva Aridjis2020年2月13日 (2020-02-13)
133"ルーベン・スノ・アルセ"
"Ruben Zuno Arce"
アマト・エスカランテClayton Trussell2020年2月13日 (2020-02-13)
144"コカイン地下道"
"The Big Dig"
Marcela Saidダグ・ミロ & Alec Ziff2020年2月13日 (2020-02-13)
155"アレジャノ・フェリクス兄弟"
"AFO"
Marcela SaidCarlo Bernard & Clayton Trussell & Johnny Newman2020年2月13日 (2020-02-13)
166"最適な候補"
"El Dedazo"
Andrés BaizCarlo Bernard2020年2月13日 (2020-02-13)
177"真実と和解"
"Truth and Reconciliation"
アマト・エスカランテClayton Trussell2020年2月13日 (2020-02-13)
188"政治体制の崩壊"
"Se Cayó El Sistema"
アマト・エスカランテダグ・ミロ2020年2月13日 (2020-02-13)
199"成長、反映、自由"
"Growth, Prosperity, and Liberation"
Andrés BaizClayton Trussell2020年2月13日 (2020-02-13)
2010"自由貿易協定"
"Free Trade"
Andrés BaizCarlo Bernard2020年2月13日 (2020-02-13)

製作編集

準備編集

2016年9月6日、『ナルコス』のシーズン2の配信開始の直後、Netflixはシーズン3および4の更新を決定した[4]。シーズン4の製作は2017年の後半、シーズン3の配信開始後に始まった。2018年7月18日、シーズン4は新シリーズ『ナルコス:メキシコ編』としてキャストを一新することが発表された[5]

キャストおよびクルー編集

2017年12月、マイケル・ペーニャディエゴ・ルナの主演が発表された[6] 。数日後、Matt Letscherのレギュラー出演が発表された[7]。 他には Tenoch Huerta Mejía、 Joaquín Cosío、Teresa Ruiz、Alyssa Diaz、José María Yazpikが出演する[8]

メキシコ人監督のアマト・エスカランテとAlonso Ruizpalaciosらが監督をする[8]

ロケーション調査スタッフの殺害編集

2017年9月15日、シリーズのロケーション場所調査スタッフのCarlos Muñoz Portalが、メキシコ中央部のTemascalapaの郊外で複数の銃弾を受けて殺された[9][10]。メキシコの司法長官は、目撃者はいないが捜査は継続すると発表した[11]。麻薬ギャングの事件へのかかわりが取りざたされている [12]。2018年5月現在事件は解明されていない[8]

出典編集

  1. ^ Russell, Scott (2018年9月6日). “A New Empire Rises in First Teaser for Narcos: Mexico, Coming to Netflix in November”. Paste. 2018年9月6日閲覧。
  2. ^ Otterson, Joe (2018年12月5日). “‘Narcos: Mexico’ Renewed for Season 2 at Netflix”. Variety. 2018年12月5日閲覧。
  3. ^ 'Narcos: Mexico' Season 2 looks set to hit Netflix in February 2020”. Entertainment.ie (2019年12月7日). 2019年12月8日閲覧。
  4. ^ Hibberd, James (2016年9月6日). “Narcos Renewed for Two More Seasons”. Entertainment Weekly. 2016年9月7日閲覧。
  5. ^ Strause, Jackie (2018年7月18日). “Netflix Releases First Look at Reset 'Narcos: Mexico'”. The Hollywood Reporter. 2018年7月18日閲覧。
  6. ^ Otterson, Joe (2017年12月19日). “'Narcos' Season 4 to Star Michael Peña, Diego Luna”. Variety. 2018年7月18日閲覧。
  7. ^ Andreeva, Nellie (2018年1月3日). “'Narcos': Matt Letscher Joins Netflix Drama As Series Regular For Season 4”. Deadline Hollywood. 2018年7月18日閲覧。
  8. ^ a b c De la Fuente, Anna Marie (2018年5月17日). “'Narcos' Showrunner Reveals Key Cast Members Joining Season 4 (EXCLUSIVE)”. Variety. 2018年7月19日閲覧。
  9. ^ La violencia en México supera a la ficción”. EL PAÍS (2017年9月11日). 2020年6月20日閲覧。
  10. ^ Narcos filmmaker shot dead scouting for locations in rural Mexico”. The Telegraph (2017年9月17日). 2018年10月19日閲覧。
  11. ^ Collins, Pádraig (2017年9月17日). “Netflix scout for Narcos TV show found shot dead in Mexico”. The Guardian. 2018年7月19日閲覧。
  12. ^ Narcos location scout shot dead in Mexico”. BBC News (2017年9月17日). 2018年10月19日閲覧。

外部リンク編集