メインメニューを開く

ナワーブ・バーイー(Nawab Bai, 1620年 - 1691年10月あるいは11月)は、北インドムガル帝国の第6代皇帝アウラングゼーブの妃。スルターンバハードゥル・シャー1世バドルンニサー・ベーグムの母でもある。ラージ・マハル(Raj Mahal)、ラフマトゥンニサー・ベーグム(Rahmat un-nisa Begum)とも呼ばれる。

生涯編集

1620年カシミール地方ラージャウリーを支配したヒンドゥー教徒の領主(ラージャ)の娘として生まれる[1]

1638年12月26日、ナワーブ・バーイーはアウラングゼーブと結婚した[1]。これはアウラングゼーブにとって2度目の結婚となった。

1691年10月あるいは11月、アウラングゼーブに先立ってデリーで死亡した[1]

出典・脚注編集

  1. ^ a b c Delhi 7