ナンタケット島出身のアーサー・ゴードン・ピムの物語

ナンタケット島出身のアーサー・ゴードン・ピムの物語』(ナンタケットとうしゅっしんのアーサー・ゴードン・ピムのものがたり、The Narrative of Arthur Gordon Pym of Nantucket )は、1838年に刊行されたエドガー・アラン・ポー冒険小説。「ゴードン・ピムの冒険」等の日本語タイトルもある。ポー唯一の長篇小説だが、未完とも取れるようなあいまいな結末を持つ。1890年代にはジュール・ヴェルヌが(『氷のスフィンクス』)、1990年代にはルーディ・ラッカーが(『空洞地球』)それぞれ続編ないし解決編を書いている。

ナンタケット島出身のアーサー・ゴードン・ピムの物語
The Narrative of Arthur Gordon Pym of Nantucket
初版の複製
初版の複製
作者 エドガー・アラン・ポー
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
ジャンル 長編小説冒険小説
初出 1837年
刊行 ハーパー&ブラザーズ 1838年7月
訳者 大西尹明
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

この作品にはカニバリズムが出てくるが、大岡昇平は代表作『野火』の中で、この作品が全体のワクになっていると書いている[1]

あらすじ編集

主人公アーサー・ゴードン・ピムが密航した捕鯨船で船員の反乱が起こり、更に暴風雨に遭遇して遭難、漂流する。生き残ったピムらはジェイン号に救出されたものの、そのまま南極探検に向かうことになる。しかしジェイン号乗組員のほとんどは、白いものを異常に恐がる原住民によって全滅する。からくも脱出したピムは、南の果てで不思議なものを目撃する。

日本語訳編集

  • 大西尹明
    • 「ゴードン・ピムの冒険」 - 『世界大ロマン全集16』(東京創元社、1957年)に収録
    • 「ナンタケット島出身のアーサー・ゴードン・ピムの物語」 - 『ポオ小説全集2』(創元推理文庫、1974年)に収録
  • 高松雄一訳「ナンタケット生まれのアーサー・ゴードン・ピムの物語」 - 『世界文学全集 14』(講談社、1969年)に収録

などの日本語訳がある。

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ 渡辺利雄『アメリカ文学に触発された日本の小説』(研究社2014年)pp.1-26。