ナンダ(南蛇、学名Ptyas mucosus)は、ナミヘビ科ナンダ属に分類されるヘビ

ナンダ
ナンダ
ナンダ Ptyas mucosus
保全状況評価
ワシントン条約附属書II
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 爬虫綱 Reptilia
: 有鱗目 Squamata
亜目 : ヘビ亜目 Serpentes
: ナミヘビ科 Colubridae
: ナンダ属 Ptyas
: ナンダ P. mucosus
学名
Ptyas mucosus
(Linnaeus, 1758)
和名
ナンダ
英名
Oriental ratsnake

分布編集

アフガニスタンイランインドインドネシアジャワ島スマトラ島)、カンボジアタイ中国南部、台湾トルクメニスタンネパールパキスタンバングラデシュベトナムマレーシアマレー半島)、ミャンマーラオス

形態編集

最大全長320cm。体色は黒や褐色。下半身や尾には不鮮明な横縞が入り、尾では網目状の斑紋になることもある。

眼は大型で、視覚は優れている。上下の唇にある鱗(上唇板、下唇板)の間は黒い。

 
形態

生態編集

草原森林、農耕地など様々な環境に生息する。餌となるネズミが繁殖している都市部でもよく見られる。地表棲。昼行性。外敵に襲われると素早く逃げるが、気性は荒い。

食性は幅広く、両生類、爬虫類、鳥類、小型哺乳類など様々な脊椎動物を捕食する。獲物は締め殺さず押さえつけながら食べる。

繁殖形態は卵生で、1回に6-14個の卵を産む。

人間との関係編集

中国では食用とされることもある。調理法としては唐揚げ等がある。食用の乱獲のため、生息数は激減している。

ペットとして飼育されることもあり、日本にも輸入されている。主に野生個体が流通し、生息地では保護されているため、流通量は少ない。性質は神経質で荒く、ハンドリング等には向かない。よく食べ、よく糞を出す。飼育は難しくない。

参考文献編集

  • 『小学館の図鑑NEO 両生類はちゅう類』、小学館、2004年、123頁。
  • 山田和久『爬虫・両生類ビジュアルガイド ヘビ』、誠文堂新光社、2005年、96頁。

関連項目編集

外部リンク編集