メインメニューを開く

ナント三大陸映画祭(ナントさんたいりくえいがさい、Festival des 3 Continents)は、フランスナント1979年から開催されている映画祭アジアアフリカラテンアメリカの三大陸の作品に特化している。フィリップ・ジャラドーとアラン・ジャラドー兄弟によって設立された。毎年11月から12月ごろに開催される。

金の気球賞(グランプリ)、銀の気球賞(準グランプリ)、監督賞、審査員特別賞、主演女優賞、主演男優賞、若い観客賞、ナント市民賞などの部門がある。2003年からドキュメンタリー部門が追加されたが、2007年にはフィクション部門と統合された[1]2000年以降、大スポンサーであったたばこ産業の降板や、経済状況の悪化により、参加者の宿泊補助や食事補助などの削減、パーティーの質素化など経費削減が図られ始めた[2]。入場者数も2002年の4万人をピークに減少し続け、2009年には2万8000人にまで落ち込んだ[3]2008年に赤字が嵩んだことを受け、後援するナント市に3年での立て直しを求められ、創設者のジャラドー兄弟が運営から退いた[2]2009年から経費節減により監督賞・女優賞・男優賞の3賞が消滅した。

受賞結果編集

金の気球賞(グランプリ)編集

作品 監督
1 1979年 Baara スレイマン・シセ   マリ
2 1980年 Chafika et Metwal Ali Badrakhane   エジプト
3 1981年 Eles Não Usam Black-Tie レオン・ヒズマンポルトガル語版   ブラジル
Plae kao チュート・ソンスィー英語版タイ語版   タイ
4 1982年 Imagi ningthem Aribam Syam Sharma   インド
5 1983年 Angela Markado リノ・ブロッカ英語版   フィリピン
6 1984年 Les Baliseurs du désert ナセル・ケミール英語版   チュニジア
風櫃の少年 侯孝賢   台湾
7 1985年 駆ける少年 アミール・ナデリ   イラン
冬冬の夏休み 侯孝賢   台湾
8 1986年 野山 Yan Xueshu   中国
9 1987年 Anayurt Oteli オメル・カーブル英語版   トルコ
10 1988年 ルージュ スタンリー・クワン   香港
11 1989年 水、風、砂 アミール・ナデリ   イラン
12 1990年 ウンタマギルー 高嶺剛   日本
13 1991年 Wu ge nu zi he yi gen sheng zi Yeh Hung-wei   台湾
14 1992年 血祭りの朝 リー・シャオホン英語版中国語版   中国
15 1993年 北京好日 ニン・イン英語版中国語版   中国
16 1994年 Dos crímenes ロベルト・スネイデル   メキシコ
17 1995年 差出人のない手紙 カルロス・カレラ英語版スペイン語版   メキシコ
18 1996年 トゥルー・ストーリー アボルファズル・ジャリリ   イラン
19 1997年 メイド・イン・ホンコン フルーツ・チャン   香港
20 1998年 ワンダフルライフ 是枝裕和   日本
一瞬の夢 賈樟柯   中国
21 1999年 ルナ・パパ バフティヤル・フドイナザーロフ英語版   タジキスタン
22 2000年 プラットホーム 賈樟柯   中国
23 2001年 少年と砂漠のカフェ アボルファズル・ジャリリ   イラン
24 2002年 仲間たちのシルクロード マラ・サリュリュフランス語版   キルギス
25 2003年 7デイズ、7ナイツ ホエル・カノ   キューバ
26 2004年 日日夜夜 ウォン・チャオ英語版   中国
27 2005年 Melegin düsüsü セミフ・カプランオール   トルコ
28 2006年 埋葬のための数キロのナツメ サマン・サルール   イラン
29 2007年 罪と罰 ツァオ・リャン英語版   中国
30 2008年 パーク・ビア エンリケ・リベロ   メキシコ
31 2009年 バンドゥービ シン・ドンイル   韓国
32 2010年 川の抱擁 ニコラス・リンコン・ギレ   コロンビア
33 2011年 サウダーヂ 富田克也   日本
34 2012年 三姉妹 雲南の子 王兵   中国
35 2013年 ほとりの朔子 深田晃司   日本
36 2014年 自由が丘で ホン・サンス   韓国
37 2015年 路边野餐 畢贛   中国
38 2016年 In the last days of the city テイマーエルサイード   エジプト
39 2017年 驯马/馴馬 Tao Gu   中国
40 2018年 Memories of my Body Garin Nugroho   インドネシア
41 2019年 恐龙蛋 ワン・チュアンアン   中国

銀の気球賞(準グランプリ)編集

作品 監督
1989年 A ay   トルコ
Finzan   マリ
1999年 AKSUT セリック・アポリモフ   カザフスタン
2001年 見る ゴータム・ゴース   インド
2002年 入学試験 ナセル・レファイ   イラン
2003年 沈黙の水 サビハ・スマル英語版   パキスタン
2004年 ボンボン カルロス・ソリン英語版スペイン語版   アルゼンチン
2005年 さよならみどりちゃん 古厩智之   日本
2006年 その間に ディエゴ・レルマン英語版スペイン語版   アルゼンチン
2007年 Bunny Chow Know Thyself ジョン・バッカー   南アフリカ共和国
2008年 稟愛 フォン・イェン   中国
2009年 飛ぶことを夢見る盲目のブタ エドウィン   インドネシア
2010年 木製のナイフ/108 レナーテ・コサタ   パラグアイ
2011年 人山人海 蔡尚君   中国
2012年 Beauty Daniela Seggiaro   アルゼンチン
2013年 収容病棟 王兵   中国
2014年 Song of my Mother Erol Mintas   トルコ
2015年 ハッピーアワー 濱口竜介   日本
2016年 ディストラクション・ベイビーズ 真利子哲也   日本
2017年 嘉年华 文晏   中国
2018年 Three Adventures of Brooke Yuan Qing   中国
2019年 143 Sahara Street Hassen Ferhani   アルジェリア

審査員特別賞編集

作品 監督
1990年 達磨はなぜ東へ行ったのか ペ・ヨンギュン   韓国
1999年 どこまでもいこう 塩田明彦   日本
2000年 プラットホーム 賈樟柯   香港
2001年 害虫 塩田明彦   日本
2003年 ミ ン ホー・ユアン   マレーシア
2004年 二者択一 アレッホ・エルナン・タウベ   アルゼンチン
2007年 Chouga ダルジャン・オミルバエフ英語版   カザフスタン
2008年 中国はまだ遠い マルク・ベンスマール   アルジェリア
2011年 Girimunho ヘルヴェチオ・マリン
クラリサ・カンポリーナ
  ブラジル
2012年 眠れぬ夜 チャン・ゴンジェ   韓国
2013年 Je ne suis pas lu Tayfun Pirselimoglu   トルコ

主演女優賞編集

受賞者 作品
1986年 フェルナンダ・トーレス英語版ポルトガル語版 Com Licença, Eu Vou à Luta   ブラジル
1987年 カン・スヨン シバジ   韓国
1990年 イ・パンヨン 達磨はなぜ東へ行ったのか   韓国
1996年 上村美穂 おかえり   日本
1998年 ホー・ホォンジャン シャオ・ウー
1999年 ロサリオ・ブレファリスペイン語版 シルビア・プリエ   アルゼンチン
2000年 風見章子 忘れられぬ人々   日本
2001年 宮崎あおい 害虫   日本
2002年 ツォー・ウェンキャン 上海に生きる女性   中国
2003年 寺島しのぶ ヴァイブレータ   日本
2004年 ゴルシフテ・ファラハニ ブティック   イラン
2005年 星野真里 さよならみどりちゃん   日本
2006年 サリー・デヴィ オペラ・ジャワ   インドネシア
2007年 オ・ジョンヘ 千年鶴   韓国
2008年 樹木希林 歩いても 歩いても   日本

主演男優賞編集

受賞者 作品
1998年 モシヒ・イヴジィ ヨム・ヨム   イスラエル
1999年 グリミラ・アポリモフ AKSUT   カザフスタン
2000年 青木富夫三橋達也大木実 忘れられぬ人々   日本
2001年 チェン・ツアイシェン シーフード   モロッコ
ムハメド・マジャド ウインド・ホース   モロッコ
2002年 ファン・チィウェイ中国語版 勇気ある20歳   台湾
2003年 エルジャン・ベクムラトフ 小市民   カザフスタン
2004年 フアン・ビジェガス英語版 ボンボン   アルゼンチン
2006年 ナウエル・ペレ・ビスカヤースペイン語版   アルゼンチン
2007年 "Bunny Chow Know Thyself" の俳優たち   南アフリカ共和国
2008年 ノルベルト・コリア パーク・ビア   メキシコ

ドキュメンタリー賞編集

作品 監督
2003年 铁西区 王兵   中国
2004年 Final solution ラケッシュ・シャルマ   インド
2005年 チーズとうじ虫 加藤治代   日本
2006年 La Boîte jaune Ting-fu Huang   台湾
Actes des hommes Kiko Goifman   ブラジル

出典編集

  1. ^ 桂直之 (2007年12月3日). “ナント三大陸映画祭報告2007”. 河北新報 / シネマに包まれて. 2013年11月29日閲覧。
  2. ^ a b 桂直之 (2009年12月4日). “歴史、どう生かす? 来年に期待”. 河北新報 / シネマに包まれて. 2013年11月29日閲覧。
  3. ^ 桂直之 (2009年12月4日). “魅力ある作品の収集を”. 河北新報 / シネマに包まれて. 2013年11月29日閲覧。

外部リンク編集