メインメニューを開く

ナンバリング

ウィキメディアの曖昧さ回避ページ

ナンバリング (numbering)

一般編集

  • 番号を割り振ること。漏れなく重複無く番号を与え識別を容易にすることが目的である。
  • 計算可能性理論などにおいて、数学的対象に自然数を割り振ること。ナンバリング (計算可能性理論)を参照。
  • 書類や券面に番号を刻印するための事務機器。一定回数刻印する毎に自動的に番号が1繰り上がるようになっている。ナンバリングスタンプとも呼ばれる。

ナンバリングの例編集

  • 電話番号 - 電話網において、固定電話の加入者線、携帯電話などの移動体通信・IP電話の特定のサービスアカウント、電気通信サービスを選択・接続するために用いられる有限の数値配列による識別子
  • 駅ナンバリング - 通常の駅名とは別に、駅や路線の識別のためのアルファベットや数字をつけること。
  • 高速道路ナンバリング - 各路線にそれぞれ番号を付与し、利用者への道案内を円滑に行うためのシステムおよび路線番号案内標識
  • バッハ作品主題目録番号 - ヨハン・ゼバスティアン・バッハの作品に後から振られた識別番号。国際的に普及しており、研究や曲紹介などで活用されている。
  • 周期表 - 元素を、それぞれが持つ物理的または化学的性質が似たもの同士が並ぶように決められた規則(周期律)に従って配列した表。