メインメニューを開く

ナンバーファイブ 吾』(なんばーふぁいぶ)は、松本大洋による長編漫画。『スピリッツ増刊IKKI』2000年第1号から『月刊IKKI』2005年3月号まで掲載された。遠い未来の地球で起こる、人工的に作り出された超人たちの戦いと葛藤を通して、命の宿命とすすむべき未来を描いた作品。激しくスピーディな戦闘シーンと、幻想的で繊細な世界描写が特徴。

目次

あらすじ編集

遠い未来。人類の起こした傍若無人な振る舞いによって、生命の生態系は崩れ、世界は崩壊の危機を迎えてしまう。この崩壊した世界から人類を救うため、9人の幹部組織「虹組」を頂点にした、特殊な能力を持つ人間達によって構成された組織「国際平和隊」がつくられる。かれらの活躍によって再び平和な日々が訪れたかにみえた。しかし、ある日「虹組」のメンバーであったひとりの男が、ひとりの女を連れ去って逃亡したことによって、それは揺らぎ始める。男の名はNo.吾(ナンバーファイブ)。女の名はマトリョーシカ。何故彼は反逆を企てたのか。

No.王の判断により、古いしきたりに従って、虹組隊員による一騎討ちで吾を仕留める手筈となる。冒頭、No.苦が送り込まれた決闘シーンから物語が始まる。

登場人物編集

No.吾(ナンバーファイブ)
本名はユーリ。本作の主人公。天才的な狙撃手。純粋な性格とともに冷徹な思考も併せ持つ。かつてビクトルの下に勤めていた過去を持つ。その後虹組に入り、虹組最強の戦闘部隊の隊長を務めていたが、突如反逆を行う。
マトリョーシカ
本名はマリー。本作のヒロイン。大食らいでころころとした体格。白痴のようにみえるが、少女の頃は並外れた知性を持っていた謎の多い存在。物語の鍵を握る女。

虹組編集

平和隊隊長9名によって組織される幹部組織。各隊長にはひとつずつナンバーが与えられる。

No.王(ナンバーワン)
本名はマイク・フォード・デイビス。虹組のリーダー。理想を追い、心から世界の平和を願う。総合的に能力が高く、人(特に少年少女)を惹きつける特異な才をもつ。
No.仁(ナンバーツー)
本名は尚昆(しょうこん)。虹組一の切れ者、知性派。バイクを愛するスピード狂。一方、冷笑的で厭世的な面も強い。虹組を遠くから眺めている。
No.惨(ナンバースリー)
本名はカルロス。格闘家。人工的に強化された肉体を持ち、接近戦では抜きんでた戦闘能力を持つ。体のパーツを交換することによって、様々な武装を装着する。
No.死(ナンバーフォー)
本名はアーイ兄弟。双子の妖術使い。既に老人であるが、普段はその妖術により子供の容姿に見せている。王とは強い心のつながりをもつ。
No.岩(ナンバーシックス)
本名はホーク。かつてNo.王の座にいた男。ネイティブアメリカンをモデルに描かれる、老獪な戦士。自分が一番優秀だとみなしており、現状に対する不満から、王への復帰を願っている。イナズマという愛馬に乗り、弓矢や斧を武器に戦う。白兵戦では無敵。
No.亡(ナンバーセブン)
本名はオムル。海を愛する心優しき男。アフロの黒人として描かれる。自らの思想により虹組から離脱する。
No.蜂(ナンバーエイト)
本名はロビン。巨漢。虹組一の怪力を誇る豪快な男。部下に慕われる。
No.苦(ナンバーナイン)
本名はヒロシ。クラシック音楽を愛する知性派。虹組の最年少メンバーで、将来を期待されている。

その他編集

ビクトル大佐
かつてのNo.仁。邪悪の心を持つ男。超人的な狙撃能力をもつ。ユーリの師匠。
ナザロフ
ユーリの親友。現在はビクトル大佐の部下。
ドミニク
No.蜂を慕う彼の部下。
レッドノーズ
No.吾を見張る諜報部員。
PAPA
本名フリートリッヒ・モント。ユーリ達を作り出した天才科学者。
ドノバン長官
軍の長官。超人達を嫌っている。

単行本編集

小学館より全8巻が刊行されている。また、これの内容を四冊にまとめた「新装版」が発売された。

  1. 2001年11月30日発行。ISBN 4091882013
  2. 2002年5月30日発行。ISBN 4091882021
  3. 2003年3月29日発行。ISBN 409188203X
  4. 2003年8月30日発行。ISBN 4091882048
  5. 2004年1月30日発行。ISBN 4091882056
  6. 2004年6月30日発行。ISBN 4091882064
  7. 2004年11月30日発行。ISBN 4091882072
  8. 2005年2月28日発行。ISBN 4091882080

関連項目編集