ナンヨウスギ属学名Araucaria)は、ナンヨウスギ科の1つ。学名からアラウカリア[1]、アロウカリアとも呼ばれる。

ナンヨウスギ属
Araucaria angustifolia.jpg
分類
: 植物界 Plantae
: 球果植物門 Pinophyta
: マツ綱 Pinopsida
: マツ目 Pinales
: ナンヨウスギ科 Araucariaceae
: ナンヨウスギ属 Araucaria
学名
Araucaria Juss.
和名
ナンヨウスギ属

本文参照

名称編集

属名のナンヨウスギ属は和名である[1]学名はアラウカリア(Araucaria)で、名の由来は諸説あり、本属の1種が自生しているチリ中部の州で、ラ・アラウカニア州マプーチェ語で「泥の水」の意である Arauco の地名に由来するという説や、チリの先住部族であるアラウカノ族またはアラウコ(アラウカーノ)語族を表わす部族名 Araucani Indians に因むという説がある[1]

形態編集

常緑の針葉樹で、ふつうは雌雄異株である[1]。種によっては樹高が60メートルになる高木もある[1]。ナンヨウスギ属の樹形は様々であるが、一般に成木にならないと、種の特徴ははっきりとは現れない[1]。大枝は幹に輪生し、は鱗片状であるか針状で、らせん状に配列する[1]

生態編集

南アメリカニューカレドニアノーフォーク島ニュージーランドオーストラリアニューギニアに分布する[1]オウムの仲間は、ナンヨウスギの種子を糞に混ぜて広範囲へと散布する役目を担っている可能性がある[2]

人間との関係編集

木材が利用されるほか、種子が食用になる種が多い。奇抜な樹形で庭園樹としても人気がある。シマナンヨウスギA. heterophylla)は、観葉植物としてよく利用されている種である[1]

下位分類編集

世界に約15種が知られる[1]。4つの節(section)に分かれるという分類で記述する.

Araucaria編集

球果は12 cm以上、発芽の様式は地下性(英;hypogeal)

  • Araucaria angustifolia
ブラジル南東部に分布する。
アンデス山脈に局所的に分布する。
  • (絶滅)A. nipponensis
化石のみで存在が確認されている種で絶滅したとみられる。化石は日本及び樺太で発見されている。

Bunya編集

乾燥や低温にさらされると著しく発芽率が下がる難貯蔵性の種子(英:recalcitrant seed)を付け、発芽は地下性(英:hypogeal)である。絶滅種では発芽が地上生(英;epigeal)だった可能性もある。

  • A. bidwillii
オーストラリア東部に分布。子供の顔ほどもある巨大な球果を付け、中の種子は食用になる。
  • (絶滅)A. brownii
化石はイギリスで発見されている。
  • (絶滅)A. mirabilis
化石は南米で発見されている。
  • (絶滅)A. sphaerocarpa
化石はイギリスで発見されている。

Intermedia編集

  • Araucaria hunsteinii
南太平洋パプアニューギニアに分布。現地ではキンキ(kinkii)と呼ばれる。
  • (絶滅)A. haastii
化石はニュージーランドで発見されている。

Eutacta編集

現存種で最も種類の多いグループである。

  • Araucaria bernieri
南太平洋ニューカレドニアに分布。
  • Araucaria biramulata
ニューカレドニアに分布。
  • Araucaria columnaris
ニューカレドニアに分布
  • Araucaria cunninghamii
ニューカレドニアに分布。
  • Araucaria goroensis
ニューカレドニアに分布。
オーストラリア東方の太平洋の孤島ノーフォーク島に分布。
  • Araucaria humboldtensis
ニューカレドニアに分布
  • Araucaria laubenfelsii
  • Araucaria luxurians
  • Araucaria montana
  • Araucaria muelleri
  • Araucaria rulei
ニューカレドニアに分布
  • Araucaria schmidii
  • Araucaria scopulorum
  • Araucaria subulata
ニューカレドニアに分布。
  • (絶滅)Araucaria lignitici
化石はオーストラリアから発見されている。
  • (絶滅)Araucaria famii
化石はカナダから発見されている。

Yezonia編集

  • (絶滅)Araucaria vulgaris
化石は日本から発見されている。

Perpendicula編集

  • (絶滅)Araucaria desmondii
化石はニュージーランドから発見されている。

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h i j 土橋豊 1992, p. 111.
  2. ^ Overlooked parrot seed dispersal in Australia and South America: insights on the evolution of dispersal syndromes and seed size in Araucaria trees (José L Tella:2019)

参考文献編集

  • 土橋豊『観葉植物1000』八坂書房、1992年9月10日、111頁。ISBN 4-89694-611-1

外部リンク編集