メインメニューを開く
この項目にはブラーフミー系文字(インド系文字)が含まれています。環境によっては、フォントをインストールしていても、母音記号の位置が乱れたり結合文字が分かれたりします詳細

ナーガパッティナムタミル語: நாகப்பட்டினம்英語: Nagapattinam)は、インド南部のタミル・ナードゥ州にある都市。ナーガパッティナム県の県庁所在地であり、同県ナーガパッティナム郡の中心都市である。

ナーガパッティナム
நாகப்பட்டினம
Nagapattinam
タミル・ナードゥ州の位置を示したインドの地図
ナーガパッティナムの位置
ナーガパッティナム
ナーガパッティナムの位置
タミル・ナードゥ州 とインド内)
測地系: 北緯10度46分0秒 東経79度50分0秒 / 北緯10.76667度 東経79.83333度 / 10.76667; 79.83333
インドの旗 インド
タミル・ナードゥ州
行政区 ナーガパッティナム県
人口
密度
102,838[1] (2011年現在)
6893/km2
公用語 タミル語
標準時 IST (UTC+5:30)
面積 14.92 km2

歴史編集

 
オランダ支配下のナーガパッティナム(18世紀

大航海時代、ナーガパッティナムには多数のポルトガル商人が来航し、1530年までには同地には相当規模のポルトガル人居留地が形成されていた。

1658年オランダ東インド会社がポルトガル勢力をナーガパッティナムから駆逐して占領した。これによりコロマンデル海岸のオランダ勢力は衰退に向かった。

1662年1月5日、オランダはタンジャーヴール・ナーヤカ朝の君主ヴィジャヤ・ラーガヴァ・ナーヤカの合意も取り付け、ナーガパッティナムをはじめとする10の村の権限がポルトガルからオランダに移譲された。

17世紀後半、ヨーロッパ綿布使用が普及したことにより、南インド産の綿布の需要が増大すると、オランダはナーガパッティナム、サドラスポルト・ノヴォで綿布の買い付けを行った。

1690年オランダ領コロマンデルの首府がプリカットからナーガパッティナムに移された。

1781年イギリスはオランダからナーガパッティナムを奪い(ナーガパッティナム包囲戦)、1784年パリ条約でイギリスに正式に割譲された。

政治編集

ナーガパッティナムでは、2001年の州議会議員選挙ではAIADMKR・ジーヴァーナンダンが当選した。

だが、2006年の州議会議員選挙ではCPIMV・マーリムットゥがAIADMKのK・A・ジャヤパールを抑えて当選した。

地理編集

脚注編集

  1. ^ Provisional Population Totals, Census of India 2011 - Cities having population 1 lakh and above (PDF)” (英語). インド内務省. 2013年8月12日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集