メインメニューを開く

ナームアンの滝(ナームアンのたき、タイ語: น้ำตกหน้าเมือง)とは、タイランド湾の西部に点在する島の1つのサムイ島の南部に存在する、瀑布の1つである。

概要編集

 
ナームアンの滝と、その滝壺。

ナームアンの滝は、サムイ島内の、おおよそ北緯9度28分、東経99度59分付近に位置しており、この場所はタイ王国スラートターニー県に属している。サムイ島には複数の滝が存在しており [1] 、このナームアンの滝は、島内に存在する滝の1つに過ぎない。また、この滝から歩いて約30分の所にはもっと落差の大きな別の滝も存在するものの、それでもナームアンの滝は約18mの落差を有している [2] 。 そして、この滝の近くまでは道路が整備されており [3] 、自動車などを使えば簡単に滝の近くまで来ることが可能な、訪れやすい滝である [4] 。 なお、この滝はサムイ島における観光名所の1つとなっていて、滝壺での遊泳も許可されている [2][注釈 1] 。 また、週末には、この滝付近を散策する者がしばしば見られる [2]

注釈編集

  1. ^ 遊泳可能とは言っても、この滝の水を飲用しても良いというわけではない。タイ王国政府観光庁提供のガイドブックにも、生水の飲用は薦められない旨が書かれている。そのため、滝壺では水遊び程度に留めていた方が無難かもしれない。ちなみに、サムイ島はリゾート地であり、遊泳可能な海岸もあちらこちらに存在している。

出典編集

  1. ^ サムイ島 p.10、p.14 (タイ王国政府観光庁提供のガイドブック)
  2. ^ a b c サムイ島 p.10 (タイ王国政府観光庁提供のガイドブック)
  3. ^ サムイ島 p.14 (タイ王国政府観光庁提供のガイドブック)
  4. ^ ナームアンの滝