ニカノール・サバレタ

この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はサバレタ第二姓(母方の)はサラです。

ニカノール・サバレタ・サラ(Nicanor Zabaleta Zala, 1907年1月7日1993年3月31日)は、スペイン出身のハープ奏者[1]。民族的にはバスク人である。

ニカノール・サバレタ
生誕 (1907-01-07) 1907年1月7日
出身地 スペインの旗 スペインサン・セバスティアン
死没 (1993-03-31) 1993年3月31日(86歳没)
ジャンル クラシック音楽
担当楽器 ハープ

経歴編集

サン・セバスティアンに生まれる。1914年に、素人音楽家だった父親に古物商に連れて行かれ、ハープに出会う。やがてマドリード音楽院教員のビンセンタ・トルモ・デ・カルボと、ルイーサ・メナルゲスに師事する。1925年パリに留学して、マルセル・トゥルニエとジャクリーヌ・ボロに師事、翌1926年、同地で初めての公式に演奏会デビューを果たした。その後アメリカ合衆国を訪れ、1934年には北米デビューを果たす。1950年プエルトリコの演奏旅行で出会った女性と1952年に結婚、彼女がグラシエラ夫人である。2人はスペインに居を定め、サバレタは欧州各地に演奏旅行に出かけた[2]1959年から1962年までシエナキジアーナ音楽院でハープ科を担当した[3]

主なレパートリーは18世紀の音楽だったが、古今の作品も演奏した[4][1]。サバレタに作品を献呈した作曲家に、アルベルト・ヒナステラダリウス・ミヨーエイトール・ヴィラ=ロボスウォルター・ピストンエルンスト・クルシェネクホアキン・ロドリーゴ[2][4]がいる。サバレタの録音は、およそ300万枚の売り上げになると見積もられている[2]

サバレタの最後の演奏会は、1992年6月16日マドリードで開かれたが、このとき既に健康は衰えていた[2]1993年3月31日、プエルトリコのサン・ファンにて逝去した。

外部リンク編集

注釈編集

  1. ^ a b "Zabaleta Nicanor". Internetowa encyklopedia PWN (Polish). 2007年3月18日閲覧
  2. ^ a b c d Cummings, Robert, “Nicanor Zabaleta”, Allmusic, http://www.allmusic.com/artist/nicanor-zabaleta-mn0000959097 2012年7月27日閲覧。 
  3. ^ "ZABALETA Nicanor". Encyklopedia muzyki PWN (Polish). Wydawnictwo Naukowe PWN. 2006年9月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年3月18日閲覧 不明な引数|deadurldate=は無視されます。(もしかして:|url-status-date=) (説明)
  4. ^ a b "Zabaleta Nicanor". WIEM encyclopedia (Polish). 2007年3月18日閲覧