メインメニューを開く

ニギハヤヒ

日本神話の神

邇芸速日命(にぎはやひのみこと、饒速日命)は、日本神話に登場する

邇芸速日命

神祇 天津神
全名 邇芸速日命
別名 天火明命、饒速日命、櫛玉命、天照国照彦火明櫛玉饒速日命、櫛玉神饒速日命 等
神格 太陽神
陵所 白庭山
天忍穂耳尊または荒木臣命
栲幡千千姫萬幡豊秋津師比売
天香語山命の娘
武乳速命の娘(玉依姫
配偶者 登美夜須毘売
天香具山命宇摩志麻遅命熟穂屋姫命
神社 物部神社國津比古命神社
テンプレートを表示

概要編集

古事記』では邇藝速日命、『日本書紀』では饒速日命、『先代旧事本紀』では饒速日命の名称以外に、別名を天照国照彦天火明櫛玉饒速日尊(あまてるくにてるひこあまのほのあかりくしたまにぎはやひのみこと)、天火明命(あまのほのあかりのみこと)、天照國照彦天火明尊胆杵磯丹杵穂命(いきしにぎほのみこと)と表記される。他の別名として、天照御魂神(あまてるみたまのかみ)、天照皇御魂大神(あまてらすすめみたまのおおかみ)、櫛玉命(くしたまのみこと)、櫛玉神饒速日命(くしたまのかみにぎはやひのみこと)がある。

『古事記』では、神武天皇神武東征において大和地方の豪族である那賀須泥毘古が奉じる神として登場する。那賀須泥毘古の妹の登美夜須毘売(『日本書紀』では三炊屋媛という)を妻とし、との間に宇摩志麻遅命をもうけた。宇摩志麻遅命は、物部連穂積臣采女臣の祖としている。神倭伊波礼毘古(後の神武天皇)が東征し、それに抵抗した那賀須泥毘古が敗れた後、神倭伊波礼毘古が天照大御神の子孫であることを知り、神倭伊波礼毘古のもとに下った。

『日本書紀』などの記述によれば、神武東征に先立ち、天照大神から十種の神宝を授かり天磐船に乗って河内国大阪府交野市)の河上の地に天降り、その後大和国奈良県)に移ったとされている。これらは、瓊瓊杵尊の天孫降臨説話とは別系統の説話と考えられる。また、有力な氏族、特に祭祀を司どる物部氏の祖神とされていること、神武天皇より先に大和に鎮座していることが神話に明記されていることなど、饒速日命の存在には多くの重要な問題が含まれている。大和地方に神武天皇の前に出雲系の王権が存在したことを示すとする説や、大和地方に存在した何らかの勢力と物部氏に結びつきがあったとする説などもある。

『先代旧事本紀』では、「天照國照彦天火明櫛玉饒速日尊」といい天忍穂耳尊の子で瓊瓊杵尊の兄である天火明命(アメノホアカリ)と同一の神であるとしている。また物部氏穂積氏尾張氏海部氏熊野国造らの祖神と伝える。

新撰姓氏録』ではニギハヤヒは、天神(高天原出身、皇統ではない)、天火明命(アメノホアカリ)は天孫(天照大神の系)とし両者を別とする。

 
     饒速日尊の墳墓

饒速日命の墳墓は、奈良県生駒市白庭台にある白庭山である[1]

降臨に随伴した神編集

天神本紀[2]には、天降ったおりに高皇産霊尊から防衛(ふさぎのもり)として以下の三十二人に命じて随伴させたとある。しかしここに見られる32柱の神々は、世代・年代を無視して列挙した極めて杜撰なものであり、邇邇芸命降臨時の随行者(天児屋命など)や神武天皇時代の人(天道根命)、大国主の国づくりの協力者(少名毘古那神)などが登場しており、史料としてまったく信頼できるものではない。他にも天背男命と天世手命など誤記による神名の重複も多くある。これらから32柱の神々は殆ど全てが後世の捏造記事であり、この部分を除去した五部人・五部造などが、実際の饒速日命に随行したものと考えられる[3]

さらに五部(いつとも)が供領(とものみやつこ)として副い従った、とある。

さらに、警備のため天物部[註 1]の5名の「造」と、25名の兵杖を持った「部」が伴った。

  • 二田造(ふただのみやつこ)
  • 大庭造(おおばのみやつこ)
  • 舎人造(とねりのみやつこ)
  • 勇蘇造(ゆそのみやつこ)
  • 坂戸造(さかとのみやつこ)
  • 二田物部(ふただのもののべ)
  • 当麻物部(たぎまのもののべ)
  • 芹田物部(せりたのもののべ)
  • 鳥見物部(とみのもののべ)
  • 横田物部(よこたのもののべ)
  • 嶋戸物部(しまとのもののべ)
  • 浮田物部(うきたのもののべ)
  • 巷宜物部(そがのもののべ)
  • 足田物部(あしだのもののべ
  • 須尺物部(すさかのもののべ)
  • 田尻物部(たじりのもののべ)
  • 赤間物部(あかまのもののべ)
  • 久米物部(くめのもののべ)
  • 狭竹物部(さたけのもののべ)
  • 大豆物部(おおまめのもののべ)
  • 肩野物部(かたののもののべ)
  • 羽束物部(はつかしのもののべ)
  • 尋津物部(ひろきつのもののべ)
  • 布都留物部(ふつるのもののべ)
  • 住跡物部(すみとのもののべ)
  • 讃岐三野物部(さぬきのみののもののべ)
  • 相槻物部(あいつきのもののべ)
  • 筑紫聞物部(つくしのきくのもののべ)
  • 播麻物部(はりまのもののべ)
  • 筑紫贄田物部(つくしのにえたのもののべ)

これらを、船で運んだとあり、操船した者の名が記されている。

  • 天津羽原(あまつはばら) 船長、跡部首(あとべのおびと)らの祖
  • 天津麻良(あまつまら) 梶取、阿刀造(あとのみやつこ)らの祖 
  • 天津真浦(あまつまうら) 船子、倭鍛師(やまとのかぬち)らの祖
  • 天津麻占(あまつまうら) 船子、笠縫らの祖 
  • 天津赤麻良(あまつあかまら) 船子、曽曽笠縫(そそのかさぬい)らの祖
  • 天津赤星(あまつあかぼし) 船子、為奈部(いなべ)らの祖

神武天皇と饒速日命の関係編集

『日本書紀』と『古事記』によると、神武天皇(イワレビコ)と饒速日命(ニギハヤヒ)の出会いのあらすじは次の通り。

 
    磐船神社 本殿

神武天皇(イワレビコ)は塩土老翁から、東方に美しい土地があり、天磐船で先に降りたものがいると聞く。そして彼の地へ赴いて都を造ろうと、一族を引き連れ南九州から瀬戸内海を経て東へ向かい、難波碕(現代の大阪)へたどり着く。その後河内国草香邑から生駒山を目指す。そこに土着の長髄彦(ナガスネヒコ)が現れたため戦うが苦戦する。神武は「日(東)に向って敵を討つのは天の道に反す」として、熊野紀伊半島南端部)へ迂回して北上することにした。

菟田(奈良)に到達し高倉山に登ってあたりを見渡すと、八十梟帥が軍陣を構えているのが見えた。その晩神武の夢に天神が現れ「天神地祇を敬い祀れ」と告げる。その通りにすると敵陣を退治でき、続いて長髄彦を攻める。

すると長髄彦は「我らは天磐船で天より降りた天神の御子饒速日命(ニギハヤヒ)に仕えてきた。あなたは天神を名乗り土地を取ろうとされているのか?」と問うたところ、神武は「天神の子は多い。あなたの君が天神の子であるならそれを証明してみよ」と返す。長髄彦は、饒速日命の天羽々矢(あめのはばや)と歩靫(かちゆき)を見せる。すると神武も同じものを見せた。長髄彦はそれでも戦いを止めなかった。饒速日命(ニギハヤヒ)は天神と人は違うのだと長髄彦を諌めたが、長髄彦の性格がひねくれたため殺し、神武天皇に帰順して忠誠を誓った。

 
  石切劔箭神社 上之社拝殿

ただし、『先代旧事本紀』では、既に饒速日は復命せず現地で亡くなり、亡骸(なきがら)は速飄(はやちかぜ)により天に上げられ、葬儀は七日七夜続いたとあり、神武東征の時点で彼は故人となっている。

石切劔箭神社』の社史によれば、天照大神から大和建国の神勅を拝し『十種の瑞宝』を授かった饒速日尊が船団を組み、自らも『布都御魂劔』と日の御子の証である『天羽々矢』を携え天磐船に乗り込み、物部八十の大船団を率いて高天原を出航した。途中、豊前国宇佐に寄港すると船団を二つに分け、息子の天香具山命に『布都御魂劔』を授け船団の一方を預けた。宇佐から瀬戸内海を渡ると饒速日尊は河内・大和に、一方の天香具山命は紀伊に向かった。天磐船が鳥見の里を見渡す哮ヶ峯(たけるがみね『生駒山』)に着くと、饒速日尊は辺りを見渡し「虚空(そら)にみつ日本(やまと)国)」【訳「 空から見た日本の国」または「空に光り輝く日本の国」】と賛じた。これが日本の国号の始まりとなった。当時の河内と大和の一帯は鳥見の里と呼ばれ、穏やかな自然と海や山の幸に恵まれた豊な土地であった。この地方を治めていた豪族、鳥見一族は、稲作や製鉄の技術がないものの、狩や漁がうまく、生活用具や住居づくりに優れ、長身の恵まれた体格は戦闘に秀で「長髄の者」と恐れられていた。その頃の鳥見一族の長、長髄彦饒速日尊の徳の高さに打たれ、尊のもたらした稲作や織物、製鉄の道具・武具に文化の差をみると、争う事の無益さを悟り、一族こぞって饒速日尊に従った。この時二人の間を取り持ったのが長髄彦の妹、登美夜毘売(三炊屋媛)で後に尊との間に宇摩志麻遅命(うましまぢのみこと)をもうけた。

こうして鳥見の里を治めるようになった饒速日尊は、水が豊かで稲作に適したこの土地に水田を拓き、大きな実りをもらすようになった。これが近畿地方の稲作文化の初めとなった。一方、鳥見の里が繁栄をきわめていた頃、磐余彦(後の神武天皇)が日向高千穂から東へ進行を続け(神武東征)、やがて河内に上陸し孔舎衙坂で長髄彦と対峙した。戦いに敗れた磐余彦は紀伊方面に退却、紀伊半島を迂回し再び長髄彦と対峙する。この頃、既に饒速日尊は亡くなり、代わって鳥見の長となっていたのは宇摩志麻遅命だった。宇摩志麻遅命は「天羽々矢」と歩靭(かちゆき)を、日の御子である証として磐余彦に差し出した。すると磐余彦からも同じものが示され天孫であることが明らかになった。宇摩志麻遅命は長髄彦に磐余彦への帰順をさとし自らも一族を率いて磐余彦に忠誠を誓い、広大な稲作地や所領のすべてと天照大神から授かった『十種の瑞宝』を磐余彦に捧げた。こうして大和の統一が成し遂げられ磐余彦は始馭天下之天皇神武天皇)に即位した。

諸説編集

伊勢津彦同神説編集

系譜上で邇芸速日命と伊勢津彦が共に神武天皇の一世代前に位置づけられること、両者とも櫛玉を神名に持ち、櫛玉命の別名を持つこと、伊勢津彦の妹(その実態は妻)が伊和大神の娘であることと[7]登美夜毘売事代主神(その実態は大国主神)の娘に位置づけられること[8]、後裔氏族の祭祀やトーテムが共通することから、この両神が同一神と考えられる[9]

原田常治の説編集

その他、古代史ブームの火付け役と目される原田常治は、推論に推論を重ね、大胆に結論を断定する手法で、大神神社の主祭神である大物主神上賀茂神社の主祭神である賀茂別雷命熊野本宮大社の祭神である事解之男尊大和神社の主神である倭大国魂神石上神宮の祭神である布留御魂大歳神社[要曖昧さ回避]の主祭神である大歳神(大歳尊)と同一だとする[10]

原田の説では大物主櫛甕魂命の「櫛甕魂」と天照国照彦天火明櫛玉饒速日尊の「櫛玉」を同名とし、『古事記』以前の饒速日尊の名を天照国照彦天火明櫛甕玉饒速日尊としているが、共通するものは櫛と玉だけであり、また櫛甕魂を冠する饒速日尊を祀る神社が一例もなく根拠に乏しい。

ニギハヤヒは第5子(三男)ではあるが、遊牧民の習慣である末子相続に則り、出雲族の族長である父スサノオからその座を継承したと結論づけている。しかし八島士奴美神など海神族(遊牧民ではなく漁労民)に繋がる系譜と物部氏系の天孫族(騎馬民族系)に繋がる系譜を須佐之男命という同一出自にするなど、その論考には学術的に大きな問題がある。一方、影響を受けた作家も多い[11]

また、原田の説による系譜に基づき、ニギハヤヒは初代天皇であったとする見解も存在する[12]。それによれば、ニギハヤヒの養子となって皇位を譲られたイワレヒコ(伊波礼彦命)が、橿原宮で即位して神武天皇となったという[13]。しかし神武天皇は本来ニギハヤヒとは直接的な系譜の繋がりがなく、また娘と婚姻を結んだ事実もないため無理のある説である。

原田の説による、ニギハヤヒを中心とした出雲族の系図[10]

系譜編集

『先代旧事本紀』では天照大神の孫天忍穂耳尊高皇産霊尊栲幡千千姫(萬幡豊秋津師比売命)との子である天火明命と同一神とされ、『伊福部氏系図』では大己貴命の子五十研丹穂命の5世孫である荒木臣命(荒根使主命)の子としている。また天香語山命の娘を母とする系図もあり、『亀井家譜』では中臣氏祖の武乳速命の娘を母と伝える。

子には天道日女命(あめのみちひめ)との間に生まれた天香語山命と、那賀須泥毘古の妹の登美夜須毘売との間に生まれた宇摩志麻遅命がいるとされるが、天香語山命の娘を母とする系図と矛盾する。

娘の熟穂屋姫命高倉下の妻となった。

後裔氏族編集

邇芸速日命(宇摩志麻遅命)を祖とする氏族に物部氏がある。穂積氏熊野国造和田氏も同祖とされる。弓削氏は物部氏と関連が深い。

籠神社の社家、海部氏に伝わる系図については国宝の指定を受けている[注釈 1]。海部氏は尾張氏と同じく天之火明命の子孫であり、邇芸速日命の子孫ではないが、『先代旧事本紀』の火明命=饒速日命同一神説を前提とした場合は同祖となる。

また伊福部氏は大己貴命を始祖とする系譜に饒速日命を組み込んだ系図を持つが、これは婿養子を表した系図とされる。

祀る神社編集

祭神同一視神社

  • 真清田神社 - 尾張国一宮。(祭神の天火明命は別名を天照国照彦天火明命と社伝にいう)
  • 籠神社 - 元伊勢の最初の神社。(祭神の彦火明命は別名を天照国照彦天火明命、又の名を穂穂手見命と社伝にいう)

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 「物部」は、氏族の「モノノベ」と、警備を担う武士の「モノノフ」の読みがある。
  1. ^ 内容の真偽に関しては疑わしい。

出典編集

  1. ^ 饒速日命墳墓(グーグルマップ)
  2. ^ 國史大系 巻7 所収「先代旧事本紀 巻第三『天神本紀』』, p. 118-.
  3. ^ 宝賀寿男「初期物部氏の系譜」『古樹紀之房間』、2007年。
  4. ^ a b c 御上祝家系図(三上氏)(コマ番号84-97) / 諸系譜. 第28冊(国立国会図書館デジタルコレクション)
  5. ^ a b c d 「御上神社沿革考 : 近江国野洲郡三上村鎮座」 大谷治作 編 / 出版: 太田治左衛門 / 出版年月日: 明32.2(国立国会図書館デジタルコレクション)
  6. ^ a b c 三枝部造 甲斐野呂氏後裔 輿石氏系図(コマ番号84-92) / 諸系譜. 第6冊(国立国会図書館デジタルコレクション)
  7. ^ 宝賀寿男「伊勢津彦と建御名方命との関係」への返信、『古樹紀之房間、掲示板・応答板』、2006年。
  8. ^ 宝賀寿男「長髄彦の抗戦」『古代氏族の研究⑦ 三輪氏 大物主神の祭祀者』青垣出版、2015年、102頁。
  9. ^ 宝賀寿男「「天孫本紀」物部氏系譜の検討」『古樹紀之房間』、2008年
  10. ^ a b 原田常治 『記紀以前の資料による古代日本正史』 同志社
  11. ^ 真説日本古代史
  12. ^ 中矢伸一『神々が明かす日本古代史の秘密』日本文芸社 (1993年)
  13. ^ アートラインプロジェクト『アーリオーン・メッセージ』徳間書店(1996年)
  14. ^ 『日本書紀 巻第三 神武天皇紀』「及至饒速日命、乘天磐船、而翔行太虛也」
  15. ^ 飛行神社参照

参考文献編集

  • 先代旧事本紀『巻第三 天神本紀』」『國史体系』第7巻、経済雑誌社、1901年(明治34年)、 118-、 NDLJP:991097全国書誌番号:50001943
  • 田中卓第一次天孫降臨とニギハヤヒノ命の東征」『社會問題研究』1957年, 7 (1), p.44-72,大阪社会事業短期大学社会問題研究会。
  • 高桑浩一降臨伝承の比較研究: アメワカヒコ・ニギハヤヒと古代朝鮮の降臨神学習院大学人文科学論集 (13),105-127,2004年10月。
  • 戸矢学『ニギハヤヒ『先代旧事本紀』から探る物部氏の祖神』河出書房新社、2011年12月3日。ISBN 978-4-309-22556-2

関連項目編集