ニコシア国際空港ギリシア語: Διεθνές Αεροδρόμιο Λευκωσίας トルコ語: Lefkoşa Uluslararası Havaalanı 英語: Nicosia International Airport)とは、キプロス首都ニコシア西の郊外ラカタミアにある空港。かつてはキプロス島の主要空港であったが、1974年トルコの北キプロス侵攻が原因でグリーンラインとして全域が緩衝地帯に設定され、閉鎖された。空港の敷地は現在国際連合キプロス平和維持軍本部として使用されている。

ニコシア国際空港
Διεθνές Αεροδρόμιο Λευκωσίας
Lefkoşa Uluslararası Havaalanı

Nicosia International Airport
Aeropuerto de Nicosia.jpg
放棄された旅客ターミナル
IATA: NIC - ICAO: LCNC
概要
国・地域 キプロスの旗 キプロス
北キプロス・トルコ共和国の旗 北キプロス・トルコ共和国
所在地 ラカタミア英語版
母都市 Flag of Nicosia, Cyprus.svg ニコシア
種類 軍民共用空港
所有者 イギリスの旗 イギリス国防大臣[1]
運営者 国際連合の旗 国際連合
開設 1939年
閉鎖 1974年7月20日
標高 220 m
座標 北緯35度09分00秒 東経033度16分38秒 / 北緯35.15000度 東経33.27722度 / 35.15000; 33.27722座標: 北緯35度09分00秒 東経033度16分38秒 / 北緯35.15000度 東経33.27722度 / 35.15000; 33.27722
地図
ニコシア国際空港の位置
ニコシア国際空港の位置
NIC
ニコシア国際空港の位置
滑走路
方向 長さ (m) 表面
14/32 2,707 アスファルト
09/27 1,825 アスファルト
リスト
空港の一覧
テンプレートを表示

歴史編集

 
ターミナルビル内部
 
ターミナルビル内の健康管理センター跡
 
空港敷地内に放棄されたキプロス航空ホーカー - シドレートライデント。主要部品は取り外され、抜け殻のような状態となっている。

ニコシア国際空港は、1930年代からイギリス空軍ニコシア空軍基地として建設が始まり、1974年までキプロス島における主要空港であった。当初空軍基地として建設されたため、空港は現在でもイギリス国防省の所有となっている。滑走路は、シェルとパイライド&ミカエリデス株式会社によって1939年に整備され、ミスル・エアの4発機デ・ハビランド DH.86 エクスプレス英語版で運行されていた。

第二次世界大戦中、空港の施設と滑走路は地元の請負業者ステリオス・ヨアヌーとヨルゴス・パラスケベデスによって拡張された。1943から44年にかけ、連合軍のルーマニア・プロイェシュティ油田空爆(タイダルウェーブ作戦)から帰還する際にアメリカ陸軍航空隊B-24爆撃機が使用した[2]

戦後に旅客輸送が再開され、1948年までにミスル・エア 、英国海外航空キプロス航空およびミドル・イースト航空が運航を始めた。

当初の空港施設は小規模であり、3箇所のニッセン式兵舎英語版税関出入国管理、民間航空、信号、交通および運航サービスを収容する空港ターミナルビルとして使用されていた。空港内のレストランNAAFI英語版によって運営されていた。

1949年に最初のターミナルビルが公共事業局によって5万ポンド(2018年における1735175ポンド相当)で設計・建設され、5月に完成した。1959年に駐機エプロンが拡張された。1968年には新ターミナルが完成したため大部分の施設は移動したが、ニコシア・フライングクラブや他のフライングクラブは旧ターミナルビルを使用し続けた[3]

航空会社の大幅な増便により飛行場が手狭になったことで、英空軍は1966年に撤退、1968年3月27日、西ドイツヴィースバーデンの企業「ダーシュ・ウンド・ゲルマン」が設計、地元の不動産開発業者「サイバルコ」によって建設された新ターミナルが完成した[3][4]。新ターミナルは11箇所の駐機場エプロンを備え、一度に800人の乗客が乗降可能となった。

1974年6月、ターミナルを更に拡張し、エプロンを16機に拡張計画があり、2箇所はワイドボディ機も取扱可能の大型のものだった[3]。だがキプロス紛争が激化し、1974年7月15日ギリシャ系民族主義者によりマカリオス政権が崩壊すると、ニコシア空港は一時的に閉鎖された。1974年7月17日、ギリシャ軍のマカリオス大主教に対するクーデター支援にニコシア空港が使用された。7月18日には民間航空便が再開し、外国人観光客が出国するために使用された[5]。しかし1974年7月20日、トルコのキプロス侵攻作戦「アティッラー作戦英語版」においてニコシア空港は激しく空爆され、完全に閉鎖となった。

1975年初めにギリシャ系キプロス人英語版トルコ系キプロス人英語版の間で、ニコシア国際空港を再開を議論した[6]。ギリシャ系のリーダーであるマカリオス大司教は、トルコ系の共同統治下で空港を再開するという案を拒否したが[7]、1975年4月28日から5月3日まで[8]ウィーンで開催された交渉で、空港自体は原則再開の方向で合意した。だが合同委員会での議論において目立った進展はなかった。

1974年の侵攻以降、ニコシア空港から最後に民間航空便が運航されたのは、取り残されていたキプロス航空の3機を1977年にブリティッシュ・エアウェイズのエンジニアが回収したものである。このホーカー・シドレートライデント2Eロンドンへ飛行した後、1機がダックスフォード帝国戦争博物館で展示されている。

トルコ侵略により、空港はキプロス軍とトルコ軍間で激しい戦闘が行われた。紛争中に国連安全保障理事会が国連保護地域(UNPA)を宣言し、双方がニコシア空港から500m以上後退することとなった。1974年8月16日、停戦が実現されたことで、ニコシア空港は島の2つの民族を分離するグリーンラインの一区域となった。国際空港としては完全に機能しなくなったが、国連のヘリコプターが活動拠点としており、UNFICYP本部「ブルーベレーキャンプ英語版」として使用されている。さらに和平協議用の施設や、国連職員用の娯楽施設も多数用意されている。

ニコシア空港閉鎖後、1975年ラルナカ新空港が南キプロスに開設、北キプロスには2004年にエルカン国際空港が開港した。両空港とも旧イギリス空軍基地跡に開設された。1983年には南キプロスでパフォス国際空港が開設された[要出典][ 要出典 ]国連管轄下でニコシア空港を再開させるという計画が何度か提示されたものの、ギリシャ系、トルコ系のどちらからも真剣に検討されなかった。

キプロス・コルナーロ研究所のマイケル・パラスコス英語版は2013年に、他に3つも空港がある現状では、もはやキプロスにニコシア空港は不要だと主張し、跡地に海外ハイテク企業を誘致し、ギリシャ系とトルコ系従業員を雇用する非課税工業地帯への転換することを提案した[9]

事件・事故編集

脚注編集

  1. ^ House of Commons Hansard Written Answers for 19 Jan 2005 (pt 6)
  2. ^ “Civil engineers”. The Times Digital Archive (58616; col B): p. III. (1972年10月27日). http://gale.cengage.co.uk/sunday-times-digital-archive.aspx 2008年5月2日閲覧。 
  3. ^ a b c Kevork K Keshishian (1990) Nicosia the Capital of Cyprus Then and Now ISBN 9963-571-21-2
  4. ^ Nathan Morley, Nicosia: Our Other Airport, in The Cyprus Mail (newspaper), 8 November 2009
  5. ^ See Colin Smith, ‘None of us expected what happened next’, in The Cyprus Mail, 22 July 2006
  6. ^ Special report by the UN Secretary-General on development in Cyprus: UN Docs. S/11624, 18 February 1975, and S/11717, 9 June 1975. See also House of Commons Debates, Vol. 885, Col. 1380, 5 February 1975.
  7. ^ United States, Congress, Senate, Committee on the Judiciary, Subcommittee to Investigate Problems Connected with Refugees and Escapees, Crisis on Cyprus: 1975, 1975, p. 53.
  8. ^ The final communiqué of 3 May 1975 contained the following: 'Agreement was reached in principle on the reopening of the Nicosia International Airport … A joint committee will be set up by the leaders of the two communities for the purpose of opening the airport for full civilian use (UN Doc. S/11684, 4 May 1975, Annex, and UN Doc. S/11717, 9 June 1975, para. 52)
  9. ^ Nathan Morley, 'Bold plan to regenerate derelict Nicosia airport' in The Cyprus Mail, (Cyprus newspaper) 22 September 2013, http://cyprus-mail.com/2013/09/22/bold-plan-to-regenerate-derelict-nicosia-airport/
  10. ^ "Civil Aviation: Hermes Sabotage". Flight. 16 March 1956, p.306.
  11. ^ “ASN Aircraft accident Handley Page HP.81 Hermes IV G-ALDW Nicosia”. Aviation Safety Network. (2014年10月26日). http://aviation-safety.net/database/record.php?id=19560304-0 2014年10月26日閲覧。 
  12. ^ “Egyptian plane crashes since 1970”. CNN. (2004年1月3日). http://www.cnn.com/2004/WORLD/meast/01/03/crash.timeline.reut/index.html 2007年1月30日閲覧。 
  13. ^ Lt. Gen (ret) George Mitsainas "Hellenic Wings at Cyprus", ISBN 960-630-182-6, Athens 2004.


外部リンク編集

  ウィキメディア・コモンズには、ニコシア国際空港に関するカテゴリがあります。