ニコライ・ドゥドロフ

ニコライ・パヴロヴィッチ・ドゥドロフロシア語: Николай Павлович Дудоров 、ラテン文字表記の例:Nikolai Pavlovich Dudorov、1906年5月22日 - 1977年3月9日)は、ソビエト連邦の政治家。非チェキストである。ニキータ・フルシチョフ政権時の内務大臣を務めた。

ニコライ・ドゥドロフ
Николай Дудоров
生年月日 (1906-05-22) 1906年5月22日
出生地 ロシア帝国の旗 ロシア帝国 ウラジーミル県 コヴロフ郡ミシュネヴォ村
没年月日 (1977-03-09) 1977年3月9日(70歳没)
死没地 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
Flag of the Russian SFSR.svg ロシア・ソビエト連邦社会主義共和国 モスクワ
出身校 モスクワ科学技術大学
所属政党 ソビエト連邦共産党
称号 レーニン勲章(2個)
労働赤旗勲章
赤星勲章

ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
第4代内務大臣
在任期間 1956年1月31日 - 1960年5月1日
閣僚会議議長 ニコライ・ブルガーニン
ニキータ・フルシチョフ
テンプレートを表示

経歴編集

1906年5月22日にロシア帝国のウラジーミル県コヴロフ郡ミシュネヴォ村の農家に誕生する。1927年から共産党員となった。

  • 1922年~1929年 - M.I.カリーニン名称モスクワ・クリスタル工場の見習い工、職長
  • 1929年~1934年 - モスクワ化学技術大学
  • 1934年7月 - モスクワの「アフトステクロ」工場の「トリプレクス」職長
  • 1937年8月 - ソ連重工業人民委員部ガラス技術総局生産運営課長
  • 1937年11月 - ソ連重工業人民委員部党委員会副書記
  • 1938年2月 - ソ連重工業人民委員部党委員会書記
  • 1939年2月 - ソ連建設資材産業人民委員部セメント総局副総局長
  • 1939年5月 - ソ連建設資材産業人民委員部建築ガラス総局副総局長
  • 1940年4月 - ソ連建設資材産業人民委員部総務局長
  • 1941年5月 - ソ連建設資材産業人民委員部断熱材総局長
  • 1943年11月 - ソ連建設人民委員部(1946年3月から建設省)断熱材総局長
  • 1947年6月 - ソ連建設資材産業省石膏総局長
  • 1949年6月 - ソ連建設資材産業省党委員会書記
  • 1950年6月 - 全連邦共産党(ボリシェヴィキ)モスクワ市委員会建設・建設資材課主任
  • 1952年8月 - モスソビエト執行委員会副議長
  • 1954年12月 - ソ連共産党中央委員会建設課主任
  • 1956年1月 - ソビエト連邦内務大臣
  • 1960年7月 - 1967年のモスクワ万国博覧会総委員
  • 1962年8月 - モスクワ市執行委員会附属建設資材産業総局長(連邦相級)
  • 1956年~1966年 - ソ連共産党中央委員会委員となった。
  • 1972年6月 - 年金生活に入る。
  • 1977年3月9日 - 70歳で死去し、モスクワのノヴォデヴィッチ墓地に葬られる。

パーソナル編集

レーニン勲章2個、労働赤旗勲章、赤星勲章を受章。

公職
先代:
セルゲイ・クルグロフ
  ソビエト連邦内務大臣
第4代:1956年1月31日 - 1960年5月1日
次代:
ニコライ・シチョーロコフ
1960年~1966年廃止