メインメニューを開く
この項目では、印欧語族風に、名前を名姓順で表記していますが、ハンガリー語圏の慣習に従いカールドル・ミクローシュと表記することもあります。

ニコラス・カルドアカルドア男爵(Nicholas Kaldor、Baron Kaldor、1908年5月12日 - 1986年9月30日)は、ハンガリー生まれのイギリス経済学者。ハンガリー名はカールドル・ミクローシュ(Káldor Miklós)。ナイトを授与され「サー・カルドア」とも、一代貴族としてカルドア男爵に叙されたため「カルドア卿」とも呼ばれる。

ニコラス・カルドア
ポスト・ケインジアン
生誕 (1908-05-12) 1908年5月12日
ハンガリーブダペスト
死没

1986年9月30日(1986-09-30)(78歳)


ケンブリッジシャー、Papworth Everard
国籍 イギリスの旗 イギリス
研究機関 LSE
欧州経済委員会
ケンブリッジ大学
研究分野 政治経済学
母校 LSE
影響を
受けた人物
ジョン・メイナード・ケインズ
影響を
与えた人物
ジョーン・ロビンソン
Anthony Thirlwall
実績 カルドア=ヒックス効率
カルドアの成長法則
テンプレートを表示

略歴編集

  • 1908年 ハンガリーブダペストにおいて、父親は弁護士である裕福なユダヤ人家庭に生まれる。2人の息子が亡くなり、娘が1人残されているところに誕生した。
  • 1914年 6歳から学校に通い始める。
  • 1918年 10歳でブダペスト大学の管理するモデル・ギムナジウムに移った。
  • 1925年 ベルリン大学で18か月(1925年10月~1927年春)学ぶ。
  • ハンガリーの新聞の外国派遣通信員として働く。
  • 1927年 イギリスに渡る。当初は、ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスLSE)で学位を取るつもりはなく、ジャーナリストの仕事も行っていた。
  • 1930年 ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス(LSE) を卒業。ライオネル・ロビンズの推薦によりresearch studentになる。
  • 1932年 講師補(Assistant)となる。
  • 1934年 Clarissa Goldsmith(Goldschmidt)と結婚。
  • 1935年 - 1936年 Rockefeller Research Fellowshipを与えられハーバード大学へ行く。
  • 1941年 LSEの講師となる。
  • 1942年 LSEのリーダー准教授)となる。
  • 第2次世界大戦中は、国民所得会計の整備やベヴァリッジ・レポートの立案などの仕事を行う。
  • 1947年 LSEに休暇願を出すも許可されず、辞任の上欧州経済委員会研究・計画局の局長につく(2年半)。
  • 1949年 ケンブリッジ大学キングズ・カレッジの研究員として大学に戻る。
  • 1952年 ケンブリッジ大学キングズ・カレッジのリーダー(准教授)になる。
  • 1964年 イギリス労働党のアドバイザーとなる(1964~8年、1974~6年)。
  • 1966年 ケンブリッジ大学教授となる。
  • 1974年 一代貴族をえ、カルドア男爵(Baron Kaldor)と呼ばれる。
  • 1986年 ケンブリッジ州Papworth Everardで死去(78歳)。

人物編集

  • イギリス労働党のブレーンでもあり、財務大臣顧問を勤めた。彼がイギリスの経済・経済体制に与えた影響は大きい。
  • 政策家としての側面だけではなく学者としてもケインズサーカスの一員とされ、経済学においてマクロ経済学を立脚させた立役者の一人である。
  • 厚生経済学においてはカルドア・ヒックス基準で有名である。
  • 政策面で、イギリスのECへの加盟問題に強く反対したが、イギリスは1973年1月から加盟した。また、マネタリズムの理論的問題点を指摘して、マーガレット・サッチャーのマネタリズム政策にも強く反対した。
  • 受賞こそしなかったがノーベル経済学賞候補と長年目されていた。
  • 妻Clarissa Goldsmithと結婚し、ケンブリッジで生活。娘4人のうち、オックスフォード大学経済発展論教授フランセス・スチュワート、LSEのHuman Security教授メアリー・カルドアなどがいる。

日本語訳著書編集

単著編集

  • 『英國の戰時財政と國民所得』、杉本俊朗訳、渡辺経済研究所、1942年
  • 『総合消費税』、時子山常三郎監訳、東洋経済新報社、1963年
  • 『経済安定と成長』、中村至朗訳、大同書院、1964年
  • 『マネタリズム――その罪過』、原正彦・高川清明共訳、日本経済評論社、1984年
  • 『経済成長と分配理論――理論経済学続論』ポスト・ケインジアン叢書12、笹原昭五・高木邦彦共訳、日本経済評論社、1989年
  • 『貨幣・経済発展そして国際問題――応用経済学続論』ポスト・ケインジアン叢書27、笹原昭五・高木邦彦・松本浩志・薄井正彦共訳、日本経済評論社、2000年

共著編集

関連項目編集

外部リンク編集