ニコラス・レイ

ニコラス・レイNicholas Ray、本名=レイモンド・ニコラス・キンズル・ジュニア、1911年8月7日 - 1979年6月16日)は、アメリカ合衆国ウィスコンシン州出身の映画監督である。1950年代アメリカ映画の巨匠であり、ヌーヴェルヴァーグの作家たちから尊敬を受けた監督として知られる。

ニコラス・レイ
Nicholas Ray
Nicholas Ray
レイとザ・ザ・ガボール(1953年)
本名 Raymond Nicholas Kienzle
生年月日 (1911-08-07) 1911年8月7日
没年月日 (1979-06-16) 1979年6月16日(67歳没)
出生地 ウィスコンシン州
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
配偶者 ジーン・エヴァンス (1930-1940)
グロリア・グレアム (1948-1952)
ベティ・ユーティ (1958-1966)
スーザン・レイ (1969-1979)
著名な家族 アンソニー・レイ(息子)

目次

略歴編集

フランク・ロイド・ライトの下で建築を学んだが、数ヶ月で決別。ニューヨーク左翼演劇活動に参加する。

太平洋戦争が始まると戦争情報局の仕事につき、ラジオ番組や宣伝映画などの制作を通して、エリア・カザンジョン・ハウスマンなどの映画人と交流するようになり、ハウスマンのすすめでRKOに就職、1947年にデビュー作『夜の人々』を監督するが、ハワード・ヒューズがRKOを買収したために、このデビュー作は1949年まで公開が延期された。

RKOがヒューズの支配下に入ったのちも同社に留まり、未完成映画の追加撮影や共同監督にも立ち会わされることになるが、ヒューズの政治力によって1940年代末のハリウッドに吹き荒れた赤狩りブラックリストからは逃れることとなる。

1950年代にフリーになると、主題歌が世界的なヒットとなった西部劇大砂塵』や、ジェームズ・ディーン主演の『理由なき反抗』などの名作・話題作を作るが、アルコール依存症やそれに伴う奇行、体調不良に悩まされるようになる。環境問題を描いた異色西部劇エヴァグレイズを渡る風』では完成まで立ち会うことを許されず、『暗黒街の女』を最後にハリウッドを離れ、ヨーロッパで活動するようになる。

1960年代に入ると、ヨーロッパ資本による大作の監督を任されるようになるが、『北京の55日』の撮影時に心臓発作を起こして、商業監督からの引退を余儀なくされる。

1972年ニューヨーク大学の講師に就任。学生たちとビデオや16ミリフィルムなどで映画を制作する。1978年、レイを私淑するヴィム・ヴェンダース監督と共同で『ニックス・ムーヴィー水上の稲妻』の撮影を開始するが、完成直後に肺癌で死亡する。映画の中にはレイが癌で苦しむ姿が克明に記録されて物議をかもした。

エピソード編集

  • 女優のグロリア・グレアムなど、生涯に4回結婚と離婚を繰り返している。最初の妻ジーンとの間に生まれた息子アンソニーは後にグロリア・グレアムの4番目の夫になっている。
  • エデンの東』当時、ワーナー・ブラザース撮影所内でエリア・カザンとレイの事務所は隣り同士だった。カザンはジェームズ・ディーンに隣りのレイの事務所を訪ねるようにアドバイスし、それが『理由なき反抗』主役決定につながった。
  • 『大砂塵』撮影中、レイは当時既に大女優であったジョーン・クロフォードを無視し、共演女優のマーセデス・マッケンブリッジに演技指導をすることに夢中になっていた。クロフォードはこうしたレイの行動に激しく反発し、映画のラストシーンで当時はまだ珍しかった女同士の決闘シーンを提案することになった。

関係のあった人々編集

作品編集

監督作品編集

協力作品編集

出演作品編集

監督作を除く

関連書籍編集

DVD化タイトル編集

※「巨匠たちのハリウッド 生誕100周年 ニコラス・レイ」シリーズでリリース。
※DVDボックス「COLUMBIA TRISTAR FILM NOIR COLLECTION VOL.1」に収録。
※DVDボックス「COLUMBIA TRISTAR FILM NOIR COLLECTION VOL.1」に収録。
※『太平洋航空作戦』のDVD化。世界名作映画全集88。
※『理由なき反抗』スペシャルエディション(2枚組DVD)として期間限定出荷。
※『黒の報酬』のDVD化。
  • キング・オブ・キングス(ワーナー・ホームビデオ)
  • ニックス・ムービー 水上の稲妻(東北新社
※デジタルニューリマスター版。

関連項目編集

外部リンク編集