メインメニューを開く

ニコラ・ジャック・アンドレ・ユロフランス語: Nicolas Jacques André Hulot1955年4月30日 - [1])は、フランスジャーナリスト報道写真家テレビプロデューサー環境運動家政治家エマニュエル・マクロン政権の環境連帯・移行省大臣(環境相)を務めた。

ニコラ・ユロ
Nicolas Hulot
Nicolas Hulot 2015 (cropped).jpg
2015年12月7日
生年月日 (1955-04-30) 1955年4月30日(64歳)
出生地 フランスの旗 フランスノール県リール[1]
称号 レジオンドヌール勲章コマンドゥール[1]

環境連帯・移行省大臣(環境相)
在任期間 2017年5月17日 -  2018年9月4日
テンプレートを表示

ノール県リール生まれ[1]パリ16区の私立エコール・サン=ジャン=ドゥ=パッシー、ニースの私立コレージュ・サッセルノ、パリ6区のリセ・フェヌロンCPGEなどを経て1973年にバカロレア取得後、パリ第6大学医学部に入ったが6ヶ月程で退学した[2]報道写真家になり1976年にはグアテマラ内戦、さらに南アフリカローデシアなどを取材しイアン・スミスにインタビューした。また1979年にはジャック・メスリーヌが蜂の巣で射殺されるパリ18区の現場にまさにいたが、写真を撮ることは断った。

2012年-2015年、地球保護担当共和国大統領特使[1]。2015年、レジオンドヌール勲章コマンドゥールを受章[1]

2017年5月、国務大臣、エコロジー移行・連帯省大臣に就任。同年7月6日パリ協定目標達成に向けて、2040年までにガソリン自動車ディーゼル自動車の販売を終了させる方針を発表した[3]。 2018年8月28日、ラジオ番組で環境大臣辞任を表明[4]

脚注編集

[ヘルプ]