ニセコ積丹小樽海岸国定公園

ニセコ積丹小樽海岸国定公園(ニセコしゃこたんおたるかいがんこくていこうえん)は、北海道にある国定公園。北海道内唯一となる海域公園に指定されている地区(積丹半島、小樽海岸)がある[3]

ニセコ積丹小樽海岸国定公園
Niseko-Shakotan-Otaru Kaigan Quasi-national Park
IUCNカテゴリV(景観保護地域)
Mt Iwaonupuri and Niseko Onuma Marsh.JPG
130823 Cape Kamui Shakotan Hokkaido Japan01s3.jpg
(上)イワオヌプリとニセコ大沼(2007年8月)
(下)神威岬(2013年8月)
指定区域
分類 国定公園
面積 19,009ヘクタール[1]
前身 ニセコ道立自然公園
指定日 1963年7月24日
運営者 北海道
年来園者数 4,354,000人[2]
事務所 北海道後志総合振興局保健環境部環境生活課
事務所所在地 北海道虻田郡倶知安町北1条東2
公式サイト ニセコ積丹小樽海岸国定公園
テンプレートを表示

目次

地域編集

ニセコ積丹小樽海岸国定公園ニセコ地区

ニセコ積丹小樽海岸国定公園積丹・小樽海岸地区

  • 積丹・小樽海岸地区
    • 積丹半島からオタモイ、忍路、赤岩の海食崖やローソク岩などの奇岩積丹岬神威岬、ビヤノ岬、小樽海岸周辺の海中景観(海中公園)からなる地域[6]。積丹半島と神威岬は北海道遺産に選定されている[7]。海域公園は2つの地区に分かれており、積丹半島海域公園地区は積丹半島から日本海に突出したビヤノ岬、積丹岬、神威岬の各周辺海域に位置している[6]。この海域は緯度が高いにもかかわらず対馬海流の影響を受けるため、温帯性の生物相と亜寒帯性の生物相が混在する海中景観になっている[6]。小樽海岸海域公園地区はオタモイで断層によって分けられ、これより西側では海食崖が著しく発達している[6]

自然編集

ニセコ連峰の山腹ではカンバ類、イタヤカエデミズナラなどの広葉樹が多く、部分的にエゾマツトドマツが混成している[4]。中腹の大半はダケカンバの純林地帯であり、地表はチシマザサに覆われている[4]。山頂部付近になると各種の高山植物を見ることができる[4]。大谷地付近のフサスギナは日本国内ではここだけに植物群落がある[4]。積丹・小樽海岸地区の断崖は殆ど裸地となっており、緩傾斜の部分はイタヤカエデを中心としてカンバ類、ミズナラ、カシワエゾニワトコなどの広葉樹林が多く、一部にササ類を主体とした草原がある[6]。海浜にはハマナスハマエンドウエゾノハマアザハマハコベコハマギクエゾスカシユリなどがあり、オショロソウの名で知られるバシクルモン(ラフマ)がある[6]

景勝地編集

ニセコ地区

積丹・小樽海岸地区

集団施設地区編集

国定公園集団施設地区[9]
地区名 面積 所在地 利用者数(人)
祝津 21.6ha 北海道小樽市 474,000[10]
湯本温泉 214.4ha 北海道磯谷郡蘭越町 242,000[10]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 国定公園地種区分別面積 (PDF)”. 環境省 (2016年). 2016年8月24日閲覧。
  2. ^ 平成25年国定公園利用者数(公園、都道府県別) (PDF)”. 環境省. 2016年8月24日閲覧。
  3. ^ 国定公園内海域公園地区 (PDF)”. 環境省. 2016年8月25日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g 管理指針, p. 1.
  5. ^ 支笏洞爺国立公園”. 環境省. 2016年8月25日閲覧。
  6. ^ a b c d e f 管理指針, pp. 15-16.
  7. ^ 積丹半島と神威岬”. 北海道遺産協議会. 2016年8月25日閲覧。
  8. ^ 神威岬”. 北海道ファンマガジン (2009年5月14日). 2016年8月25日閲覧。
  9. ^ 国定公園集団施設地区 (PDF)”. 環境省 (2016年). 2016年8月24日閲覧。
  10. ^ a b 国定公園集団施設地区等利用者数 (PDF)”. 環境省. 2016年8月24日閲覧。

参考資料編集

関連項目編集

外部リンク編集