ニッキー・ストーム

ニッキー・ストームNikki Storm)のリングネームで知られるニコラ・グレンクロスNicola Glencross1989年4月21日 - )は、イギリスの女子プロレスラースコットランドグラスゴー出身。WWEニッキー・クロスNikki Cross)のリングネームで所属。

ニッキー・クロス
Nikki Cross Axxess 2018.jpg
プロフィール
リングネーム ニッキー・クロス
ニッキー・ストーム
本名 ニコラ・グレンクロス
ニックネーム Best In The Galaxy
身長 155cm[1]
体重 52kg[1]
誕生日 (1989-04-21) 1989年4月21日(31歳)[1]
出身地 スコットランドの旗 スコットランドグラスゴー[1]
所属 WWE
トレーナー ダミエン・オコーナー
ロビー・ブルックサイド
デビュー 2008年9月20日[1]
テンプレートを表示

来歴編集

2008年9月20日、地元スコットランドのSWAでデビュー[1]

2011年10月8日、日本から遠征してきたアイスリボン藤本つかさとシングルで対戦。

2012年、EVE主催「クイーン・オブ・ザ・リング」優勝[1]。11月10日、アルファ・フィーメルとのハードコアマッチで勝利してEVE王座奪取に成功するも、直後にJWP認定無差別級王座を防衛したばかりのさくらえみに敗れ王座陥落[1]

2013年2月2日、さくらと再戦して王座奪還に成功[1]。4月に初来日を果たす[1]。来日初戦となった4月14日のJWP後楽園ホール大会にてさくらと組み、モーリー&中森華子組と対戦し、中森にアークティック・サイクロンネックブリーカーを決めて勝利[2]。試合後、5月5日板橋グリーンホールにて中森とEVE王座を懸けてシングルで対戦することが決まった[3]。日本滞在中はJWPに加え、4月25日のWNC後楽園大会にも参戦し、真琴が持つWNC女子王座に挑戦した[4]。5月5日、JWP板橋大会で中森と防衛戦を行い、2度目の防衛に成功[5]

2015年5月、2年ぶりの来日を果たし、スターダムに参戦[6]。後楽園大会で紫雷イオワンダー・オブ・スターダム王座を争う。

2016年4月7日、アメリカのメジャー団体であるWWEと契約を交わし入団[7]。4月12日、育成施設であるWWEパフォーマンスセンターにてトレーニングを開始[8]。同月22日、傘下団体であるNXTのNXT Liveにてデビューを飾り、マンディ・ローズと組んでリヴ・モーガン & アリーヤと対戦するが最後にリヴにムーンサルトプレスを決められ敗戦した[9]。8月27日、リングネームをニッキー・クロスNikki Cross)に変更。エンバー・ムーンと対戦するが敗戦[10]。10月12日、NXTのダスティ・ローデス・タッグトーナメント・クラシックにてエリック・ヤングアレクサンダー・ウルフソーヤー・フルトンと共にヒールユニット、サニティー(SAnitY)として登場。ウルフ & フルトンのセコンドとなり、ボビー・ルード & タイ・デリンジャーと対戦。デリンジャーを一方的に攻め、ルードは敵前逃亡。最後にデリンジャーに合体技を決めて勝利。試合後、リングに上がるとデリンジャーを襲撃した[11]

2019年1月14日、RAWでライオット・スクワッドvsナタリア & ベイリーの試合でナタリアとベイリーの助っ人として登場。勝利に貢献した[12]

得意技編集

 
スウィンギングネックブリーカー
 
ザパージ
ザパージ
スイング式フッシャマンズ・ネックブリーカー
パーフェクトストーム
ファイヤーマンズキャリーから、みちのくドライバーIIのように前方に落とす。
中邑真輔のランドスライド、佐々木義人のハリケーンドライバーと同型技。
サイクロンネックブリーカー
スウィンギングネックブリーカー
ヘイル・ストーム<
ダイビング・ヘッドバット
アイ・オブ・ザ・ストーム
変形クロスフェイス

獲得タイトル編集

w / アレクサ・ブリス
  • EVE王座 : 3回
  • W3L女子王座 : 1回

その他編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g h i j “イギリスEVE王者・ニッキーストームが来日”. RINGSTARS. (2013年4月3日). http://ameblo.jp/ringstars/entry-11503720743.html 
  2. ^ 2013.4.14 後楽園ホール 試合”. 株式会社JWPプロデュース. 2013年4月27日閲覧。
  3. ^ 2013.4.14 後楽園ホール 総評2”. 株式会社JWPプロデュース. 2013年4月27日閲覧。
  4. ^ 2013-04-25 WNC旗揚げ一周年記念『後楽園ホール大決戦』 試合結果”. 株式会社WNC. 2013年4月27日閲覧。
  5. ^ “中島安里紗と華名がバックステージで大乱闘!5・5JWP板橋”. ファイト!ミルホンネット. (2013年5月6日). http://miruhon.net/news/2013/05/55jwp.html 
  6. ^ 2015年3月9日 4月~5月追加日程&参戦外国人選手”. 株式会社スターダム (2015年3月9日). 2015年4月8日閲覧。
  7. ^ Report: Scottish Women’s Wrestler Nikki Storm Signs With WWE”. SeScoops.com. 2016年4月7日閲覧。
  8. ^ WWE Performance Center welcomes new class of recruits”. WWE.com. 2016年4月12日閲覧。
  9. ^ WWE NXT House Show Results 4.22.16 – Tampa, Florida”. 411mania.com. 2016年4月22日閲覧。
  10. ^ WWE NXT Live (8/27/16) Jacksonville, FL - Complete Match Results”. WrestlingNewsWorld.com. 2016年8月28日閲覧。
  11. ^ WWE NXT Results – 10/12/16 (SAnitY debuts with a returning Eric Young, Nakamura gets revenge on Samoa Joe)”. Wrestleview.com. 2016年10月13日閲覧。
  12. ^ WWE Raw: Live Updates, Results and Reaction for January 14”. Bleacher Report. 2018年1月15日閲覧。
  13. ^ Nikki Cross and Killian Dain get married”. WWE.com. 2019年1月20日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集