ニック・エバンス

ニコラス・レジナルド・エバンスNicholas Reginald Evans, 1986年1月30日 - )は、アメリカ合衆国アリゾナ州マリコパ郡グレンデール出身のプロ野球選手一塁手外野手)。右投右打。

ニック・エバンス
Nick Evans
斗山ベアーズ #44
N evans20140806.jpg
楽天時代 (2014年8月6日)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 アリゾナ州マリコパ郡グレンデール
生年月日 (1986-01-30) 1986年1月30日(31歳)
身長
体重
6' 2" =約188 cm
220 lb =約99.8 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 一塁手外野手
プロ入り 2004年 ドラフト5巡目(全体134位)でニューヨーク・メッツから指名
初出場 MLB / 2008年5月24日 コロラド・ロッキーズ
NPB / 2014年8月5日 千葉ロッテマリーンズ
KBO / 2016年4月1日 サムスン・ライオンズ
年俸 $680,000(2017年)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

目次

経歴編集

メッツ時代編集

 
メッツ時代(2011年9月1日)

2004年MLBドラフト5巡目(全体134位)でニューヨーク・メッツから指名され、6月16日に契約。ルーキー級ガルフ・コーストリーグ・メッツで50試合に出場し、7本塁打27打点3盗塁、打率.258だった。

2005年はルーキー級キングスポート・メッツで15試合に出場後、7月にA-級ブルックリン・サイクロンズへ昇格。57試合に出場し、6本塁打33打点、打率.252だった。

2006年はA級ヘイガーズタウン・サンズで137試合に出場し、15本塁打67打点2盗塁、打率.254だった。

2007年はA+級セントルーシー・メッツで103試合に出場し、15本塁打54打点3盗塁、打率.286だった。

2008年はAA級ビンガムトン・メッツで開幕を迎え、5月24日にメッツとメジャー契約を結んだ[1]。同日のコロラド・ロッキーズ戦でメジャーデビュー。8番・左翼で先発起用され、4打数3安打2打点と活躍した。その後も先発起用されていたが、6月8日にAAA級ニューオーリンズ・ゼファーズへ降格。7月8日にメジャーへ再昇格した[2]。この年は50試合に出場し、2本塁打9打点、打率.257だった。

2009年3月1日にメッツと1年契約に合意。4月5日にAAA級バッファロー・バイソンズへ異動し、開幕をAAA級で迎えた。6月19日にメジャーへ昇格[3]。昇格後は一塁手として出場し、7月から左翼手に復帰。7月11日にAAA級へ降格した[4]8月25日にメジャーへ再昇格[5]。昇格後は主に代打として出場した。この年は30試合に出場し、1本塁打7打点、打率.231だった。

2010年3月10日にメッツと1年契約に合意。3月23日にAAA級バッファローへ異動し、AAA級で開幕を迎えた。7月9日にメジャーへ昇格[6]。昇格後は代打として2試合に出場したが、2打数無安打と結果を残せず、7月16日にAAA級へ降格した[7]。選手枠が拡大した9月5日にメジャーへ再昇格[8]。この年は20試合に出場し、1本塁打5打点、打率.324だった。

2011年3月3日にメッツと1年契約に合意したが、3月30日に40人枠を外れ、AAA級バッファローへ降格した[9]5月18日に再びメッツとメジャー契約を結び、8試合に出場したが、12打数無安打と結果を残せず、6月10日DFAとなり[10]6月14日にAAA級バッファローへ降格[11]7月7日に再びメッツとメジャー契約を結び[12]、9試合に出場したが、7月22日に再びDFAとなり、7月27日にAAA級バッファローへ降格。8月6日に再びメッツとメジャー契約を結んだ[13]。この年は59試合に出場し、4本塁打25打点、打率.256だった。オフの11月11日に40人枠を外れ、AAA級バッファローへ降格した。11月16日にFAとなった。

パイレーツ傘下時代編集

2011年11月30日ピッツバーグ・パイレーツとマイナー契約を結んだ[14]

2012年はAAA級インディアナポリス・インディアンスで開幕を迎え、19試合に出場していたが、左手首の故障で5月に離脱。8月にルーキー級ガルフ・コーストリーグ・パイレーツで復帰したが、2試合の出場にとどまった。オフの11月3日にFAとなった。

ダイヤモンドバックス時代編集

2012年11月20日ロサンゼルス・ドジャースとマイナー契約を結んだ。

2013年3月18日に放出され、3月29日アリゾナ・ダイヤモンドバックスとマイナー契約を結んだ。この年はAA級モービル・ベイベアーズで133試合に出場し、19本塁打81打点2盗塁、打率.267だった。

2014年はAAA級リノ・エーシズで開幕を迎え、開幕後は44試合に出場。11本塁打44打点、打率.335と好成績を残し、5月28日にダイヤモンドバックスとメジャー契約を結んだ[15]。昇格後は18試合に出場し、2本塁打7打点、打率.273だった。7月28日に放出された[16]

楽天時代編集

2014年7月30日に東北楽天ゴールデンイーグルスと契約に合意した[17]。8月5日の千葉ロッテマリーンズ戦(QVCマリン)で初出場。翌6日には初安打と初打点を挙げるが、その後は全く結果を残せず。わずか5試合の出場(18打数2安打)にとどまり、同年シーズン終了を以って退団[18]

ダイヤモンドバックス復帰からパドレスへ編集

2014年11月20日にダイヤモンドバックスとマイナー契約を結ぶ。

2015年オフに自由契約となり、11月23日にサンディエゴ・パドレスとマイナー契約を結ぶ。

斗山時代編集

2016年1月25日、韓国プロ野球斗山ベアーズと契約し主力打者として活躍したため、2017年の再契約も結ばれた。

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
2008 NYM 50 119 109 18 28 10 0 2 44 9 0 0 0 2 7 2 1 24 1 .257 .303 .404 .706
2009 30 69 65 5 15 5 1 1 25 7 0 0 0 0 4 0 0 20 4 .231 .275 .385 .660
2010 20 37 36 5 11 3 0 1 17 5 0 0 0 0 1 0 0 10 1 .306 .324 .472 .797
2011 59 194 176 26 45 10 2 4 71 25 0 1 0 2 15 0 1 48 6 .256 .314 .403 .718
2014 ARI 18 23 22 2 6 2 0 2 14 7 0 0 0 0 1 0 0 10 0 .273 .304 .636 .940
楽天 5 18 18 0 2 0 0 0 2 1 0 0 0 0 0 0 0 7 0 .111 .111 .111 .222
2016 斗山 118 481 400 69 123 31 0 24 226 81 0 0 0 7 69 0 5 90 10 .308 .410 .565 .975
MLB:5年 177 442 408 56 105 30 3 10 171 53 0 1 0 4 28 2 2 112 12 .257 .305 .419 .724
NPB:1年 5 18 18 0 2 0 0 0 2 1 0 0 0 0 0 0 0 7 0 .111 .111 .111 .222
KBO:1年 118 481 400 69 123 31 0 24 226 81 0 0 0 7 69 0 5 90 10 .308 .410 .565 .975
  • 2016年度シーズン終了時

記録編集

NPB

背番号編集

  • 6 (2008年 - 2011年)
  • 28 (2014年 - 同年途中)
  • 3 (2014年途中 - 同年終了)
  • 44 (2016年 - )

脚注編集

  1. ^ Owen Perkins (2008年5月24日). “Anderson latest Mets outfielder to sit”. MLB.com. 2014年5月29日閲覧。
  2. ^ Jon Blau (2008年7月8日). “Church returns to disabled list”. MLB.com. 2014年5月29日閲覧。
  3. ^ Marty Noble (2009年6月19日). “Mets bring Evans back into the fold”. MLB.com. 2014年5月29日閲覧。
  4. ^ Tim Britton (2009年7月11日). “Pelfrey can usher in break on high note”. MLB.com. 2014年5月29日閲覧。
  5. ^ Mets recall Pat Misch and Nick Evans from Buffalo”. MLB.com Mets Press Release (2009年8月25日). 2014年5月29日閲覧。
  6. ^ Kyle Maistri, Didier Morais (2010年7月10日). “Mets call up Evans, send Igarashi to Class A”. MLB.com. 2014年5月29日閲覧。
  7. ^ Anthony DiComo (2010年7月16日). “Reyes eyeing Sunday return to lineup”. MLB.com. 2014年5月29日閲覧。
  8. ^ Bradford Doolittle (2010年9月5日). “Parnell on tear, may get chance to close”. MLB.com. 2014年5月29日閲覧。
  9. ^ Anthony DiComo (2011年3月30日). “Johan disappointed he's staying at camp”. MLB.com. 2014年5月29日閲覧。
  10. ^ Anthony DiComo (2011年6月10日). “Mets designate Evans for assignment”. MLB.com. 2014年5月29日閲覧。
  11. ^ Anthony DiComo (2011年6月14日). “Bay relegated to bench for opener in Atlanta”. MLB.com. 2014年5月29日閲覧。
  12. ^ Mets place Jose Reyes on 15-day DL; select the contract of Nick Evans from Buffalo”. MLB.com Mets Press Release (2011年7月7日). 2014年5月29日閲覧。
  13. ^ Aaron Taube (2011年8月6日). “Mets bring up Evans, option Nickeas”. MLB.com. 2014年5月29日閲覧。
  14. ^ Pirates sign Minor League free agent Nick Evans”. MLB.com Pirates Press Release (2011年11月30日). 2014年5月29日閲覧。
  15. ^ Adam Lichtenstein (2014年5月28日). “D-backs promote Evans, option Marte to Reno”. MLB.com. 2014年5月29日閲覧。
  16. ^ Adam Lichtenstein (2014年7月28日). “D-backs reinstate Pacheco from 15-day disabled list, place Evans on unconditional release waivers”. MLB.com D-backs Press Release. 2014年7月29日閲覧。
  17. ^ 【ニック・エバンス選手】契約合意に関して”. 東北楽天ゴールデンイーグルス (2014年7月30日). 2014年7月30日閲覧。
  18. ^ 2014年度 自由契約選手 日本野球機構オフィシャルサイト 2014年12月4日閲覧。

外部リンク編集