メインメニューを開く

ニコラス・エドワード・"ニック"・フォールズNicholas Edward "Nick" Foles, 1989年1月20日 - )は、アメリカ合衆国テキサス州オースティン出身のアメリカンフットボール選手。ポジションはクォーターバック(QB)。現在NFLジャクソンビル・ジャガーズに所属。

No image.svg ニック・フォールズ American football pictogram.svg
Nick Foles
ジャクソンビル・ジャガーズ No.7
Nick Foles calling play in 2012.jpg
基本情報
ポジション クォーターバック
生年月日 (1989-01-20) 1989年1月20日(30歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
テキサス州の旗 テキサス州オースティン
身長 6' 6" =約198.1cm
体重 245 lb =約111.1kg
経歴
大学 アリゾナ大学
NFLドラフト 2012年 / 3巡目全体88位
初出場年 2012年
初出場チーム フィラデルフィア・イーグルス
所属歴
2012-2014 フィラデルフィア・イーグルス
2015 セントルイス・ラムズ
2016 カンザスシティ・チーフス
2017-2018 フィラデルフィア・イーグルス
2019- ジャクソンビル・ジャガーズ
受賞歴・記録
スーパーボウル制覇(1回)
2017
スーパーボウルMVP(1回)
2017
プロボウル選出(1回)
2013
その他受賞・記録
プロボウル攻撃MVP:(2013年)
NFL最優秀QBレイティング:(2013年)
NFL 通算成績
(2017年終了時点)
TD-INT 61-29
パス成功率 60.1%(833/1,386)
パス獲得ヤード 9,752
レーティング 87.4
Player stats at NFL.com

2013年第9週のオークランド・レイダーズ戦では、400ヤード以上を投げてパーフェクトQBレイティング(158.3)を記録した(NFL史上2人目)。また、パーフェクトQBレイティングと7TDを同時にあげた史上初めてのQBとなった[1]

経歴編集

高校時代まで編集

1989年にテキサス州オースティンで生まれた。高校はニューオーリンズ・セインツのQBドリュー・ブリーズが卒業したウェストレイク高校に入学した。高校時代は2年間の先発でパス5,658ヤード、56TDを記録し、ブリーズの持っていたチーム記録を破った。なお、この二人は2013-14年シーズンのNFLプレイオフで対戦する事になる。また、ボルチモア・レイブンズキッカーであるジャスティン・タッカーとは高校時代のチームメイトだった。

アリゾナ大学編集

高校卒業後、ミシガン州立大学に進学したフォールズはその後、アリゾナ大学に転校した。

プロ入り後編集

フィラデルフィア・イーグルス編集

2012年ドラフトの3巡目(全体88位)でフィラデルフィア・イーグルスに指名された彼は、2012年5月21日にチームと4年契約を結んだ[2]。 2013年第9週のオークランド・レイダーズ戦ではパス28回中24回成功、406ヤード、そしてNFL記録に並ぶ7タッチダウンパスをあげた[3]。 2013年シーズンは2,891ヤードを投げ、27TD、2INT、QBレイティング119.2でチームをプレイオフへ導いた[4]。 2014年11月2日のヒューストン・テキサンズ戦で鎖骨を骨折し全治6週間から8週間の怪我を負った[5]

セントルイス・ラムズ編集

2015年3月10日、QBサム・ブラッドフォードと2015年ドラフト5巡指名権と引き換えにセントルイス・ラムズへトレードされ[6]、2017年シーズンまでの2年契約となった[7]。 しかし、シーズンは11試合に先発してパスを2,052ヤードを投げ、7タッチダウン、10インターセプト、QBレイティング69.0と低調な成績で、途中からは先発QBを外された[8]

2016年度のドラフトでラムズが全体1位でQBジャレッド・ゴフを指名したことで関係が悪化し、オフシーズンのワークアウトをスキップした。その後、トレーニングキャンプ前の7月27日に解雇され、フリーエージェントとなった[9]

カンザスシティ・チーフス編集

2016年8月4日、カンザスシティ・チーフスと契約を結んだ[10]アレックス・スミスのバックアップとなった[11]。第8週のインディアナポリス・コルツ戦で脳震盪により退場したスミスに代わり試合に出場した。第9週のジャクソンビル・ジャガーズ戦では先発QBを務めた。第10週からはスミスが先発QBに復帰している。2017年3月9日、フリーエージェントとなった。

フィラデルフィア・イーグルス(2度目)編集

2017年3月13日、フィラデルフィア・イーグルスと2年契約を結び、古巣に復帰した[12]。イーグルスでは先発QBカーソン・ウェンツのバックアップを務めることとなった。チームが好調な中、第14週のロサンゼルス・ラムズ戦でウェンツが左膝前十字靭帯の断裂により途中退場したことから、フォールズが代わって試合に出場した[13]。そのままプレーオフでも先発QBとしてプレーし、チームはスーパーボウルに進出、ニューイングランド・ペイトリオッツとの対戦に勝利しスーパーボウルMVPに選ばれた[14]

2018年には開幕戦でスターターをつとめるも、その後はウェンツにポジションを奪われる。だが終盤ウェンツの怪我により再びスターターに復帰し、チームをプレーオフに導いた。

ジャクソンビル・ジャガーズ編集

2019年3月13日ジャクソンビル・ジャガーズと4年8,800万ドル(約98億円)の契約を締結した。同年9月8日、カンザスシティ・チーフスに40対26で黒星を喫した試合後、ヘッドコーチのダグ・マローンはフォールズが左鎖骨を骨折していると明かした[15]

プレースタイル編集

「落とす角度まで調整している」と評される抜群のコントロールを持ち、ブロックもほぼ不可能な198cmの長身からレシーバーへ繰り出される正確無比なパスはフォールズの強力な武器である。

しかし、フォールズ以前にイーグルスで先発QBを務めていたドノバン・マクナブマイケル・ヴィックのような足の速さも肩の強さもないため、唯一にして最大の武器であるコントロールを最大限に活かすためのコーチの起用法と手腕が求められる。

そんなフォールズの持ち味が最も活きるシステムがランパスオプションであり、ウェンツの離脱後、ダグ・ピーダーソンはフォールズのブレイクのきっかけとなった2013年にチップ・ケリーが採用していたシステムをチームに再導入し、それがフォールズの活躍とスーパーボウル制覇に繋がった。

人物編集

キリスト教徒である[16]。現在、リバティ大学のオンライン大学院生であり、神学の修士号を取得している[17]。フォールズは、アメリカンフットボール選手としてのキャリアの後には牧師になるつもりだと述べている[18]

フォールズは、2014年に元NFLのタイトエンドエヴァン・ムーアの妹であるトリ・ムーアと結婚した[19]。 ムーアとは、2012年にイーグルスでチームメイトだった。2017年に長女が生まれた。

2018年6月26日、自叙伝『Believe It:My Journey of Success, Failure, and Overcoming the Odds』を執筆し上梓。発売後、ニューヨークタイムズのベストセラーリストで5位を記録した。

詳細情報編集

年度別成績編集

レギュラーシーズン編集

年度 チーム

試合 パス ラン 記録
出場 先発 成功
回数
試投
回数
成功
確率
獲得
ヤード
平均
獲得
ヤード
TD インター
セプト
レイテ
ィング
試行
回数
獲得
ヤード
平均
獲得
ヤード
TD 先発出場
試合勝敗
2012 PHI 9 7 6 161 265 60.8% 1,699 6.4 6 5 79.1 11 42 3.8 1 1–5
2013 13 10 203 317 64.0% 2,891 9.1 27 2 119.2 57 221 3.9 3 8–2
2014 8 8 186 311 59.8% 2,163 7.0 13 10 81.4 16 68 4.3 0 6–2
2015 STL 5 11 11 190 337 56.4% 2,052 6.1 7 10 69.0 17 20 1.2 1 4–7
2016 KC 4 3 1 36 55 65.5% 410 7.5 3 0 105.9 4 −4 −1.0 0 1–0
2017 PHI 9 7 3 57 101 56.4% 537 5.3 5 2 79.5 11 3 0.3 0 2–1
2018 5 5 141 195 72.3% 1,413 7.2 7 4 96.0 9 17 1.9 0 4–1
NFL:7年 54 44 974 1,581 61.6% 11,165 7.1 68 33 88.5 125 367 2.9 5 26–18
  • 2018年度シーズン終了時
  • 太字は自身最高記録
  • は各年度のリーグ最高記録

ポストシーズン編集

年度 チーム 試合 パス ラン 記録
出場 先発 成功
回数
試投
回数
成功
確率
獲得
ヤード
平均
獲得
ヤード
TD インター
セプト
レイテ
ィング
試行
回数
獲得
ヤード
平均
獲得
ヤード
TD 先発出場
試合勝敗
2013 PHI 1 1 23 33 69.7% 5.9 195.0 0 105.0 2 1 3 3.0 0 0–1
2017 3 3 77 106 72.6% 971 9.2 6 1 115.7 5 −2 −0.4 0 3–0
2018 2 2 43 71 60.6% 467 6.6 3 4 70.6 3 −1 −1.0 1 1–1
6 6 143 210 68.1% 1,563 7.4 11 5 97.4 8 0 0.0 1 4–2

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ Nick Foles ties NFL record with 7 TD passes; Eagles win”. NFL (2013年11月3日). 2015年8月26日閲覧。
  2. ^ 5月21日発表の選手契約”. アメフトNewsJapan (2012年5月21日). 2014年9月6日閲覧。
  3. ^ フォールズがNFLタイ記録の7TDパス! イーグルス圧勝”. NFL JAPAN (2013年11月4日). 2015年1月1日閲覧。
  4. ^ ニック・フォールズ”. NFL JAPAN (2014年12月31日). 2015年1月1日閲覧。
  5. ^ イーグルス、鎖骨骨折のQBフォールズは最短で全治6週間”. NFL JAPAN (2014年11月4日). 2014年11月14日閲覧。
  6. ^ QB同士のトレード成立、元ドラ1ブラッドフォードがイーグルスへ”. NFL JAPAN (2015年3月11日). 2015年3月14日閲覧。
  7. ^ ラムズ、今オフに獲得のQBフォールズと契約延長”. NFL JAPAN (2015年8月8日). 2016年8月5日閲覧。
  8. ^ ラムズ決断、先発QBをフォールズからキーナムへ交代”. NFL JAPAN (2015年11月17日). 2016年8月5日閲覧。
  9. ^ ラムズがQBフォールズ解雇、「これがお互いにとってベスト」とHC”. NFL JAPAN (2016年7月28日). 2016年8月5日閲覧。
  10. ^ チーフス、前ラムズQBフォールズと契約合意”. NFL JAPAN (2016年8月4日). 2016年8月25日閲覧。
  11. ^ チーフスはQBフォールズのオプション行使を回避か”. NFL JAPAN (2017年2月16日). 2017年9月17日閲覧。
  12. ^ QBフォールズが2年契約で古巣イーグルスに復帰”. NFL JAPAN (2017年3月14日). 2017年9月17日閲覧。
  13. ^ イーグルスに悲報、QBウェンツがACL断裂で今季終了”. NFL JAPAN (2017年12月12日). 2017年12月12日閲覧。
  14. ^ Jeremy Bergman (2018年2月4日). “Eagles QB Nick Foles wins Super Bowl LII MVP” (英語). NFL.com. 2018年2月5日閲覧。
  15. ^ ジャガーズQBフォールズは左鎖骨を骨折、月曜日に手術へ”. NFL JAPAN (2019年9月9日). 2019年9月23日閲覧。
  16. ^ Press Conference: Nick Foles” (英語). Philadelphia Eagles (2013年11月7日). Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  17. ^ “It’s Super Bowl time for Liberty University student Nick Foles” (英語). Liberty.edu. https://www.liberty.edu/news/index.cfm?PID=18495&MID=255984 2018年2月2日閲覧。 
  18. ^ FOX. “Nick Foles plans to become a pastor after football career” (英語). WTXF. http://www.fox29.com/news/local-news/nick-foles-plans-to-become-a-pastor-after-football-career 2018年2月3日閲覧。 
  19. ^ Shorr-Parks, Eliot. “Eagles QB Nick Foles marries longtime girlfriend, Tori Moore” (英語). NJ.com. http://www.nj.com/eagles/index.ssf/2014/04/eagles_qb_nick_foles_marries_to_longtime_girlfriend_tori.html 

外部リンク編集