メインメニューを開く

ニック・リマンド

アメリカのサッカー選手

ニック・リマンドNick Rimando1979年6月17日 - )は、アメリカ合衆国カリフォルニア州モントクレア出身のプロサッカー選手サッカーアメリカ合衆国代表レアル・ソルトレイク所属。ポジションはGK

ニック・リマンド Football pictogram.svg
Nick Rimando.jpg
名前
本名 Nicholas Paul Rimando
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
生年月日 (1979-06-17) 1979年6月17日(40歳)
出身地 カリフォルニア州モントクレア
身長 178cm
選手情報
在籍チーム アメリカ合衆国の旗レアル・ソルトレイク
ポジション GK
背番号 18
ユース
1997-1999 アメリカ合衆国の旗 UCLA
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2000-2001 アメリカ合衆国の旗 マイアミ・フュージョン 47 (0)
2002-2006 アメリカ合衆国の旗 D.C. ユナイテッド 98 (0)
2007- アメリカ合衆国の旗 レアル・ソルトレイク 307 (0)
代表歴2
1998-1999  U-20アメリカ 31 (0)
2002-2018 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 22 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2017年12月31日現在。
2. 2017年9月1日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

目次

経歴編集

初期編集

カリフォルニア州モントクレアにて、フィリピン系の父とメキシコ系の母との間に生まれた[1]。地元高校卒業後、カリフォルニア大学ロサンゼルス校に進学。同校のサッカー部には後に代表でもチームメイトとなるカルロス・ボカネグラジミー・コンラッドらも在籍していた。1997年にはNCAA男子ディビジョンIサッカーチャンピオンシップ優勝を達成した。

クラブ編集

2000年のMLSスーパードラフトで、三巡目(全体35人目)にマイアミ・フュージョン指名された。加入後すぐにレギュラーをつかみ、2001年にはサポーターズ・シールドを獲得した。

2001年シーズン終了後、マイアミ・フュージョンの活動停止に伴う配属ドラフトでD.C. ユナイテッドに指名された。加入2シーズンに渡ってレギュラーを務め、2004年シーズンはトロイ・パーキンスの加入により一時ポジションを失ったが、2005年シーズンはレギュラーを奪取。しかし2006年シーズンは再度パーキンスにポジションを明け渡した。

2006年12月11日、チームメイトのフレディー・アドゥと共にレアル・ソルトレイクに移籍[2]。2月9日、ニューヨーク・レッドブルズにトレードされた[3]が、スコット・ガーリックの引退に伴い2月23日にソルトレイクに復帰[4]。2007年シーズンは低調なチームの中にあって孤軍奮闘し、27試合で146セーブを記録した。この活躍からシーズンのチームMVPに選ばれた。2009年のウェスタン・カンファレンス決勝・シカゴ・ファイアー戦ではPK戦において3度ストップ、勝利に大きく貢献した。MLSカップ決勝でもロサンゼルス・ギャラクシーを下し優勝、自身は大会MVPに選ばれた。2010年シーズンは無失点14試合と568分間無失点のクラブレコードを達成したが、MLS最優秀GKには選ばれなかった(LAギャラクシーのドノヴァン・リケッツが受賞)[5]。2013年3月3日のサンノゼ・アースクエイクス戦でMLS史上二人目となる100試合無失点を達成。

代表編集

1999年4月、ナイジェリアで開催された1999 FIFAワールドユース選手権に参加した。

2002年11月17日、エルサルバドル戦でフル代表デビュー。ただし、この後は2009年に7年ぶりに招集されるまで長期にわたって代表から遠ざかった。2010 FIFAワールドカップでは大会直前のトレーニングに参加したが、登録メンバーからは漏れた。ほとんどの期間ティム・ハワードの控えに置かれたが、2013 CONCACAFゴールドカップでは第一キーパーを務めた。2014 FIFAワールドカップではメンバー入りしたが[6]、1分もプレーせず大会を終えた。

タイトル編集

クラブ編集

DCユナイテッド
  • MLSカップ: 2004
  • イースタン・カンファレンス: 2004
レアル・ソルトレイク
  • MLSカップ: 2009
  • イースタン・カンファレンス: 2009
  • ウェスタン・カンファレンス: 2013

代表編集

個人編集

  • MLSオールスター (5): 2010, 2011, 2013, 2014, 2015
  • MLSカップMVP: 2009

脚注編集

外部リンク編集