ニッショーホール

ニッショーホールは、日本消防協会が運営する多目的ホール。この項目では旧日本消防会館ビル(1981年 - 2020年)に所在した初代ホールについて説明する。2020年以降の2代目「ニッショーホール」についてはヤクルトホールを参照。

ニッショーホール(初代)
Nissho hall.jpg
初代ニッショーホール
情報
開館 1981年11月16日
閉館 2020年9月30日
客席数 742
運営 日本消防協会
所在地 105-0001
東京都港区虎ノ門2-9-16
位置 北緯35度40分5.2秒 東経139度44分46.2秒 / 北緯35.668111度 東経139.746167度 / 35.668111; 139.746167 (ニッショーホール(初代))座標: 北緯35度40分5.2秒 東経139度44分46.2秒 / 北緯35.668111度 東経139.746167度 / 35.668111; 139.746167 (ニッショーホール(初代))
テンプレートを表示

概要編集

初代ニッショーホールは日本消防会館が2代目ビルに建て替えられるときに建築された多目的ホールで、同ビル竣工時の1981年(昭和56年)11月16日に開場した。主に講演会・トークショー、試写会、企業等の説明会・式事・株主総会・研修会などに用いられた。また例年、日本消防協会主催の「消防殉職者全国慰霊祭」の会場に用いられた。

日本放送協会(NHK)主催の「東京落語会[1]」の定期公演や、同局の公開特別番組「NHK東西浪曲大会」「NHK講談大会」の収録も行われた。

2020年9月に日本消防会館の建て替え工事着工のため閉鎖された[2]。以降は建て替え期間中に日本消防協会が仮入居している旧ヤクルト本社ビル(港区東新橋1-1-19)内にある旧ヤクルトホールを「ニッショーホール」と改称し、2024年まで2代目ホールとして運営する予定である[2]

施設概要編集

2020年10月以降の2代目ホールの施設概要はヤクルトホール参照。

  • 客席(551m2、742名収容)
  • 控室(27m2
  • 楽屋(28m2
  • 舞台(251m2
  • 2階ロビー・廊下(370m2

外部リンク編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 2007年11月から2020年2月まで。NHKテレビ番組「日本の話芸」の収録を兼ねた。2020年3月以降新型コロナウィルスの影響で中止となったまま、本施設閉鎖とともに開催地をイイノホールへ移動して10月から翌年3月まで実施されたが、2020年度を以って月1回の形式による公演は取り止められた。
  2. ^ a b 日本消防会館(トップページ)”. 日本消防会館. 2020年9月20日閲覧。