メインメニューを開く

ニッポノサウルスNipponosaurus sachalinensis)は、1934年昭和9年)に、樺太豊栄郡川上村で発見されたハドロサウルス科恐竜白亜紀後期の約8,300万 - 8,000万年前とされる地層より出土した。ヒパクロサウルス属に近縁と考えられている[1]。ニッポンリュウ(日本竜)とも呼ばれる。

ニッポノサウルス
ニッポノサウルス
Nipponosaurus sachalinensis
地質時代
白亜紀後期
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 爬虫綱 Reptilia
亜綱 : 双弓亜綱 Diapsida
下綱 : 主竜形下綱 Archosauromorpha
上目 : 恐竜上目 Dinosauria
: 鳥盤目 Ornithischia
亜目 : 鳥脚亜目 Ornithopoda
上科 : ハドロサウルス上科
Hadrosauroidea
: ハドロサウルス科
Hadrosauridae
亜科 : ランベオサウルス亜科
Lambeosaurinae
: ニッポノサウルス属
Nipponosaurus
学名
Nipponosaurus
Nagao, 1936

目次

発見編集

 
ニッポノサウルスの骨格標本(国立科学博物館の展示)

化石は、三井鉱山川上炭鉱施設内の病院建設現場から発見された。命名者は北海道大学教授、長尾巧[2]。発掘された化石は頭骨の一部、骨盤腰椎、後脚など、全身の約40%[3]が得られている。産出層は白亜紀に形成された海成層であり、死後、死体が海浜に移動したか、海岸で死亡したとされている。日本人によって研究、記載されたはじめての恐竜である。模式標本は北海道大学に保管され、復元骨格は北海道大学総合博物館と国立科学博物館に展示されている。

形態編集

体長約4メートル、体重1トン程と推定される[4]大腿骨遠位部(膝関節側)には腱を通すための溝が深くトンネル状になっており、腱が抜けない様になっていた[5]。これは、高速走行に適した形態であったと推定されている。[6]また、坐骨先端の突起から、ランベオサウルス亜科に近縁と判断された[2]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『図解雑学:恐竜の謎』 90頁
  2. ^ a b 『面白いほどよくわかる 恐竜』 276頁
  3. ^ 『図解雑学:恐竜の謎』 55頁
  4. ^ 『面白いほどよくわかる 恐竜』 277頁
  5. ^ 『恐竜ホネホネ学』 23頁
  6. ^ 『面白いほどよくわかる 恐竜』 145頁

参考文献編集

  • 伊地知英信『日本にも恐竜がいた』長谷川善和監修、どうぶつ社、1990年。ISBN 4-88622-415-6
  • 平山廉『恐竜の謎』小田隆、ナツメ社図解雑学〉、2006年、55, 90頁。ISBN 4-8163-3306-1
  • 小畠郁生『面白いほどよくわかる 恐竜』日本文芸社〈学校では教えない教科書〉、2007年、145, 276 - 277。ISBN 978-4-537-25506-5
  • 犬塚則久『恐竜ホネホネ学』NHKブックス、2006年、23頁。ISBN 4-14-091061-5

関連項目編集