メインメニューを開く

ニッポーテイオー日本競走馬ニホンピロウイナーに続く、昭和末期の名マイラーである。1986年優駿賞最優秀スプリンター1987年にJRA賞最優秀スプリンターおよびJRA賞最優秀5歳以上牡馬を受賞。半妹エリザベス女王杯を勝ったタレンティドガールがいる。

ニッポーテイオー
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 1983年4月21日
死没 2016年8月16日(33歳没)
リイフォー
チヨダマサコ
生国 日本の旗 日本北海道静内町
生産 千代田牧場
馬主 山石祐一
調教師 久保田金造美浦南
競走成績
生涯成績 21戦8勝
獲得賞金 5億4498万8000円
テンプレートを表示

馬齢は旧表記で統一する。

戦績編集

新馬戦でいきなり大差勝ちしたが、気性の荒さが災いしてかなかなか2勝目を挙げられなかった。皐月賞に出走するも21頭立て12番人気で8着に敗れ、次走のNHK杯でも8着に敗れると、陣営は東京優駿(日本ダービー)を諦め、マイル〜中距離路線へと方針を変える。ニュージーランドトロフィ4歳ステークスを勝利すると、ラジオたんぱ賞では皐月賞優勝馬ダイナコスモスの2着、函館記念でレコード勝ち、毎日王冠ではサクラユタカオーの2着、スワンステークスでは1番人気に応え勝利し、マイルチャンピオンシップに臨んだ。しかし、1番人気に支持されたものの、タカラスチールの2着に敗れた。

5歳となり、京王杯スプリングカップを勝って臨んだ安田記念では、圧倒的人気を得るもフレッシュボイスの2着に敗れた。その後は宝塚記念で2着、毎日王冠も3着と敗れるが、天皇賞(秋)では、5馬身差で勝利すると、続くマイルチャンピオンシップも5馬身差で勝利した。

6歳も前年と同様に京王杯スプリングカップから始動するが、前年の2着馬ダイナアクトレスにアタマ差敗れた。しかし、次走の安田記念では1馬身差で勝利した。そして宝塚記念では、タマモクロスと対決することとなり、マイラーのニッポーテイオーと長距離が得意なタマモクロスではこの距離ならどちらが強いのかと競馬ファンの興味をひいた。単勝はニッポーテイオーが1番人気だったが、結果は2馬身半差の2着に敗れ、このレースを最後に引退。1988年10月9日、東京競馬場引退式が行われた。

引退後編集

引退後はレックススタッド種牡馬入り。初年度産駒からクラシック戦線で活躍し、重賞を2勝したインターマイウェイを送り出すも、その後は散発的に重賞勝ち馬や入着馬を数頭出すにとどまった。また、連戦連敗ながらアイドルホースとなったハルウララの父でもある。2000年の種付けシーズン後に種牡馬を引退し、北海道浦河町うらかわ優駿ビレッジAERUで余生を送っていた。

2016年8月16日、けい養先のうらかわ優駿ビレッジAERUにて老衰のため死没。

主な産駒編集

母の父として、スプリングゲント中山グランドジャンプ (G1) 、東京ハイジャンプ (G2) 、京都ハイジャンプ (G2) 、京都ジャンプステークス (G3) )や、トップコーリング(牛若丸ジャンプS)など障害競走で活躍する馬を何頭も輩出している。

血統表編集

ニッポーテイオー血統リファール系 / 4代内アウトブリード (血統表の出典)

*リイフォー
Lypheor
1975 黒鹿毛
父の父
Lyphard
1969 鹿毛
Northern Dancer Nearctic
Natalma
Goofed Court Martial
Barra
父の母
Klaizia
1965 鹿毛
Sing Sing Tudor Minstrel
Agin the Law
Klainia Klairon
Kalitka

チヨダマサコ
1977 鹿毛
*ラバージョン
Lover John
1971 栗毛
Damascus Sword Dancer
Kerala
Evening Primrose Nashua
Blue Grotto
母の母
ミスオーハヤブサ
1973 鹿毛
*パーソロン
Partholon
Milesian
Paleo
ワールドハヤブサ *ダイハード
オーハヤブサ F-No.12

※祖母の妹はエリザベス女王杯勝ちのビクトリアクラウン

外部リンク編集